ハースストーンデッキ検索|HearthGamers

ハースストーン(Hearthstone)の強いデッキを、どこよりも速く。

thumbnail-tunneltrogg

【デッキガイド】アグロシャーマン/aggro shaman デッキ解説

2017/01/09

ハースストーン(Hearthstone)における、仁義なきガジェッツァンリリース後に新登場したアグロシャーマンのデッキガイドとして最新のデッキレシピと各マッチアップ毎のマリガンと戦術を掲載しています。その他、デッキの歴史や大会やランク戦にて上位となったデッキリストの紹介をしています。

目次

デッキリスト

※スタンダード使用不可のカードはグレー表示になります。

デッキの特徴

【アグロシャーマン】は前環境からあった《トンネル・トログ》《トーテム・ゴーレム》などのスタッツの高い低コストミニオンが採用され、そこに仁義なきガジェッツァンで登場した《ちんけなバッカニーア》《海賊パッチーズ》などの海賊要素と《翡翠の爪》《翡翠の稲妻》などの【翡翠蓮】のカードを加えたアグロデッキで、これまで以上に柔軟な動きが序盤でできるようになっていてそれでまた中盤/後半も戦える現環境で一番強いと言えるデッキです。

アグロシャーマンの強み

このデッキは従来の【アグロシャーマン】よりも序盤が強くなっているため、相手の序盤の行動をほとんど返すことができます。武器も豊富になったことでミニオンに呪文を使っていたところが武器だけで1〜3体を倒すことができ、理想なテンポと盤面を作ることができます。

《ちんけなバッカニーア》《トンネル・トログ》《トーテム・ゴーレム》を盤面に出したあとに武器や呪文で相手が出してきたミニオンを倒していくのが基本的に強い動きです。この動きをしているだけで相手は相当なプレッシャーを感じるため除去をしようとしますが、これらのスタッツの高いミニオンを同時に除去するのは相手にとって非常に難しいです。しかもこのデッキは1マナミニオンが8枚も採用されていることで1ターン目から動けないということはほとんどなく、安定したプレッシャーを毎ターン与えることができます。

勝利プラン・コンボ

今までは【アグロシャーマン】を組む際に《ドゥームハンマー》《岩穿ちの武器》が採用されていたことで序盤はミニオンでできるだけ盤面を取りながら相手の体力を削って、最後はこの2枚のカードと《ライトニングボルト》《溶岩爆発》などの呪文で相手を倒すという戦術が主流でした。

このデッキは、以前よりも序盤が厚くなっていることでどんな相手の行動も返せるようなデッキであり、ミニオンだけで十分相手を攻めることができます。中盤からは呪文などを使ってリーサルを狙いにいきます。後の【代替カード案】で説明しますが、現環境の【アグロシャーマン】では《ドゥームハンマー》《岩穿ちの武器》は使われていません。その代わりとして《アジュア・ドレイク》《アヤ・ブラックポー》などが採用されるようになっています。

①全力フェイス
1ターン目からミニオンを並べていき、相手があまり動けていない隙に《炎の舌のトーテム》を並べて序盤から攻めていく。自分の手札の呪文などで複数ターンでリーサルが見えたら相手がミニオンを出してきても倒さずに相手の顔面をひたすら叩くことに専念する。

②武器や呪文を活かして盤面の有利を構築していく
序盤の4枚の武器や《ライトニングボルト》のような軽いスペルを使って相手が出してくるミニオンを倒すことで除去されにくい盤面を作っていく作戦。中盤でも《翡翠の稲妻》などを使って除去していくことで大型ミニオンにつなげるかそこからリーサルを狙う。

③相手が出してくるミニオンの除去に専念してリソース勝負で勝つ
相手よりも自分の方が手札が多いときは相手のミニオンを除去していればいずれ相手が出せるミニオンがなくなるため、そこから盤面を取って勝利をつかむ。主に海賊ウォリアー相手で使う戦術。

基本的に①か②で戦うのだが②の戦術で除去ばかりしているとこちらのリーサルがなくなることが多々ある。デッキで出る打点というのは限られているため、どんなにきれいな除去として使える呪文でも一度踏みとどまって①のプランを考えてみるのも良いでしょう。

各マッチアップごとのマリガンと戦術

基本的に1マナミニオンはキープし、次点で《トーテム・ゴーレム》《翡翠の爪》を狙っていく。《精霊の爪》が少し特殊で《トンネル・トログ》《トーテム・ゴーレム》とはシナジーがないが、《ちんけなバッカニーア》《ブラッドメイジ・サルノス》とはシナジーがある。《炎の舌のトーテム》は1マナミニオンをキープできていないと意味がないこと。武器は序盤に1枚しか必要ないので優先して《翡翠の爪》キープする。これらを頭に入れてマリガンを確認していく。

組み合わせマリガンの例

《ちんけなバッカニーア》+《精霊の爪》
《ちんけなバッカニーア》+《炎の舌のトーテム》
《南海の甲板員》+《炎の舌のトーテム》
《トンネル・トログ》+《野獣の精霊》
①は基本的に後攻でよくするマリガンで、相手の《ちんけなバッカニーア》《海賊パッチーズ》《精霊の爪》で倒す動きである。先攻ならもう1枚海賊ミニオンがいれば3枚でキープするといいだろう。②と③はレノデッキに効果的な動きである。スタッツそのものは高くなくても《炎の舌のトーテム》だけで打点が一気に高くなる例である。③は先攻だと相手の初手コイン+《終末予言者》すら返せる強い動きである。④は昔からある後攻の定番マリガンである。ミラーのように後攻1ターン目《トンネル・トログ》だけでは弱いマッチアップでは使えないが、序盤のミニオンが少ない相手なら一気に盤面と打点を上げる強い動きである。

対シャーマン戦

《ちんけなバッカニーア》《トンネル・トログ》《トーテム・ゴーレム》《翡翠の爪》《精霊の爪》
ミラーマッチである【アグロシャーマン】相手には序盤の盤面を取ったほうが試合を優位に進めることができます。

先攻の場合、基本的には全力で1マナミニオンを探しにいきます。武器が被ったときは《翡翠の爪》を優先してキープすることで相手の《ちんけなバッカニーア》を処理していきましょう。このマッチアップは少しでも遅れると一気に盤面を取られてしまうため、《野獣の精霊》をキープする余裕はあまりありません。基本的に強い動きは1マナミニオン→《トーテム・ゴーレム》《翡翠の爪》ですが2-3ターン目のところは逆でも構いません。

1マナミニオン2体と《精霊の爪》というマリガンも悪くはありませんが、そうすると除去されたときに手札が先に尽きていることがほとんどなため、なるべく上記のマリガンに従いましょう。後攻の時は1マナミニオンよりも《翡翠の爪》《トーテム・ゴーレム》に重点を置いてマリガンしましょう。相手の1ターン目の動きを対処できなければ基本的に不利になります。

対ウォリアー戦

《ちんけなバッカニーア》《トンネル・トログ》《トーテム・ゴーレム》《翡翠の爪》《精霊の爪》《ライトニングボルト》
相手が【海賊ウォリアー】という想定でマリガンしましょう。対シャーマン戦と似ていて自分の動きをしながら相手のミニオンを除去していく形となります。少し違う点は除去し続けていればいずれ相手はカードが尽きてこちらが受けきって勝つというパターンもあるということです。1マナミニオンと武器が揃っていれば《ライトニングボルト》をキープするのも良いでしょう。

対ドルイド戦

《ちんけなバッカニーア》《トンネル・トログ》《トーテム・ゴーレム》《翡翠の爪》《野獣の精霊》《炎まとう無貌のもの》《炎の舌のトーテム》
基本的に序盤が遅いドルイドは、ミニオンを並べていくうちに倒していることも多いぐらい有利なマッチアップです。武器はほとんど必要ないので1マナミニオンがいれば《野獣の精霊》《炎まとう無貌のもの》を狙いに行くのもいいでしょう。《炎の舌のトーテム》は1マナミニオンを持っていればキープするのをおすすめしますが除去されないという意味では他のミニオンを優先したほうが良い場合が多いです。

対ローグ戦

《ちんけなバッカニーア》《トンネル・トログ》《トーテム・ゴーレム》《翡翠の爪》《精霊の爪》《サー・フィンレー・マルグルトン》
《ちんけなバッカニーア》が追加されたため、ローグは序盤の動きが強くなりました。しかし、序盤の動きさえ処理することができれば、これまで通りミニオンを並べていけば勝てます。他のヒーローに比べればトーテムヒーローパワーは必要ないので《サー・フィンレー・マルグルトン》がキープ対象として追加されています。対ローグでは《野獣の精霊》も非常に強いですが《ちんけなバッカニーア》が処理できないと後手に回ってしまいます。

対ウォーロック戦

《ちんけなバッカニーア》《南海の甲板員》《トンネル・トログ》《トーテム・ゴーレム》《翡翠の爪》《炎の舌のトーテム》《サー・フィンレー・マルグルトン》《野獣の精霊》《炎まとう無貌のもの》

基本的に【レノロック】を想定したマリガンをします。上記のカードを柔軟にキープしていきます。《地獄の炎》《悪魔の憤怒》などの全体除去に気を付けながらミニオンを出していきましょう。《南海の甲板員》《炎の舌のトーテム》をセットでキープしておくと《終末予言者》を倒すことができるということも活用するので頭に入れておきましょう。《サー・フィンレー・マルグルトン》でウォーロックのヒーローパワーを手に入れることができると長期戦を戦うことができます。盤面を強くしておけば《レノ・ジャクソン》を出されても楽に倒すことができます。

対ハンター戦

《ちんけなバッカニーア》《トンネル・トログ》《トーテム・ゴーレム》《翡翠の爪》《精霊の爪》
現環境でハンターが全く存在しないので想定するミニオンなどが難しいですが、基本的なマリガンをしておけば大丈夫でしょう。

対メイジ戦

《ちんけなバッカニーア》《トンネル・トログ》《トーテム・ゴーレム》《翡翠の爪》《炎の舌のトーテム》《サー・フィンレー・マルグルトン》《野獣の精霊》《炎まとう無貌のもの》

【レノメイジ】相手は基本的に【レノロック】と同じ動きをすれば大丈夫です。違う点としてはヒーローパワーが除去に使えるので《南海の甲板員》《海賊パッチーズ》があまり強くないというところです。その代わりに相手はドローソースが少ないので除去をあまり持っていないことを祈り、ドローしてる間に倒すプランを考えましょう。

対パラディン戦

《ちんけなバッカニーア》《トンネル・トログ》《トーテム・ゴーレム》《翡翠の爪》《精霊の爪》
ハンターと同様に環境に全く存在しないヒーローですが、基本的なマリガンをしておけば大丈夫です。コントロール系相手なら全体除去を警戒して出すミニオンの数を制限して被害を最小限に抑えながら倒せるところまで削りましょう。

対プリースト戦

《ちんけなバッカニーア》《南海の甲板員》《トンネル・トログ》《トーテム・ゴーレム》《翡翠の爪》《精霊の爪》《炎の舌のトーテム》《野獣の精霊》《サー・フィンレー・マルグルトン》
【ドラゴンプリースト】相手には海賊系のカードの方が《トンネル・トログ》《トーテム・ゴーレム》よりも使いやすくて強いです。どういうことかというと、主に《トーテム・ゴーレム》《密言・痛》で除去されるとオーバーロードのせいで相手の方がより展開できるようになります。しかし海賊系のカードは相手にとっては除去を打つほどの対象ではありません。そこで出してきたミニオンを《炎の舌のトーテム》などと一緒に除去すると盤面を強くすることができます。相手が【レノプリースト】であっても全体除去は5ターン目まで来ないのでどんどん序盤から展開していきましょう。

デッキの注意点

このデッキは《炎の舌のトーテム》を活かすシナジーが多く、使い方によっては想像以上に打点が出たり、トレードがきれいにできたりします。基本的にはスタッツの高いミニオンを一番左に置いていき、スタッツの低いミニオンを中心に置いていきます。

基本

大 中 小  小

もしくは

大 小  小 中

とすることでトレードしながら打点を最大にしていく。ここで大切なことは中を一番右に置いたことでヒーローパワーから出てくるトーテムを遮っていないかである。そのため、基本的には前者の形を保ちながら次の数ターンでヒーローパワーを打つ機会があるか考えることで中を一番右か大の右に置くか考えましょう。注意点として試合中盤になっても《海賊パッチーズ》が出ていない場合、常に上の形を保つことで《海賊パッチーズ》《炎の舌のトーテム》の横に置けるようにしましょう。

代替カード案

環境の変化や、自分が足りないと感じた部分の補強、またはデッキのカードが足りない場合などに参考にしてください。

《ドゥームハンマー》《岩穿ちの武器》
このセットはこれまでの【アグロシャーマン】によく入っていたセットです。ダメージソースとしては最強の部類に入るのですが、今の環境ではミラーマッチや【海賊ウォリアー】が多いため、手札で腐ることが多かったり装備しても間に合わないことが多々あります。《岩穿ちの武器》が2マナに下方修正されたことで少し除去に使いづらくなっていることも要因となっています。この2枚のカードは【ミラクルローグ】《レノ・ジャクソン》を採用したコントロールデッキに対しては効果的です。呪文だけではダメージに限界がありますが、それを助けてくれるのがこれらのカードなのでアグロデッキが減ったときにはおすすめです。

《サー・フィンレー・マルグルトン》
今回紹介しているデッキには入っていますが、最近のリストに入っていないものもあります。このカードはトーテムを出すヒーローパワーがあまり有効でない相手に使えるのですが、それはほとんどがレノデッキのようなコントロールデッキです。そのときはヒーローパワーをハンターもしくはウォーロックヒーローパワーを選ぶことでより優位に進めることができます。しかし、アグロデッキに対してはトーテムは非常に強く、あまり変えたくありません。そのため、もし《サー・フィンレー・マルグルトン》を入れたデッキでアグロデッキと当たったときはマリガンで返しましょう。《ドゥームハンマー》などと同じでアグロデッキが少なくなればなるほど活躍するカードと言えます。

《アジュア・ドレイク》
なぜ最近のリストにこのカードが入ってるか不思議に思っている人もいるかもしれません。このカードはリソース勝負になったときに引いてみんなが喜ぶカードです。最近のミラーマッチはお互いミニオンを除去しているうちに後半のトップ勝負になることもよくあります。そのときにこのカードを引くことで一気に優位に進められます。そのような場面でなくても単純に呪文ダメージを持っていてドローを進めることはアグロデッキとして強いです。他にも《精霊の爪》《メイルシュトロームのポータル》との相性も良いため、非常に使いやすいカードです。

《アヤ・ブラックポー》
レジェンダリーカードなだけあって出す場面があれば効果は絶大です。特にレノデッキはこのカードをだけで盤面を除去するのがいきなり難しくなります。このカードもまたミラーマッチで後半にもつれ込むほど強いカードですが、攻められすぎて出すタイミングがないこともあります。コントロールデッキが増えてきたら使いましょう。

《アージェントの騎兵》
これまでの【アグロシャーマン】によく入っていたミニオンですが今でも十分強いと言えます。トレードに使えるだけでなく、《炎の舌のトーテム》の横に置くと即4点ダメージになるので相性は抜群です。相手にとっては処理するのが面倒になるミニオンでもあるので普通に素出ししても強いミニオンです。トレードにも使え、全体除去にも強いので迷ったときに入れてみてはどうでしょうか。

デッキの歴史

シャーマンは、元々はミッドレンジ〜コントロール帯のデッキが多くリリース当初から【ミッドレンジシャーマン】がシャーマンデッキとして台頭していた。

アグロデッキとして一気に広まったのはゴブリンvsノームで登場した《フェル・リーヴァー》を採用した【ミッドレンジシャーマン】だ。一気にミニオンを展開し《ドゥームハンマー》という最強クラスのダメージを生み出せる武器を振りかざしランク戦・トーナメントシーンで活躍した。これはブラックロックマウンテングランド・トーナメントの登場で《トーテム・ゴーレム》などが追加されても変わることは無く、シャーマンのアグロデッキといえば【メックシャーマン】であった。

現在のようにメック要素が外れたきっかけは、探検同盟で登場した《トンネル・トログ》の登場だ。このカードは非常に強力で、《野獣の精霊》《溶岩爆発》《ライトニングボルト》など、初期からあったオーバーロードカードが全て活用される形となった。また、前弾で登場していた《トンネル・トログ》と、[レプラ・ノーム]が修正前で1/2/1であったことも有り序盤から圧倒的な早さでライフを削るデッキとして確立した。

その後、スタンダードの導入で他のデッキ全てが壊滅的被害を被るなか、《レプラノーム》の弱体化のみだったことに加え、旧神のささやきから《炎まとう無貌のもの》が登場し、環境序盤独走状態となった。
環境が進むにつれ、《地底よりのもの》が非常に強力であることが認知され、《タスカーのトーテム師》《地底よりのもの》が【アグロシャーマン】には標準搭載となった。

ワン・ナイト・イン・カラザン以降は《メイルシュトロームのポータル》など全体除去が1~2枚積まれるようになり、苦手としていた【ズー】《旧神のささやかな灯》《ヴァイオレット・アイの講師》を採用している【トークンドルイド】など横展開するデッキにも耐性がつきより強力となった。

その後仁義なきガジェッツァンにより大航海時代へと突入。武器を持つアグロデッキは《ちんけなバッカニーア》《海賊パッチーズ》のセットをほぼ採用し確実な速度を手に入れた。

ランク戦上位のデッキ

デッキ名 時期
S34 レジェンド1位 ryuman アグロシャーマン 2017-01-12
S34 レジェンド1位 にん アグロシャーマン 2017-01-02
S33 レジェンド1位 Amnesiac アグロシャーマン 2016-12-31
S33 レジェンド2位 タコ3 アグロシャーマン 2016-12-21
S33 レジェンド1位 posesi 海賊翡翠シャーマン 2016-12-14
S33 レジェンド1位 Tyler アグロシャーマン 2016-12-10
S33 レジェンド1位 Demigod 海賊翡翠アグロシャーマン 2016-12-05
S32 レジェンド4位 yanakend アグロシャーマン 2016-11-13
S32 レジェンド1位 Sempok アグロシャーマン 2016-11-07
S31 レジェンド上位 myr アグロシャーマン 2016-10-10

もっと見る

大会入賞デッキ

デッキ名 時期
Get Herminated #59 優勝 Rdu アグロシャーマン 2017-01-18
WESG 準優勝 Orange アグロシャーマン 2017-01-16
WESG 4位 Xixo アグロシャーマン 2017-01-16
WESG 優勝 Staz アグロシャーマン 2017-01-16
WESG 3位 Bunnyhoppor アグロシャーマン 2017-01-16
ハースストーングランプリ 優勝 sweep 2017-01-08
ハースストーングランプリ ベスト4 Tansoku 2017-01-08
ハースストーングランプリ 準優勝 Tredsred 2017-01-08
HS ALLSTAR2016 tom60229 海賊翡翠シャーマン 2016-12-17
HS ALLSTAR2016 Cydonia 海賊翡翠シャーマン 2016-12-17

もっと見る

-人気記事, 参考デッキ

おすすめ記事

thumbnail-violetteacher 1
初心者へオススメのデッキと応用手順

ハースストーンをインストールして、ひととおりクエストもこなしてきたところ、まずは ...

main_img 2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

amazoncoin1 3
【限定セール中】全ての課金が30%以上お得に【Amazonコイン】

ハースストーン、パズドラ、白猫プロジェクトなどの様々なゲームに課金する際、一番安 ...