ハースストーンデッキ検索|HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

thumbnail-bogcreeper

【デッキガイド】S36 レジェンド1位 aclon ドラゴンウォリアー

環境終盤に海賊ドラゴンウォリアーがレジェンド1位を獲得!使用する本人自ら作成した詳細なデッキガイドをハースゲーマーズにて公開します!

使用したのは日本人プレイヤーaclon選手。

ドラゴンウォリアー

※スタンダード使用不可のカードはグレー表記になります。

ドラゴン海賊ウォリアーガイド(選手直筆)

このデッキはとにかくテンポを取ることに長けたデッキです。
この記事でのテンポとは支払うマナに比べて得られる効果が高いことと定義します。

ドラゴンウォリアーは「ドラゴンシナジー」と「武器」という強力な要素を持ったデッキです。

ドラゴンシナジーは手札にドラゴンを持っていないと効果が発動しない分、同マナの他のカードより効果が強く設定されています。

武器は自分のライフをリソースにしますが、その分強力な除去となります。

この二つの要素を含めさらにウォリアー固有の強力なミニオン達や武器シナジーを入れることにより毎ターン強い動きをすることを狙っていきます。

各カードの採用理由

《ブラッドセイルの狂信者》
ブラッドセイルの狂信者
3マナ3/4というステータスは適正スタッツなので素で出しても強く、《ン=ゾスの一等航海士》と組み合わせられれば2/4武器という強力な武器が手に入ります。本来であれば合計3点出せるだけだった武器が、5点増えて合計8点出せるようになる、しかもそれを4マナ払って1/1と3/4という動きをしながらというのはテンポの塊と言えるでしょう。

また、海賊ウォリアーと比べて海賊が少ないため3ターン目まで海賊が出てないことも多く、このカードで《海賊パッチーズ》を出すこともあります。

《ナーガの海賊》
ナーガの海賊
このデッキはミニオンをトレードに使わずに4点を出すことが難しいデッキです。《烈火の戦斧》を装備している状態でこのカードを出せば4点の除去になり、《アジュア・ドレイク》《トーテム・ゴーレム》《泡を吹く狂戦士》《墓荒らし》など様々なミニオンを武器だけで除去できるようになります。また、1ターン目に出した《ン=ゾスの一等航海士》の武器を残しておいて《ナーガの海賊》で2/3武器にするという動きも5/4を出しながら武器のアタックが合計3点増えることになるため強力です。

《変・クリーパー》
変・クリーパー
何故入っているのかとよく聞かれます。この枠に採用されているカードとして《キュレーター》がありますが、このデッキは10マナ溜まる前に決着をつける場合がほとんどな上に1ターンに1枚カードをプレイすることが多いため手札が切れません。なのでドローカードである《キュレーター》は必要なく、7マナを埋めるカードとして巨大なスタッツをもち挑発まで付いている《変・クリーパー》が強いと思ったのでこのカードを入れました。【海賊ウォリアー】【翡翠ドルイド】相手に活躍してくれました。

各ヒーロー毎のマリガンについて

全てのデッキに対してキープ

《ン=ゾスの一等航海士》《ン=ゾスの一等航海士》がない場合のみ《サー・フィンレー・マルグルトン》
《アレクストラーザの勇者》《烈火の戦斧》
《アレクストラーザの勇者》がある場合《トワイライトの守護者》

残りのカードは基本的にマナカーブが整うようにキープするのが良いです。軽めのミニオンが沢山入っている為、マリガンは妥協せず積極的にしていきましょう。

vsウォリアー

後攻で武器がキープ出来ている場合《トワイライトの守護者》

vsシャーマン

1マナまたは2マナがキープできている場合《泡を吹く狂戦士》《トワイライトの守護者》

vsウォーロック、ドルイド、メイジ

《泡を吹く狂戦士》《トワイライトの守護者》

vsローグ

1マナまたは2マナがキープできている場合《トワイライトの守護者》《コルクロンの精鋭》

基本的な戦い方

基本的には強力なミニオンを出したり武器で効率よく敵を除去したりといったテンポを取る動きをしていきます。アグロ寄りのデッキではありますが手札から大量に打点が出るわけではないため、相手ヒーローの体力を0にする為にはしっかり盤面を取り続ける必要があります。

■アグロに対して

相手の攻撃を受け止め、挑発カードやウォリアーのヒーローパワーで耐えきるミッドレンジ寄りの動きをする

■ミッドレンジやコントロールデッキに対して

此方から攻め、相手のライフを素早く削り切るアグロ寄りの動きをしていく

この二つの動きを相手のデッキタイプによって使い分けられることもこのデッキの強みです。

コインの使い方

このデッキは毎ターン強い動きをすることを目指すため、何もカードをプレイせずにターンエンドといった事態が起きないように使うことを心掛けてください。

各デッキごとの戦い方

海賊ウォリアー 5.5:4.5 微有利

相手の方が早いため、受けに回りやすいマッチアップです。しっかりと相手のミニオンを除去し、ある程度盤面を取れたところを挑発で蓋をする動きを狙っていきましょう。

《南海の船長》《ブラッドセイルの狂信者》という二つのカードが場に海賊が存在すると効果を発揮するため、相手が3マナの時には特に相手の盤面に海賊を残さないようにしましょう。

アグロシャーマン 6:4 有利

《トンネル・トログ》《野獣の精霊》がいるため、《烈火の戦斧》《アレクストラーザの勇者》がかなり強く、除去が噛み合うので盤面が取りやすいです。

[炎を纏う無謀のもの]は此方からミニオンを使ってトレードすることは避け、相手ヒーローのライフを減らしてプレッシャーをかけることで、《炎まとう無貌のもの》の行動を此方のミニオンとのトレードに使わせます。そこで体力が減ったところを手札からの除去を組み合わせて倒すようにするとテンポを失わず、さらに此方のヒーローのライフを減らすこともなく《炎まとう無貌のもの》を除去することが出来ます。

翡翠ミッドレンジシャーマン 3.5:6.5 かなり不利

遅くなると《翡翠のゴーレム》が育ち、盤面を取られて負けるため急がないといけませんが、回復や挑発が豊富な上に《ライトニングストーム》《呪術》が此方のミニオンに突き刺さります。また、《炎の舌のトーテム》があるため、ヒーローパワートーテムを除去せず相手ヒーローを狙うという動きがしにくく、どうしても相手のトーテムに打点を吸われてしまいます。

また、ヒーローパワートーテムや小さめの《翡翠のゴーレム》《メイルシュトロームのポータル》から出てくる小型ミニオンが《炎の王ラグナロス》を防ぐため、《炎の王ラグナロス》がフィニッシャーとして上手く機能しません。明確な勝利プランとしては《泡を吹く狂戦士》が除去されず相手のライフを削る、《トワイライトの守護者》を代表する中規模のミニオンに《呪術》を打たせて大型ミニオンを除去されないようにする、という二つがあります。これらのプランを意識しながら戦っていきましょう。

アグロローグ 5.5:4.5 微有利

相手のデッキには回復や挑発が入っていない上にヒーローパワーが武器で除去する場合ライフが削れるため積極的に相手ヒーローを狙っていきましょう。《死角からの一刺し》《腹裂き》が此方のミニオンにとても刺さりますが警戒してもいずれ警戒しきれなくなり何処かで効率的に使われる為、あまり警戒しないようにしましょう。

ミラクルローグ 4.5:5.5 微不利

序盤に《段取り》《腹裂き》《死角からの一刺し》を使って此方のミニオンを除去しながら《クエスト中の冒険者》《エドウィン・ヴァンクリーフ》を大きいサイズで出してくるため、それらのミニオンを除去しきれず、そのまま押し切られることが多いです。

対抗策として普段はキープしない《コルクロンの精鋭》をキープするようにしましょう。このカードをキープしておくと小さめの《エドウィン・ヴァンクリーフ》や成長途中の《クエスト中の冒険者》を武器と組み合わせて除去出来ます。また、そういった使い方でなくとも《コルクロンの精鋭》の4/3突撃というステータスは、腹裂きだと1点余分になってしまい、死角からの一刺しと武器では出したターンのアタックダメージを含め8点のダメージをヒーローで受けることになってしまうというローグ泣かせのステータスなので序盤の動きが弱いミラクルローグ相手だとかなり強いです。

ズー 6:4 有利

基本的にアグロに対する受ける動きで良いですが、ズーはヒーローパワーでドロー出来るので、手札が切れた後でも毎ターン2体以上のミニオンを出せ、此方が受け身になり続けて結果的に押し切られることもあります。

相手がヒーローパワーや《炎のインプ》《ラスガード》で自らライフを削ってくれるため、除去を最低限にして相手ヒーローを狙って此方のヒーローのライフが0になるよりも先に相手ヒーローの体力を0にするプランへの切り替えを常に意識しておいてください。

レノロック 6:4 有利

相手は除去に回る側ですがレノロックというデッキは除去がそこまで強くない為、除去したターンにミニオンを出すことが出来ず、結果的に此方の攻めを捌ききれないことが多いです。なので《泡を吹く狂戦士》《トワイライトの守護者》が活躍します。盤面を取られるとまず取り返せないため、全体除去を上手く使われるなどで盤面を取られないように気を付けてください。

翡翠ドルイド 4.5:5.5 微不利

此方のデッキに体力が3や4のミニオンが多い為《自然の怒り》《妖獣の激昂》、[薙ぎ払い]で処理され、マナ加速や《練気》により除去したターンにミニオンを出されてテンポを取り返されます。また《戦の古代樹》など大きい挑発を簡単に処理できないためかなりの足止めを食らいます。

しかし、相手のデッキにも序盤の動きが弱い、大きなミニオンを処理する手段がない、という弱点があるため、序盤に一気に体力を削り[ドラコニッドクラッシャー]を9/9で出したり、《炎の王ラグナロス》を出したりする動きに対応できません。ガンガン攻めて相手が体勢を整える前に押し切りましょう。

テンポメイジ 3.5:6.5 かなり不利

ミニオンを出しながら除去されることが多く、盤面を中々取れません。さらに《ミラーイメージ》で此方の攻めや武器による除去を止められます。テンポメイジは《泡を吹く狂戦士》《トワイライトの守護者》を除去しにくいのでそれらを出して相手に苦しい除去をさせることによってテンポロスさせ盤面を取りましょう。盤面を取り合っている状態で《炎の王ラグナロス》を出すと強いです。

レノメイジ 4:6 不利

テンポメイジと比べ、ミニオンを出しながら除去されることは減りますが、除去が強くさらに《カザカス》《レノ・ジャクソン》がデッキに入っているためどうしてもつらくなります。レノメイジは色んな種類の除去カードが入っているため、特定の除去を警戒した動きをすれば別の除去に弱くなります。有利な状況でない限り特定の除去への警戒はしないようにしましょう。

aclon選手のデッキ

デッキ名 時期
【デッキガイド】S36 レジェンド1位 aclon ドラゴンウォリアー 2017-03-13

ドラゴンウォリアーでランク上位のデッキ

デッキ名 時期
【デッキガイド】S36 レジェンド1位 aclon ドラゴンウォリアー 2017-03-13
S36 レジェンド上位 Rase ドラゴンウォリアー 2017-03-07
S33 レジェンド1位 Bearnugget ドラゴンウォリアー 2016-12-31
S26 レジェンド5位 ドラゴンコントロールウォリアー 2016-05-31

もっと見る

ドラゴンウォリアーで大会上位のデッキ

デッキ名 時期
HearthGamersCup#15 優勝 takas ドラゴンウォリアー 2017-02-12
WESG 準優勝 Orange ドラゴンウォリアー 2017-01-16
第12回ハースゲーマーズカップ 優勝 Ke1 海賊ドラゴンウォリアー 2016-12-18
HS ALLSTAR2016 tom60229 海賊ドラゴンウォリアー 2016-12-17
HS Malaysia Major 優勝 tom60229 ドラゴンウォリアー 2016-12-11
Blizzcon WCS2016 Jasonzhou ドラゴンウォリアー 2016-11-06
Blizzcon WCS2016 che0nsu ドラゴンウォリアー 2016-11-06
Blizzcon WCS2016 DrHippi ドラゴンウォリアー 2016-11-06
WorldChampionShip2016 OmegaZero ドラゴンウォリアー 2016-10-26
ハースゲーマーズBANカードカップ Day1 posesi ドラゴンウォリアー 2016-10-16

もっと見る

-ランク戦上位

ハスゲおすすめ記事

game_logo 2 1
【ハースストーン問題集#2】 with『ここで何切る?GAME塾』

ハースストーンの問題を投稿し、それに対して解答ができるコミュニティサイト『ここで ...

main_img 2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

amazoncoin_ungoro 3
【限定セール中】全ての課金が20%以上お得に【Amazonコイン】

ハースストーン、パズドラ、白猫プロジェクトなどの様々なゲームに課金する際、一番安 ...