ハースストーンデッキ検索|HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

thumbnail_interview

【ハースストーン】海外プロに聞く「デッキ選択についての考え方」

2016/06/02

海外プロプレイヤー"ThaLucky1"選手に、日本人プレイヤー"Nanosecond"氏がインタビューをしました。(インタビュー時、ThaLucky1選手はNAレジェンド4位)その内容が、非常に有意義だったのでこちらにて記事にさせていただきました!是非ご一読ください。

テーマは「ラダーの環境とデッキ選択についての考え方」です。

以下Nanosecond選手がまとめてくれたインタビュー本文です。
---------

選手の紹介

ThaLucky1は過去何度もNA1位に到達しており、2016年NAのwinter prelims,spring springにも出場したプロプレイヤー

Twitterリンクはコチラ

Q1.コントロールウォリアーをなぜ採用したのか?

僕が思うに、今の環境では特定の最強デッキは存在しないからどんなデッキでも引きが良ければ勝つチャンスはある。

EUの1位は【海賊ウォリアー】で、少し前はJ4CKIECHANが【トークンヨグドルイド】でEU2位になっていたし、chessdude123が【マリゴスローグ】でNA6位になっていたかな。だからこそ、しっかり環境を読んでそれに対応したデッキを使うことをすれば必然的に勝率は高くなると考えたんだ。

そうすると今の環境はうまいことに【コントロールウォリアー】にとって良い環境になっているのでは?と思ったんだよ。
マッチ数で一番多いのがシャーマンで次に【ズー】。シャーマンと【ズー】といった横に並べるデッキに対しては全体除去が多いのと戦い方がわかっていれば結構勝てる。
上二つのカウンターデッキとしても多い【テンポウォリアー】対しても有利なのもgood。

あとは【コントロールウォリアー】に強い【ローグ】【ン=ゾスパラディン】【レノロック】などは今の環境だと厳しいから、あまりマッチしないのも大きい要因だね。

Q2.ではNAレジェンド上位はコントロールウォリアーが多いんですか?

うん、【コントロールウォリアー】が結構多いね。だから僕はミラーマッチも意識して、《苦痛の侍祭》を1枚にしてる。コントロールウォリアーミラー対決でカードは引きたくないからね。(このミラーマッチは殆どの場合ファティーグ対決になり、先にデッキ切れ起こすとファティーグダメージで負けるため)

ついさっき1位になったfibonacciも苦痛の侍祭1枚で、彼は《エリーズ・スターシーカー》なしの【ン=ゾスコントロールウォリアー】使ってたね。
これは更にミラー対決を意識して、相手に脅威を与えること+《黄金の猿》頼みを避けるという二つの狙いがあると思うよ。

なるほど、勉強なります。また聞きたいことあったら聞いてもいいですか?

yea go for it

このインタビューを掲載しようと思った理由

毎月公式サイトから発表される各リージョンのレジェンドTOP100のリストを見ると毎月当たり前のように入っている人たちがいて、その一方でTOP100入りに苦しんでいる人たちもいる。単純にプレイングが上手なだけではないんだろうなと思って、でも考えても理由がわかりませんでした。それで前者の人間に思い切って聞いてみました。
普段全くチャットかわさないので(英語できないため)こんな不躾な質問して、ある意味TOP100入る秘訣でもあるので返事が返ってくるとは思いませんでした。

でも意外とフレンドリーにしかも詳しく答えを返してくれて、その内容が僕の予想以上で驚きました。
最初は僕だけがこの考えを活かせればいいかなと考えていました。(ほかの人がTOP100入る可能性上げるだけだから)
でも、プレイする時間がだんだん減ってきて結果が残せないプレイヤーが知っていても宝の持ち腐れだし、やる気のある人達に強者の環境の考え方を知ってもらい、ラダーや大会でのデッキ構成・戦略に活かしてもらって、結果残してくれる方がいいよなと思って掲載してみました。

余談

通訳してくれたyutori氏と「【テンポウォリアー】と【コントロールウォリアー】狩るなら【ミッドレンジハンター】っていう選択肢は悪くないんだけど今出回ってるレシピだと【ズー】きついのがネックだよね。【ズー】専門家のNukesaku氏も【ミッドレンジハンター】はカモって言っていたし。」
「でもJustsaiyanのミッドハンターの構成だったら、《爆発の罠》《猟犬を放て!》2枚と[ドレッドスケール]も入れてるあたり【ズー】喰えるようにしていてなおかつ低マナに寄せてるからシャーマンに対しての勝率も悪くないはず。そう考えると彼がEUで4000位から14位までいったの納得だよね。構築センスすごいわ」というお話をしていたら、Justsaiyanのレシピで日本の方がNA1位フィニッシュしたのは本当に驚きでした。

以下 2016/06/02追記

先日公開できなかった、【ミラクルローグ】を使う場合に《リロイ・ジェンキンス》採用型と《マリゴス》採用型のどちらが良いのかといった軽い質問や、そもそもこのインタビュー記事を通じて伝えたかったことをこちらにて記載します。

ランク戦でローグを回すならリロイとマリゴスどっちがいい?

《リロイ・ジェンキンス》を採用した型だね。

なんで? chessdudeがマリゴス型で6位になったって聞いたけど。

他の早いデッキに対抗できるからね。

今日聞いた君の見解をツイッターとかでほかの日本人に教えてもいい?

もちろんいいよ。ほかの人の助けになったらうれしいし。

日本人はデッキや戦術の情報を隠したがる人が多いんだけど、NAはどんな感じ?笑

人によるね。

このインタビューを通して伝えたかったこと

勝つためには、ただその環境で強いデッキを使うだけじゃなくて、メタの分析からアプローチして強いデッキを作りだす方法もあるってことです。

以前NA1位フィニッシュしたFibonacci選手も公式のインタビューの「どうやって高ランクフィニッシュしてるのか」という質問に対して
「メタを分析して、それに最適なデッキを作って最終日付近になったらそれを回す」と回答しています。

ちなみにThaLucky選手も先月公式インタビューを受けており、「どうやって勝つか」という質問に対してFibonacci選手と似たような回答をいていました。

英文ですが、良い記事なので時間のある方はぜひ。
▶Fibonacci選手のインタビュー

▶ThaLucky1選手のインタビュー

■↓一部質問に対する解答を和訳しています。ご参考下さい。
ーーーラダーで高い順位に入るためにどんな戦略をとっていますか?

まずレジェンドにいくまでだけは、長い時間のかかるゲームが嫌だからアグレッシブなデッキを使うよ。でlegendに到達したときそれまでの対戦相手のデッキをもとにメタを考えるよ。高順位にいくのはちょっとばかり難解なんだ。多くの運と分散、最小のミスプレイ、特定のマッチアップにおける初手を知ること、そして対戦相手が何のカードをプレイしてくるか知ること、そして未来から現在のターンにかけて適切にプレイすることが必要になる。

---------
インタビューをしていただいて、掲載までしてくれたNanosecond選手に感謝です!

-記事

ハスゲおすすめ記事

H256N1UOLJBE1488188754673 1
【新拡張】大魔境ウンゴロ Journey to Un'goro 新カード情報まとめ

Blizzardから発表された次期新拡張「大魔境ウンゴロ」(Journey to ...

main_img 2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

amazoncoin_ungoro 3
【限定セール中】全ての課金が20%以上お得に【Amazonコイン】

ハースストーン、パズドラ、白猫プロジェクトなどの様々なゲームに課金する際、一番安 ...