ハースストーンデッキ検索|HearthGamers

ハースストーン(Hearthstone)の強いデッキを、どこよりも速く。

eye

11/3更新【酒場の喧嘩】黄色い喧嘩の道 | 攻略・デッキ紹介

今週の酒場の喧嘩(Tavern Brawl)『黄色い喧嘩の道』について、詳細ルールおよび、攻略情報を掲載しています。

目次


開催期間

※アジア地域・日本時間
開始: 2016/11/03(木)06:00
終了: 2016/11/07(月)07:00
※アメリカ地域・日本時間
開始: 2016/11/03(木)01:00
終了: 2016/11/07(月)19:00

今週の酒場のルール

・デッキ構築が必要。
・デッキはあなたが選んだ10枚のカードを3枚ずつ投入した30枚デッキを使用する。
・お互いのプレイヤーは[ドロシー]を場に得た状態でゲームが開始される。

hearthstone-screenshot-11-03-16-02-37-10ゲーム開始画面・[ドロシー]の悪行に頭を悩まされる
%e3%83%89%e3%83%ad%e3%82%b7%e3%83%bc

お勧めデッキ

〇ワイルド
《ドレッドスティード》ウォーロック
deck
《ドレッドスティード》
今回の酒場の喧嘩の主役。
左と右、どちらに出しても強く、特に突撃モードは相手のミニオンを一掃する事ができ、非常に強力。
挑発モードも沈黙を掛けない限り、永久に突破されない。
馬を出すところからゲームが始まるが、馬を出すとゲームが終わる。
いかにこのカードを突破するかが勝負の鍵となります。

《墓掘り人》《ヴォイドテラー》
《ドレッドスティード》と組み合わせて大ダメージを狙うパーツ。
《ドレッドスティード》が断末魔を繰り返すたび《墓掘り人》が巨大化していきます。
《ヴォイドテラー》《墓掘り人》を食べることで疑似疾風となります。

《悪魔感知》《バーンズ》
上記のコンボパーツを集めるカード。《悪魔感知》を構築で使う日が来るとは・・・。

《光の勇者》《スペルブレイカー》
相手の《ドレッドスティード》を突破せねばならないため、必要悪の枠です。

《若き酒造大師》
全てのカードを使いまわすために採用。
特に《ドレッドスティード》を沈黙されても回収できる点が素晴らしいですね。
汎用性という意味でもかなり重要なカードです。

《古代の番人》《シルヴァナス・ウィンドランナー》
今回の自由枠。良く当たる相手に合わせて入れ替えると良いでしょう。
《ダークシャイアの議員》を加えると、よりコンボデッキらしくなるでしょう。

〇スタン
断末魔獣ハンター
cheapdeck

〇その他
《ドレッドスティード》が使えないデッキでは《ぐったりガブ呑み亭の常連》で代用が効きます。
また《バーンズ》と組み合わせても面白い断末魔ミニオンは採用価値があります。
特にワイルド環境では《スタラグ》《フューゲン》がオススメ。
スタンダードでは《ケーアン・ブラッドフーフ》などが候補となります。

総評

《ドレッドスティード》を使うのか突破するのかが問題ですが、主な相手が判れば対策も取れるものです。1パック獲得を目指し頑張ってください!

GMコイン

-酒場の喧嘩

おすすめ記事

v9goi41bans61476236132342 1
【ヒロイック酒場の喧嘩】詳細ルールと上位デッキ

2016年10月18日、ハースストーンの新コンテンツ「ヒロイック喧嘩」が実装され ...

main_img 2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

amazoncoin1 3
【限定セール中】全ての課金が30%以上お得に【Amazonコイン】

ハースストーン、パズドラ、白猫プロジェクトなどの様々なゲームに課金する際、一番安 ...