ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

【12/27更新】デッキTierランキング速報

2019/12/27

ハースストーン/Hearthstoneのランク戦における、デッキの強さをTier毎に解説付きで公開。現在の流行デッキや、どのデッキがどう強いのかがひと目でわかります。

前提

・Tier1
現環境において最も強いとされるデッキ。

・Tier2
Tier1に匹敵する強さを持つ。Tier1デッキに対してのメタデッキ的存在のデッキも存在する。

・Tier3
十分なデッキパワーは有しており、決して悪くはない。しかしながら上位と比べ少し劣る、もしくはメタゲーム的な立ち位置が良くないデッキ。

※ハースストーンはデッキの相性によって有利・不利が発生するため、高ランクのデッキが低ランクのデッキに負けることがあります。あくまでも総合的に勝ちやすいという指標でみてください。

リリースノート

2019年12月27日
新拡張「激闘!ドラゴン大決戦」実装後、12月20日のバランス調整後の環境に対応し、全面更新。

環境所感

 新拡張の「激闘!ドラゴン大決戦」がリリースされ、その後、わずか1週間弱でシャーマンをメインターゲットとした過去最短でのバランス調整が実施されました。
バランス調整から1週間経過し、メタゲームもある程度認識できてきた時期ですので今環境に対応したTierリストを作成しました。

 ここでは環境についての所感を述べたいと思います。
 更新にあたり存在比率やデッキ勝率等のデータは複数の統計データにて調査をしました。
その上でデッキのランク付けについては編集長のOmbreが実際にプレイした印象を元に、競技プレイヤーと協議を行い設定しました。
この場を借りて、ご協力頂いた選手の方々にお礼申し上げます

 始めに、環境全体についてお話します。

 バランス調整前の「激闘!ドラゴン大決戦」がリリース直後の環境では【ガラクロンドシャーマン】が圧倒的な勝率を誇っていました。何万試合も重ねた上で統計データ上の勝率が70%近い数値をキープし続けたデッキは私が統計データを分析し始めてから初めてのことで、過去の強力なデッキであった【翡翠ドルイド】や【進化シャーマン】よりも支配的であったと言えるでしょう。

そこで行われたのがリリースからわずか9日での異例とも言える弱体化調整でした。
その調整後の環境は、特に《魔古の肉細工師》のコスト増加により最序盤に《突然変異》を絡めた動きで勝負を決めることができなくなり、【ガラクロンドシャーマン】は支配的な強さではなくなりました。それでもなお、軸となる強力なカードは健在であるためメタの上位には居続けています。レジェンド上位の報告もありますのでバランス調整前に【ガラクロンドシャーマン】を組んでしまったという方でも少し形を変えることで十分ラダーで戦うことができるでしょう。

1月には追加のバランス調整の可能性も示唆されていますが、個人的には現在の環境でもバランスは比較的良好かと思います。
以下で挙げる最上位デッキについても、それぞれをターゲットにしたメタデッキがTier2として存在しておりメタゲーム自体は変化していくことでしょう。
追加でバランス調整を行うとすれば、それらのデッキ相性を大きく覆す《ネクリウムの薬師》と、《竜牙の精霊》あたりに修正が入れば極端なメタデッキにせずとも他のデッキの活躍の場がより広がると感じています。

 次に最上位tierのデッキの選定理由についてお話します。

今回最上位TierはTier1で、そのデッキは【ハイランダーローグ】、【ガラクロンドウォリアー】、【ガラクロンドシャーマン】の3デッキです。

 【ハイランダーローグ】はレジェンド上位報告が非常に多く、また統計データサイト上でも存在比率、勝率共に高い数値を出しているデッキです。1年間で最もカードプールが広くなるローテーション直前の環境であることもあり、デッキにパワー不足のカードを採用することなくハイランダー構成を実現できており、崩れやすいマナカーブもそれなりに整った構築ができています。断末魔パッケージの採用の有無については現在も研究段階かと思いますが、勝ち筋がより明確に作りやすく初手からプラン建てしやすくなる点、不利マッチを覆すダイナミックな展開が可能となる点で初心者の方には断末魔パッケージありのものをお勧めします。

 そこに並ぶtier1として【ガラクロンドウォリアー】が存在します。こちらも存在比率、勝率ともに高いデッキでレジェンド1位の報告もあるデッキです。初期は[鎧職人]と[怒りの災厄]などを採用して当時流行していた【フェイスハンター】や【海賊ウォリアー】を強く意識した構成が主流でしたが、現在は《内なる怒り》《リロイ・ジェンキンス》《血盟の傭兵》の大ダメージコンボも採用したアグレッシブなリストも結果を出しており、メタゲームに応じて形を変えることのできるカスタマイズ性も人気の理由と考えています。現在であれば【ハイランダーローグ】に対して立ち回りやすいアグレッシブな構成のものをお勧めします。

最後にTier1として挙げたのは【ガラクロンドシャーマン】です。弱体化されたことにより絶対的な王者ではなくなったものの、構成をコントロールに寄せることで依然活躍しています。特に【ガラクロンドウォリアー】に対して大きな優位性があることと、Tier2の他のデッキと比較すると最序盤の祈願カウントが進んだ状態での《竜牙の精霊》や7ターン目の《天変地異のガラクロンド》など、対応が困難な動きが存在することが決め手となり今回Tier1に位置づけています。【ガラクロンドウォリアー】と同じくメタゲームに応じてデッキをカスタマイズしやすいのも他のデッキにはない大きな魅力と感じています。このデッキが1月に更なる弱体化が行われるのかは個人的に注目しているポイントです。

 以上です。
 まだこの環境も始まったばかりですので、新たなデッキの登場にも期待したいところです。大きくメタゲームに変化があった際にはアップデートなどがなくともこのTierリストも更新し、リリースノートに記載するように致しますのでよろしくお願い致します。

最近の注目カード

ネクリウムの薬師
《ネクリウムの薬師》
現在のローグの中核を担うカード。このカードの処理をスムーズに行うために《スペルブレイカー》《大地の衝撃》といった沈黙カードの価値が高まっている。

Tier表

Tier1

ハイランダーローグ

ガラクロンドウォリアー

ガラクロンドシャーマン

Tier2

フェイスハンター

海賊ウォリアー

クエスト復活プリースト

断末魔ローグ

Tier3

ガラクロンドZoo

ハンドウォーロック

ランク戦・大会上位のデッキ

掲載されたデッキは全てデッキデータベースに登録されていますので、こちらから自分の使いたいヒーローやデッキについて、ランク戦・大会で結果を残したデッキリストをチェックしてみましょう!
▶ハースストーン全デッキ集

よく一緒に読まれている記事

【ワイルド】デッキTierランキング〜野生の鼓動〜

ハースストーンにおけるワイルドデッキの強さをわかりやすくラン ...

【HSBG】12/6アップデート対応!『ハースストーン:バトルグラウンド』ヒーローTierリスト

この記事では2019年12月6日に実施されたアップデートに対 ...

【HSBG】11/20アップデート対応!『ハースストーン:バトルグラウンド』ヒーローTierリスト

この記事では11/20に実施されたアップデートに対応したゲ ...

【攻略記事】天下一ヴドゥ祭「喧嘩祭」攻略ガイド

ハースストーンのカードセット「天下一ヴドゥ祭」で登場した1人 ...

【特集】『ハースストーン:バトルグラウンド』ヒーローTierリスト

現在先行プレイ期間中の新モード『ハースストーン:バトルグラウ ...

このページをシェアする

-人気記事, 記事
-

ハスゲおすすめ記事

1
【特集】『ハースストーン:バトルグラウンド』ヒーローTierリスト

現在先行プレイ期間中の新モード『ハースストーン:バトルグラウンド』ですが、明日1 ...

2
【特集】今夜勝ちたい!『ハースストーン:バトルグラウンド』講座!

11月6日より新モード『ハースストーン:バトルグラウンド』が実装されました。 こ ...

3
新拡張『激闘!ドラゴン大決戦/Descent of Dragons』の新カード評価まとめ

新カードパック『激闘!ドラゴン大決戦/Descent of Dragons』の情 ...

4
【使い方ガイド】お得すぎるAmazonコインの使い方【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...