ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

《回廊漁り蟲》の評価と採用デッキ

2017/12/12

《回廊漁り蟲/Corridor Creeper》はハースストーンのカードセット『コボルトと秘宝の迷宮』で登場した中立クラスにあるエピックのミニオンカード。ここでは、カードの評価考察と裁定情報を掲載し、《回廊漁り蟲/Corridor Creeper》を採用してランク戦や大会で上位に入ったデッキを公開している。

目次

回廊漁り蟲/Corridor Creeper

回廊漁り蟲
クラス:
中立

タイプ:
ミニオン

レアリティ:
エピック

種族:

マナ:
マナ7

攻撃:
攻撃力5

体力:
体力5

カード評価:
S

コボルトと秘宝の迷宮評価一覧
このカードの評価を話し合う

効果
このカードが手札にある間ミニオンが死ぬ度コストが(1)減る。
フレーバーテキスト
こいつは死臭を嗅ぎつけて這い出て来るんだ。鼻もないのにな。

入手方法

コボルトと秘宝の迷宮にて入手可能。その他、闘技場の報酬、ランク報酬、作成で獲得することができる。

通常カード
ゴールデンカード
還元の魔素
+100
+800
作成の魔素
-400
-1600

戦略

お互いのミニオンが死亡する度に手札のこのミニオンのマナコストが1下がる能力を持つ。
7コストという重いミニオンだが、カウントはお互いの場を含む。ミッドレンジ以下のデッキタイプであればミニオンが並びやすいため、容易に条件を達成することができる。

ゲームの序盤で3コスト以下で召喚される5/5は非常に強力であり、ビートダウンデッキ同士の戦いにおいて有利な盤面を築くことができる。

このカードの歴史

発表当時、このカードはいわゆる「Facebookカード」だった。配信やカード公開で公開されずに、最終日にまとめて公開される"残り枠"だ。そのため、大きく話題になることもなく当日を迎えたが、蓋を開けてみればありとあらゆるアグロ〜ミッドレンジに採用され、なんと9クラス全てのデッキで採用されレジェンド上位を獲得した。この採用率は《ドクター・ブーム》かそれ以上と言える。

同じく過去にも「Facebookカード」でぽっと公開され環境最強カードとなったのがちょうど1年前の《ちんけなバッカニーア》である(現在は下方修正でステータスが1/1)。「Facebookカード」には魔物が棲んでいる。

このカードを入れた大会・ランク戦上位デッキ

デッキ名 時期
S45 レジェンド1位 ARAI マーロックパラディン 2017-12-15
S45 レジェンド1位 Dark フェイスハンター 2017-12-15
S45 レジェンド12位 HotMEOWTH コントロールメイジ 2017-12-15
S45 レジェンド4位 matff ミッドマーロックパラディン 2017-12-15
S45 レジェンド7位 ARAI クエストドルイド 2017-12-15
S45 レジェンド49位 green 進化シャーマン 2017-12-12
S45 レジェンド9位 海賊ウォリアー 2017-12-12
S45 レジェンド3位 Satellite ドラゴンプリースト 2017-12-12
S45 レジェンド上位 Sempok アグロドルイド 2017-12-10
S45 レジェンド1位 zlsjs 秘策メイジ 2017-12-10

よく一緒に読まれている記事

この記事について話し合う

このページをシェアする

-カード

ハスゲおすすめ記事

1
『コボルトと秘宝の迷宮/Kobolds & Catacombs』の全カード評価まとめ

新カードパック『コボルトと秘宝の迷宮/Kobolds & Catacombs』の ...

2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

3
【使い方ガイド】一番安く課金をするなら『Amazonコイン』【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...