ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

《クライヤミ》の評価と採用デッキ

《クライヤミ/The Darkness》はハースストーンのカードセット『コボルトと秘宝の迷宮』で登場した中立クラスにあるレジェンドのミニオンカード。ここでは、カードの評価考察と裁定情報を掲載し、《クライヤミ/The Darkness》を採用してランク戦や大会で上位に入ったデッキを公開している。

目次

クライヤミ/The Darkness

クライヤミ
クラス:
中立

タイプ:
ミニオン

レアリティ:
レジェンド

マナ:
マナ4

攻撃:
攻撃力20

体力:
体力20

カード評価:
C

コボルトと秘宝の迷宮評価一覧
このカードの評価を話し合う

効果
最初は休眠状態。雄叫び: 相手のデッキにロウソク3枚を混ぜる。それらが全て引かれるとこれは目覚める。
フレーバーテキスト
クライと呪いを吐くよりも、すすんでロウソクをつけましょう。って言うが、俺は両方やるぜ。

入手方法

コボルトと秘宝の迷宮にて入手可能。その他、闘技場の報酬、ランク報酬、作成で獲得することができる。

通常カード
ゴールデンカード
還元の魔素
+400
+1600
作成の魔素
-1600
-3200

戦略

4マナながら驚異の20/20というステータスを持つ。しかし召喚時は「休眠状態」のため攻撃することはできない。召喚時に相手のデッキに[ロウソク]を3枚加える能力を持ち、相手が[ロウソク]を3枚全て引くことで行動することができる。

召喚時は休眠状態となる。これは《死体花シェラジン》の休眠状態と同様に、オブジェクト扱いとなる。

このオブジェクト状態は、あらゆる効果の影響を受けない。対象にとることも破壊することも全ての効果が効かず、盤面は1体分のスペースをとる。
そして、《進化》招集による召喚時もこの休眠状態で召喚される。その場合は[ロウソク]が相手のデッキに入らないため、完全に置物状態となる。ミニオンではない状態のため、挑発を付与したり沈黙をかけることはできない。

普通に採用すると、相手がデッキから特定のカードを3枚引くのにゲームの最終盤までかかってしまう。そのため、《コールドライトの託宣師》を採用してデッキを引かせる戦略がある。その場合は《ファルドライ・ストライダー》も合わせて採用したい。
注意点として[ロウソク]も《ファルドライ・ストライダー》で手に入る[待ち伏せ]も手札が10枚の時に引くと効果を発動せずそのまま燃えてしまう。ドロー加速を狙う場合は常に手札の枚数を注視しよう。

《カザカス》などを採用し、デッキのカードが全て1種類ずつのハイランダーデッキに対してこのカードは対策カードとして活用できる。[ロウソク]を3枚埋め込むため、《カザカス》などの効果を軒並み封じることができる。

裁定情報

・休眠状態の時はオブジェクトとなる。全ての効果を受け付けず、行動することができない
・オブジェクトはミニオンではない扱い。ステータスを持たず、挑発をつけて利用することなどは不可能
・デッキから直接召喚されたり、ランダムな効果で召喚された場合も休眠状態で召喚される

このカードを入れた大会・ランク戦上位デッキ

デッキ名 時期

よく一緒に読まれている記事

この記事について話し合う

このページをシェアする

-カード, 人気のカード

ハスゲおすすめ記事

1
『コボルトと秘宝の迷宮/Kobolds & Catacombs』の全カード評価まとめ

新カードパック『コボルトと秘宝の迷宮/Kobolds & Catacombs』の ...

2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

3
【使い方ガイド】一番安く課金をするなら『Amazonコイン』【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...