ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

《枝分かれの道》の評価と採用デッキ

2017/12/11

《枝分かれの道/Branching Paths》はハースストーンのカードセット『コボルトと秘宝の迷宮』で登場したドルイドクラスにあるエピックの呪文カード。ここでは、カードの評価考察と裁定情報を掲載し、《枝分かれの道/Branching Paths》を採用してランク戦や大会で上位に入ったデッキを公開している。

目次

枝分かれの道/Branching Paths

枝分かれの道
クラス:
ドルイド

タイプ:
呪文

レアリティ:
エピック

マナ:
マナ4

カード評価:
B

コボルトと秘宝の迷宮評価一覧
このカードの評価を話し合う

効果
2回選択:・カードを1枚引く。・味方のミニオン全てに 攻撃力+1を付与する。・装甲を6獲得する。
フレーバーテキスト
暗い空洞から続く3つの道のうち、一番足跡の少ない道を選んで進んだ君は、天井から降って来たスライムに食われた。14へ進め。

入手方法

コボルトと秘宝の迷宮にて入手可能。その他、闘技場の報酬、ランク報酬、作成で獲得することができる。

通常カード
ゴールデンカード
還元の魔素
+100
+800
作成の魔素
-400
-1600

戦略

ドロー、装甲回復、攻撃力強化という3つの効果から、2回好きな効果を選び発動する呪文。2回は別々の効果を選択することができる。

単純に使用するとマナ効率的に強力な効果では無いが、手札で使えずに腐ることが無いカードのため有効活用できる。マナ効率が悪い点に関しては、ドルイドがそもそもマナ加速でマナを余剰に持っている場合が多いことから大きなデメリットにもなりにくい。

【翡翠ドルイド】であれば《拡がりゆく虫害》《翡翠のゴーレム》の展開に合わせて攻撃力を強化することで一気にダメージを叩き出すことができる。《滋養》をマナ加速に使い《究極の侵蝕》がほしい場面では2ドローとしても有効。装甲効果はアグロ相手に非常に強力のため、デッキと非常に相性が良いと言える。

効果を別々で使用することもできるため状況によって上手く使い分けよう。

裁定情報

《ファンドラル・スタッグヘルム》の効果の対象にならない。「2回選択」のため「選択」とは別扱いとなる。

このカードを入れた大会・ランク戦上位デッキ

デッキ名 時期
S45 レジェンド7位 ARAI クエストドルイド 2017-12-15
S45 レジェンド8位 Machamp 翡翠ドルイド 2017-12-11

よく一緒に読まれている記事

この記事について話し合う

このページをシェアする

-カード, 人気のカード

ハスゲおすすめ記事

1
『コボルトと秘宝の迷宮/Kobolds & Catacombs』の全カード評価まとめ

新カードパック『コボルトと秘宝の迷宮/Kobolds & Catacombs』の ...

2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

3
【使い方ガイド】一番安く課金をするなら『Amazonコイン』【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...