ハースストーンデッキ検索|HearthGamers

ハースストーン(Hearthstone)の強いデッキを、どこよりも速く。

hearthstone_crafting

【2017年版】最初に作成するべきカードランキング

2017/01/05

ハースストーンで魔素(ダスト)が溜まった時、まず最初に作成(クラフト)しておきたいカードをランキング形式にて紹介しています!

目次


作成するときの注意点

2016年2月、ハースストーンで過去のカードが使用禁止となる『スタンダード』ルールが発表されました。そのため、今まで強力だったカードも使えないものが出てきました。

2017年4月頃に再び実施される『スタンダード』では3つのカードパックが使用不可となります。そのため、下記3種のカードは今の時期に作成しても
ブラック・ロック・マウンテン
グランドトーナメント
探検同盟

スタンダードについてはこちらを参照ください。
▶新ルール『スタンダード』と『ワイルド』について解説

ランキングの前提

■スタンダードで、今後永久に使用できることが保証されているクラシックパックのカードの評価が高い
■来期スタンダードで落ちないカード群の評価が高い。

作成するために必要な魔素

■コモン:40魔素
■レア:100魔素
■エピック:400魔素
■レジェンド:1600魔素

中立 カード作成ランキング

中立には、《ドクター・ブーム》《手動操縦のシュレッダー》がいなくなったことで、"どのデッキに入れても絶対に強いカード"がありません。そのため、ある程度絞ったデッキの中で採用されやすく、かつ汎用性が高いものをご紹介します。

第1位 《アジュア・ドレイク》

アジュア・ドレイク

■作成:100魔素
アグロシャーマンというアグロデッキからドラゴンシナジーを利用するミッドレンジ、そしてコントロール帯のデッキでも活躍が見込める非常に強いカードです。
現状存在するデッキに多く採用され、スタンダードカードながら常に最前線で活躍するとてもバランスが良いカードです。

よく採用されているデッキ

【アグロシャーマン】 【ドラゴンウォリアー】 【ミラクルローグ】 【ドラゴンプリースト】

第2位 《炎の王ラグナロス》

炎の王ラグナロス

■作成:1600魔素
レジェンドカードのため魔素が多くかかり作成は難しいですが、ミッドレンジ以上のデッキには数多く採用されている強力なこれぞ切り札と言えるカードです。能力・ステータスも非常に強く序盤のカードが足りない状態のデッキを厚くサポートしつつ、カードが揃いきったあとも心強い切り札となる優秀なカードです。

よく採用されているデッキ

【ミッドレンジシャーマン】 【マリゴスドルイド】 【ドラゴンウォリアー】 【レノロック】

第3位 《海賊パッチーズ》

海賊パッチーズ

■作成:1600魔素
最初に言っておくと、このカードは特定のアグロデッキのみでの採用となるため幅は狭いですが、アグロデッキにはほぼ採用されるため第3位とさせて頂きます。実際にこのカードは現環境で最も見かけるレジェンドカードと言っても過言ではありません。【海賊ウォリアー】を中心にウォリアー・ローグ・シャーマンのアグロデッキには間違いなく採用されているカードとなります。採用する際は《ちんけなバッカニーア》も必須になるので気をつけましょう。
《トンネル・トログ》《トーテム・ゴーレム》がスタン落ちにより【アグロシャーマン】が構築困難になる可能性があるためこのカードを作成する際は【海賊ウォリアー】【ミラクルローグ】での使用をオススメします。

よく採用されているデッキ

【アグロシャーマン】 【海賊ウォリアー】 【ドラゴンウォリアー】 【ミラクルローグ】

中立カード番外編

中立は全てのデッキで使えるカードのため、必須カードとなるレジェンドカードが多いです。上記で紹介したカード以外にも《ブラッドメイジ・サルノス》《シルヴァナス・ウィンドランナー》などが挙げられます。

メイジの作成ランキング

▶メイジの解説・デッキ一覧はこちら
主に、【レノメイジ】【テンポメイジ】【フリーズメイジ】が存在します。最も強力と言われているのは【レノメイジ】です。

基本的に初心者のうちはアグロ〜ミッドレンジ帯のデッキを作ることをオススメするので、ここでは【テンポメイジ】で使いやすいカードを紹介していきます。レベルアップしてカードも増えてきたら番外編で紹介するカードも作成してみてください。

またメイジでは非常に強力な《炎の大地のポータル》ワンナイトインカラザンというアドベンチャーのため作成ではなく直接wingを購入する方法をオススメします。

第1位 《マナ・ワーム》

マナ・ワーム

■作成:40魔素
【テンポメイジ】のエースですが、そもそもメイジでビートダウンをして勝利を目指すなら100%必須なカードです。発動条件が緩くアグロタイプのデッキの場合このカードだけでゲームの優位が変わるほどのポテンシャルを秘めています。

第2位 《無貌の召喚師》

無貌の召喚師

■作成:40魔素
このカードはメイジにて常に活躍する優秀カードと言えるほどのカードではありません。ですが、能力は非常に強くカードが足りない序盤では心強いエースとして機能するでしょう。【テンポメイジ】では使われることがあるカードです。

メイジ 番外編

【フリーズメイジ】の場合、《アイスランス》《アイスブロック》《ブリザード》が必要となるので、作りたいデッキに併せて作成しましょう。中立カードですが、レジェンドカードの《アレクストラーザ》が必須になる点も注意が必要です。

《大魔術師アントニダス》メイジのレジェンドカードとしては非常に強力ですが、1枚では機能せずややデッキを選ぶカードのためあえてランキングからは外しています。

【レノメイジ】は非常に強力ですが上記のカードに加えて《カザカス》なども必須になるので作成しておきましょう。

ドルイドの作成ランキング

▶ドルイドの解説・デッキ一覧はこちら
ドルイド【翡翠ドルイド】【マリゴスドルイド】などが強力です。どちらも必須カードが多く最初は【ランプドルイド】といったマナ加速+大型ミニオンの連打を狙うデッキを組むことになるでしょう。

第1位 《爪のドルイド》

爪のドルイド

■作成:40魔素
5マナ帯のカードでは基本5/4/6の挑発として優秀です。また、ダメージレースになった場合に突撃の5/4/4として臨機応変に対応できることが非常に強力です。最終的に抜かれることもありますが、コモンかつドルイドでは最高クラスのミニオンと言えます。

第2位 《自然の怒り》

自然の怒り


■作成:40魔素
ドルイドにおいて最も基本的な除去カードです。1ドローできる選択も使いやすくどのデッキにも入る優秀なカードです。ドルイドのデッキではほとんど採用されるカードのため必須カードと言えます。

第3位 《滋養》

滋養

■作成:100魔素
今となってはほぼ採用される強力なドローカードです。マナ加速カードが強力な分手札消費があるため大型ミニオンを手札に加え継続した攻めを狙えます。注意点として、あくまでもこのカードは中型〜大型ミニオンをきちんと獲得してからなら強いカードです。持っていない場合は先にデッキの切り札を手に入れてから作成しましょう。

ドルイド 番外編

《ファンドラル・スタッグヘルム》はドルイドデッキを組む上でほぼ必須のデッキと言えます。レジェンドデッキのためやや難しいですが、魔素があれば優先的に作成をしましょう。

プリーストの作成ランキング

プリーストの解説・デッキ一覧はこちら
プリーストは【ドラゴンプリースト】【レノプリースト】が強力ですが、ドラゴンミニオンの《チビ・トワイライトドラゴン》《ワームレストのエージェント》がスタン落ちするため《ドラコニッド諜報員》は掲載していません。

第1位 《カバールのカギ爪のプリースト》

カバールのカギ爪のプリースト

■作成:40魔素
3マナで3/4という標準スタッツを持ちながら盤面のミニオンの体力を+3点するという驚異的なミニオン。序盤のカードが揃わない状態でもカードが揃ってデッキを組む際にも使いやすく作って損がないカードです。

第2位 《オウケナイのソウルプリースト》

オウケナイのソウルプリースト

■作成:100魔素
【コントロールプリースト】を構築する上ではほぼ必須級の強さ。《回復の輪》との相性が抜群なのでこの2枚はセットで使用していきたい。

プリースト 番外編

《思念奪取》は、序盤カードが無くて勝てない状況でも、相手のデッキから一線級のカードを獲得するチャンスがあるため使いやすいカードとも言えます。

ローグの作成ランキング

▶ローグの解説・デッキ一覧はこちら
ローグは【ミラクルローグ】などの呪文を多用するコンバットデッキが特徴的です。分かりやすい切り札ミニオンは少ないですがどれも使いやすく強力なカードが多いです。

第1位 《SI:7諜報員》

SI:7諜報員

■作成:100魔素
ローグではどのデッキタイプにも必ず入るカードです。特に、後攻2マナ時にコインをつかってこのカードを出しつつ相手の2マナミニオンを破壊する流れは非常に強力です。

第2位 《腹裂き》

腹裂き

■作成:40魔素
相手のミニオンを破壊して良し、最後に相手のライフを削っても良しと万能なカードです。コンボはミニオンを展開しつつ発動が可能のため使いやすいカードです。

第3位 《段取り》

段取り

■作成:400魔素
魔素が高いのが難点ですが、ローグを究める上で必須になるカードです。《ガジェッツァンの競売人》《逃げ足》とのコンボが強烈です。

ローグ 番外編

《ブラッドメイジ・サルノス》はローグと非常に相性が良いので、いずれは作成するか、パックから引く必要があるカードです。
また、《ガジェッツァンの競売人》とも相性が良く【ミラクルローグ】を構築する際に必要になるので作成をオススメします。

シャーマンの作成ランキング

▶シャーマンの解説・デッキ一覧はこちら
《トンネル・トログ》《トーテム・ゴーレム》が非常に強力ですが、これらのカードはスタン落ちしてしまうため、それ以外のカード群から紹介します。

第1位 《ライトニング・ストーム》

ライトニング・ストーム

■作成:100魔素
全体除去として重宝されるカードです。アグロ以外のほぼ全てのシャーマンで採用される優秀なカードと言えます。

第2位 《野獣の精霊》

野獣の精霊

■作成:100魔素
2/3の挑発を2体召喚するカードで、序盤から盤面をとりやすくなる使いやすいカードです。

第3位 《炎まとう無貌のもの》

炎まとう無貌のもの

■作成:40魔素
4マナで7/7という破格のステータスは、ゲーム序盤に召喚することができれば非常に強力で相手にプレッシャーを与えることができます。カードが揃ってもこのカードは貴重な攻め札となります。

シャーマン 番外編

《メイルシュトロームのポータル》《精霊の爪》が強力のためワンナイトカラザンの購入をオススメします。(アドベンチャーのため、パック課金ではなくカードの直接課金)

また《地底よりのもの》も非常に優秀です。カードが揃ってきたら作成を検討しておきましょう。

ウォーロックの作成ランキング

▶ウォーロックの解説・デッキ一覧はこちら
基本的にウォーロックはデッキの資産が少なくても組める【ズー】を構築することが多いです。【レノロック】も強力のため、これらのリストで使用するカードがおすすめです。

第1位 《奈落の始末屋》

奈落の始末屋

■作成:40魔素
高いステータスをもちながらも登場時に《地獄の炎》を発動できる非常に強力なカードです。このカードを持つだけで困難な盤面を逆転することが可能です。

第2位 《凄まじき力》

凄まじき力

■作成:40魔素
【ズー】【レノロック】など幅広いデッキで活躍するカードです。《影の炎》《ヴォイドテラー》とも相性が良いカードです。

第3位 《ドゥームガード》

ドゥームガード

■作成:100魔素
【ズー】で切り札級に活躍するカードがこのカードです。中盤でのデッキパワーが格段に上がるのでオススメです。その場合《炎のインプ》も同様に作成候補となります。(しかし、現在ズーはあまりおすすめできる強さを発揮できない環境のため、即座に作成しないほうが良いと思われます。)

ウォーロック 番外編

《鬼軍曹》と相性が良いヒーローなのでこのカードも併せて手に入れておきたいカードです。
その他、《ダークアイアンのドワーフ》《アルガスの守護者》【ズー】と相性が良いカードなので作成しておくと重宝します。

ウォリアーの作成ランキング

▶ウォリアーの解説・デッキ一覧はこちら
ウォリアーは何より【海賊ウォリアー】が非常に強力です。それらのカードはミッドレンジ帯のビートダウンデッキにも使用するため、作成して損はしません。

第1位 《泡を吹く狂戦士》

泡を吹く狂戦士

■作成:100魔素
2/4というステータスながら、10点以上の攻撃力にもなる対コントロールにもアグロにも強力な1枚です。

第2位 《ン=ゾスの一等航海士》

ン=ゾスの一等航海士

■作成:40魔素
《ちんけなバッカニーア》《海賊パッチーズ》と併せて採用することで非常に強力なカードとなります。《南海の甲板員》もオススメです。ミッドレンジ帯のデッキでは、ウォリアーでは貴重な細かい1点を出しつつ《止めの一撃》の起動札にもなります。

第3位 《死憎悔いのグール》

死憎悔いのグール

■作成:40魔素
3マナで3/3というステータスを持ちながらも《旋風剣》の能力を持つ優秀なミニオン。盤面の除去にも《泡を吹く狂戦士》のバフにも《止めの一撃》の起動にも、非常に幅広く使いやすい効果を持つミニオンです。

ウォリアー 番外編

【コントロールウォリアー】は非常に高い安定性と強さを持ちますが、必要パーツがレジェンドカードばかりで構築難易度が非常に高いです。カードが揃ってきたら《シールドスラム》《乱闘》なども手に入れましょう。

ハンターの作成ランキング

▶ハンターの解説・デッキ一覧はこちら
ハンターはミニオンの質が高くビートダウンに向いたカードが多いです。

第1位 《サバンナ・ハイメイン》

サバンナ・ハイメイン

■作成:100魔素
6マナでは最強クラスのカードです。場に残った時の打点が6点と強烈なうえに、除去しても2/2が2体登場するという破格のカードです。
さらに獣というシナジーが多い種族なので、一時期は「このカードはレジェンドクラスだ」と言わしめた程です。

第2位 《イーグルホーン・ボウ》

イーグルホーン・ボウ

■作成:100魔素
ハンターのデッキを組む場合は必ずと言っていいほど採用されます。秘策が採用されなくとも採用されるほどの強さを持つこのカードはハンターを組む上では作成して損が無いカードと言えます。《覆面の女ハンター》を利用した【シークレットハンター】などでも使用されます。

ハンター 番外編

ヒーローパワーの性質上、アグロタイプのデッキが多く《アージェントの騎兵》などはコストが軽く相性が良いです。

パラディンの作成ランキング

▶パラディンの解説・デッキ一覧はこちら
【鯛罪パラディン】など、デッキの性質としてはコントロールデッキが多いのがパラディンです。

第1位 《ティリオン・フォードリング》

ティリオン・フォードリング

■作成:1600魔素
6/6の挑発で1度までどんな攻撃も防ぎつつ、死んだ時には5/3の武器がつく、ととんでもない能力を持ちます。間違いなくレジェンドカードでは最強クラスのカードです。

第2位 《アルダーの平和の番人》

アルダーの平和の番人

■作成:100魔素
3/3/3というステータスはビートダウンとしても弱くなく、それでいて相手の切り札級ミニオンを無効化できる優秀な能力を持つ。パラディンはほぼ採用される安定したカードと言えます。

第3位 《平等》

平等

■作成:100魔素
このカードは相手のミニオンを全て弱体化し、どんなミニオンもダメージを与えれば破壊できる状態にすることができます。《聖別》《熱狂する火霊術師》と合わせることで全て除去することができ、盤面を逆転するには非常に強力です。

パラディン 番外編

コントロールデッキは《光の王ラグナロス》なども優秀です。

まとめ

基本的に、アグロデッキは低コストカードを多く使用するため、合計魔素が少なくデッキを作ることができます。ミッドレンジになると、ゲームが長引くためコントロールデッキにも勝てるように切り札が必要になるためレジェンドカードや除去カードの分デッキの魔素が高くなります。そして、コントロールデッキはあらゆる除去カードに状況を逆転するレジェンドミニオンが必要になるため最も構築難易度が高くなります。

そのため、最初に作るデッキはアグロ〜ミッドレンジデッキがおすすめで、多くの場合はアグロデッキが主になります。そして、徐々に除去カードやフィニッシャーを手に入れつつミッドレンジ、最終的にコントロールデッキも組めるようにカードを獲得していきます。

今回紹介したカードはアグロ〜ミッドレンジが主になりますが、下記の環境デッキリンク集を見てどんなデッキが存在し、どんなデッキを組んでいきたいのか考えていきましょう。

ハースストーン最新デッキランキング

-初心者ガイド

おすすめ記事

thumbnail-violetteacher 1
初心者へオススメのデッキと応用手順

ハースストーンをインストールして、ひととおりクエストもこなしてきたところ、まずは ...

main_img 2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

amazoncoin1 3
【限定セール中】全ての課金が30%以上お得に【Amazonコイン】

ハースストーン、パズドラ、白猫プロジェクトなどの様々なゲームに課金する際、一番安 ...