ハースストーンデッキ検索|HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

thumbnail-renojackson

【デッキガイド】レノメイジ/Reno Mage マリガン・マッチアップ解説

ハースストーン(Hearthstone)における、仁義なきガジェッツァンリリース後に新登場したレノメイジ/Reno Mageのデッキガイドとして最新のデッキレシピと各マッチアップ毎のマリガンと戦術を掲載しています。その他、デッキの歴史や大会やランク戦にて上位となったレノメイジの紹介もしています。

目次

デッキリスト

※スタンダード使用不可のカードはグレー表示になります。

デッキの特徴

《レノ・ジャクソン》《カザカス》といった、デッキの中身が全て1種類につき1枚ずつであった場合に強力な効果を発動するカードを活かしたメイジのコントロールデッキ。

主な強みは、防御力の高さです。相手の攻めを全て受けきり、相手のリソースを削った上で盤面を優位に運び、そして最後に火力呪文で仕留める動きを狙います。

様々な役割を持つ呪文を採用

メイジならではの優秀な呪文が豊富に採用されていることです。《魔力の炸裂》《フロストボルト》といった細かい除去から、《ファイアーボール》《炎の大地のポータル》などの高い火力呪文に加え、《動物変身》といった確定除去カードと《火山ポーション》《ブリザード》《フレイムストライク》などの全体除去まで、ありとあらゆる場面に対応できる呪文が採用されています。

《アイスブロック》による超回復コンボ

そして、何よりメイジで強力なのは《アイスブロック》《レノ・ジャクソン》の親和性です。《アイスブロック》があることで、相手の攻撃を全て受けきった上でライフが1で耐えるため、《レノ・ジャクソン》による回復効果を常に最大限発揮できます。《アイスブロック》が無いデッキでは《レノ・ジャクソン》を相手のリーサルを警戒し先出しする必要がありますが、このデッキは常に相手の攻めをみた上で対応することができます。

勝利プラン・コンボ

①相手のリソースを全て削り切る

豊富な呪文で相手の攻め札を全て除去し、その上で盤面にミニオンを展開して勝利します。主にアグロ〜ミッドレンジデッキ相手にはこの勝利プランがほとんどです。

《アレクストラーザ》《ファイアーボール》《フロストボルト》を利用しライフを0にする

盤面をとりきれない相手に、ダメージレースで勝利するプラン。コントロールデッキなどにはこのプランをとることがある。ローグなど回復が少ないデッキに対しても有効なプラン。《ソーリサン皇帝》《大魔術師アントニダス》が絡むことでさらにダメージアップが見込めます。

③デッキ切れからのファティーグダメージでライフを0にする

主にミラーマッチや対【コントロールウォリアー】で起こりうる。《魔力なる知性》などのドローを最小限に抑え、盤面の不利を大きく作らないようにカードを吐いていき、ライフアドバンテージを有利にしたうえでデッキ切れを誘い相手が先にファティーグダメージでライフを0になることを狙う。

基本的に①のパターンが多いデッキですが、常に②のプランが狙えないか注視しましょう。勝利するには相手を先に仕留めることが最も安全です。どんなに綺麗な除去が打てる場合でも実はリーサルだった、といった見落としが無いように常に3ターン前後先を見据えたプレイが必要です。

強力なコンボ

このデッキは特定のカードを組み合わせることで非常に大きいアドバンテージを得ることができます。特にコントロール戦では必要になる戦術のため覚えておきましょう。

《ブラン・ブロンズビアード》+《カザカス》
主にコントロールデッキ相手にはほぼ必須になります。10コストの復活+体力が盤面を築く上で最も強力なので1枚はこの組み合わせを狙いにいきます。《カバールの飛脚》《おしゃべりな本》など、ドローを挟まないリソース回復も非常に強力のためなるべくこのタイミングで同時に召喚を狙います。

《ブラン・ブロンズビアード》+《ドブネズミ》(+《精神支配技士》)
同じくコントロールデッキ相手に強力なコンボ。特に《終末予言者》の返しでこのコンボをすることで相手の手札にあるミニオンを2体破壊することができます。また、相手の盤面が3体いる場合《精神支配技士》を召喚することで相手ミニオンを2体奪うことが可能です。これにより一気に逆転が狙える場合もあります。《ドブネズミ》は相手の《レノ・ジャクソン》《カザカス》などの強力なミニオンを無効化できる可能性を持つミニオンですので有効活用していきましょう。

《アイスブロック》+《レノ・ジャクソン》
言わずもがな。最大限の効率でライフを回復できるコンボです。相手は《アイスブロック》を剥がさないことには勝利できないため攻め札を消費し剥がす必要がありますが、これによりその攻め札を全て無駄にすることができます。

《レノ・ジャクソン》or《カザカス》+《ハイ!なソウルキャスター》
通常では1度しか使えない効果を2回発動することができます。特にゲームが長引くマッチでは非常に強力です。

各マッチアップごとのマリガンと戦術

このデッキは明確にこのカードorコンボで勝つという指標が決まっていません。決まっていることは相手の攻めを削りきることです。そのため、どのデッキにはどのカードが有効で相手のデッキにはあとどんなカードが採用されているのか、を完璧に把握する必要があります。その精度が高ければ高いほど勝率が確実に上がります。

対シャーマン戦

基本的なマリガン:《レノ・ジャクソン》《魔力の炸裂》《フロストボルト》《おしゃべりな本》《終末予言者》《酸性沼ウーズ》《カザカス》
+後攻時に《ブラッドメイジ・サルノス》があれば《火山ポーション》

【アグロシャーマン】 (勝率56%)

《カザカス》で狙うべき組み合わせ:5マナで装甲+7獲得&全体4点ダメージを狙います。
追加マリガン:手札が良ければ《動物変身》(《炎まとう無貌のもの》)
相手の攻め札を全て削りきる勝利プラン①になります。序盤の盤面が非常に強力な相手なので、除去呪文が非常に重要です。相手は体力3点のミニオンが多いため《ブラッドメイジ・サルノス》+《火山ポーション》が決まればある程度楽になります。最近は《ドゥームハンマー》が入っていない翡翠採用型が多いため《酸性沼ウーズ》《精霊の爪》などに使用し《ちんけなバッカニーア》のサイズダウンに使用しましょう。

《炎まとう無貌のもの》が非常に強力かつ対処札が限られています。《動物変身》はキープしたいカードですが、それ以上に序盤の攻防が重要です。そのため《動物変身》は手札が良い時だけキープするようにしましょう。

注意点

先攻で《南海の甲板員》が初動スタートだった場合、後攻にコインで《終末予言者》を召喚しても《炎の舌のトーテム》で返されてしまいます。その場合コインも失い、盤面も脅威であることから不利になりやすいのであえて除去札を使用していくパターンも存在します。相手がマリガンでキープした枚数によって判断しても良いポイントです。

対ウォリアー戦

基本的なマリガン:《レノ・ジャクソン》《おしゃべりな本》《終末予言者》《酸性沼ウーズ》《魔力の炸裂》《フロストボルト》《火山ポーション》《カザカス》

【海賊ウォリアー】 (勝率55%)

マリガン:3ターン目の動きがある場合は《ドブネズミ》のキープも問題ありません。
《カザカス》で狙うべき組み合わせ:5マナで装甲+7獲得&全体4点ダメージを狙います。
このマッチはわかりやすく、相手の攻めを受けきれたら勝利です。そのため勝利プランも①の削りきるプランとなります。相手のミニオンの処理+ライフの維持が課題です。マリガンでは低コストの除去火力と《終末予言者》《酸性沼ウーズ》などを狙いにいきます。

注意点

先攻で《ちんけなバッカニーア》が初動スタートだった場合、後攻にコインで《終末予言者》を召喚しても《烈火の戦斧》で返されてしまいます。その場合コインも失ったことから不利になりやすいのであえて除去札を使用していくパターンも存在します。相手がマリガンでキープした枚数によって判断しても良いポイントです。

対ローグ戦

基本的なマリガン:《終末予言者》《魔力の炸裂》《フロストボルト》《カザカス》《レノ・ジャクソン》《おしゃべりな本》

【ミラクルローグ】 (勝率49%)

追加マリガン:《魔力の炸裂》があれば《ブラッドメイジ・サルノス》,後攻なら《火山ポーション》

《ちんけなバッカニーア》からの《海賊パッチーズ》の攻めに備えましょう。アグロデッキほど大量の火力が無いので1枚ずつきちんと対処することができれば勝てるマッチアップです。

■各ミニオンの対処札について
序盤の海賊セット→ヒーローパワーと《魔力の炸裂》or《火山ポーション》
《墓荒らし》《ブラッドメイジ・サルノス》orヒーローパワー+《魔力の炸裂》or《フロストボルト》or《忘れ去られた松明》
《アジュア・ドレイク》《ブラッドメイジ・サルノス》orヒーローパワー+《フロストボルト》or《忘れ去られた松明》
《ガジェッツァンの競売人》+《隠蔽》《フレイムストライク》or《カザカス》の5マナ全体4点orランダム1体羊

逆に、これらで超えられないサイズの《エドウィン・ヴァンクリーフ》《クエスト中の冒険者》を展開されると苦しい展開となります。《カザカス》での10マナ全体羊変身が間に合うかは難しいマッチですが、《ブリザード》《アイスブロック》《レノ・ジャクソン》を駆使して長引かせます。

対ウォーロック戦

基本的なマリガン:《動物変身》《おしゃべりな本》《終末予言者》《魔力なる知性》

【レノロック】 (勝率52%)

《カザカス》で狙うべき組み合わせ:《ブラン・ブロンズビアード》と同時召喚を狙い、10マナで全体6点or全体羊を狙います。
最近の【レノロック】は以前のように《リロイ・ジェンキンス》《無貌の操り手》のコンボを搭載せず、純粋に大量のリソースと強力ミニオンで攻めてくる構成が目立ってきました。相手の強力なミニオン1枚ずつにきちんと対処札を当てていく必要があります。

まず4ターン目の《トワイライト・ドレイク》《山の巨人》が非常に強力です。そのため3ターン目に召喚する《終末予言者》や、4ターン目の返しに打てる《動物変身》はキープ対象となります。また、相手とのリソース勝負に負けないために《魔力なる知性》などのドローソースが非常に重要になります。

【レノロック】側はメイジ側が処理できない盤面の形成を狙い、《山の巨人》or《炎の王ラグナロス》or《奈落の始末屋》+《さまよう無貌のもの》など《フレイムストライク》で処理できないミニオンを召喚してきます。そのため《カザカス》は全体羊や、全体6点ダメージを狙っていきます。召喚する際は《ブラン・ブロンズビアード》との召喚を狙いたいマッチです。

ゲーム終盤では相手が《ロード・ジャラクサス》を採用している場合が多く、このカードを早い段階で召喚されるとリソース差で勝つことが難しくなります。しかし、ゲームが長引いてさえしまえば《ファイアーボール》+[燃え盛る松明]+《フロストボルト》を引ききり、15点ダメージで確実に勝利することが可能です。《酸性沼ウーズ》《ロード・ジャラクサス》用に使用したいため安易に召喚しないようにしましょう。

また、このマッチは《ドブネズミ》によって相手のキーカードを叩き落とすことが有効的なマッチアップです。《レノ・ジャクソン》《カザカス》がハンドにあり得る終盤では狙っていきましょう。また、逆転不可能な盤面も相手の手札に眠る《終末予言者》を落とせればゲームを有効に進められます。逆にこちらも相手の《ドブネズミ》を警戒する必要があるので、常にハンドにはいつ落ちても構わないミニオンを抱えておくと便利です。

対メイジ戦

基本的なマリガン:《おしゃべりな本》《カバールの飛脚》《忘れ去られた松明》《カザカス》

【レノメイジ】 (勝率50%)

ミラーマッチは、相手に返されない盤面を先に築いた方が有利となります。基本的に終盤まではお互いがお互いのカードをひたすら処理し合うゲームとなります。そして除去が尽きた時により強い盤面を展開できた方が勝利します。

具体的には《カザカス》からの10マナ復活+体力強化などが挙げられます。しかし、それだけでは同じく相手の《カザカス》の全体羊で返される可能性があります。そのため、ミラーマッチでは《ブラン・ブロンズビアード》が非常に重要で、このカードを利用して多くの攻め札を獲得することが勝利条件となります。

基本的には盤面の優位を目指しますが、コントロールデッキミラーでもあるためデッキ切れによるファティーグ勝ちも存在します。そのため《魔力なる知性》などのドローカードは極力控えたいマッチです。その上で相手より多くのアドバンテージを得るためには、《ブラン・ブロンズビアード》を起点に《カザカス》《カバールの飛脚》《おしゃべりな本》を召喚し大量に攻め札を獲得することが重要です。ドローではないリソースの確保が非常に重要です。

そして、大量の攻め札を確保したら相手の《フレイムストライク》《ブリザード》《ファイアーボール》《動物変身》といった除去札を消費させ、こちらも同様に相手の攻め札である《ソーリサン皇帝》《大魔術師アントニダス》《アレクストラーザ》《カザカス》で生成されたポーションなどのカードを処理していきます。

このマッチは《ドブネズミ》を最も警戒するマッチです。《終末予言者》を召喚すると返しに《ドブネズミ》をされる可能性があったり、復活ポーションのリスクもあるためなるべく容易に召喚したくありません。逆に相手の《ドブネズミ》をケアするために《酸性沼ウーズ》などの弱いミニオンを手札に温存しておくのは有効です。《カザカス》を落とした場合は非常に厳しいマッチになるからです。こちらからも終盤に相手が《ブラン・ブロンズビアード》+《カザカス》コンボを貯めていると思われるゲーム終盤は《ドブネズミ》を召喚していきましょう。

対プリースト戦

基本的なマリガン:《終末予言者》《アジュア・ドレイク》《カザカス》《レノ・ジャクソン》《フロストボルト》《おしゃべりな本》

【ドラゴンプリースト】 (勝率38%)

基本的にこのマッチは苦しい戦いとなります。《ドラコニッド諜報員》というミニオンが非常に強く、《ファイアーボール》《動物変身》を強要するサイズながらも強力なカードを1枚追加で獲得できるため、このカードに除去を吐いているとアドバンテージの差がどんどん開いてしまいます。その上、《ブラン・ブロンズビアード》から展開する余裕も相手に与えてしまいますし、その際《ネザースパイトの歴史家》から再び《ドラコニッド諜報員》をプレイされるとアドバンテージ的にも逆転が厳しいと言えます。

勝ち筋としては、相手より先に盤面を形成することです。最近の【ドラゴンプリースト】は《ドラゴンファイア・ポーション》を採用せず《ホーリーノヴァ》などのカードが採用されているため、一度盤面をとってしまえば有利に進めることができます。

《終末予言者》などで一旦テンポをとった際に《ウォーター・エレメンタル》などから始動し、《アジュア・ドレイク》などで攻めていきます。《カザカス》では復活or悪魔召喚+体力強化を5マナでプレイすることも重要です。

また、相手の盤面に3体以上並びやすいこのマッチでは《ブラン・ブロンズビアード》+《ドブネズミ》が有効的です。これにより相手の大きいサイズのミニオンを奪うことができれば逆転の目はあります。

こうして、相手の隙をついて盤面さえとれていれば《大魔術師アントニダス》なども有効に働き、相手を仕留めるのに十分な数の《ファイアーボール》を獲得できます。

対ドルイド戦

基本的なマリガン:《終末予言者》《カザカス》《魔力なる知性》

【翡翠ドルイド】 (勝率30%)

追加マリガン:先攻なら《ブラン・ブロンズビアード》,《終末予言者》があるなら《フロストノヴァ》,
【レノメイジ】が最も苦手とするデッキです。毎ターンごとに巨大化する《翡翠のゴーレム》には除去札の一切が追いつかず、ゲームが長引くほど不利になるマッチです。

勝ち筋としては、最序盤の盤面をとりつつ《ウォーター・エレメンタル》《アジュア・ドレイク》《ソーリサン皇帝》へとつなげつつ《アレクストラーザ》《大魔術師アントニダス》を駆使し最速で倒すことですが、これを決めるのは中々容易ではありません。

盤面の獲得がうまく行かない手札の場合は、《ブラン・ブロンズビアード》を先出しし《カザカス》《カバールの飛脚》などと併用しリソースを一旦確保し、相手の中盤の攻めを豊富な全体除去で一旦取り払い、そこからミニオンを展開していきます。

その他、ゲーム終盤での《カザカス》であれば、全体羊変身+復活によって一気に盤面を逆転をすることができるので、この復活で強力なミニオンを召喚することができれば勝利することができます。

※各デッキ毎の勝率は全サーバーの試合結果をリアルタイムで集計するData Reaper LIVE (Beta)を参考にしています。

代替カード案

環境の変化や、自分が足りないと感じた部分の補強、またはデッキのカードが足りない場合などに参考にしてください。

《禁じられし炎》
優秀な単体除去です。《炎の王ラグナロス》などの大型ミニオンに対して《動物変身》以外で処理できる呪文です。コントロールデッキが多く大型ミニオンが処理しきれない時には使いやすいカードと言えます。

《アイスバリア》《超うざい調剤師》
アグロデッキが多くライフが足りないと感じたら採用をオススメします。

《フロストノヴァ》
《終末予言者》とも相性が良く、相手のライフを呪文で削りきるプランの時に役に立ちます。主にミッドレンジ帯デッキに対して有効的です。

《カバル教団の魔導書》
デッキ外からのリソース回復になるのでミラーマッチなどファティーグ勝負を見据えたコントロールミラーで役に立ちます。

[強盗トログ] ローグ相手には特に有効なミニオンです。《大魔術師アントニダス》とも相性が良くゲーム後半の火力リソースの確保にも使えます。

《苦痛の侍祭》
【レノロック】など相手にする時にリソースの確保が重要ですが《魔力なる知性》以外のリソース要因として有効です。ただしミラーマッチなどのファティーグ時には《ドブネズミ》から召喚され手札を燃やされることもあるため注意が必要です。

[メディヴ] 対コントロールにおいて非常に強力です。ミニオンを除去しつつ大型ミニオンを展開できバリュー勝負にすることができます。《ハリソン・ジョーンズ》《酸性沼ウーズ》には弱いため相手のデッキの中身を警戒しておく必要があります。

ランク戦上位のデッキ

デッキ名 時期
S35 レジェンド3位 Aqua レノメイジ 2017-02-05
S33 レジェンド1位 noblord レノメイジ 2016-12-30
S33 レジェンド1位 Kose レノメイジ 2016-12-27
S33 レジェンド10位 Rage レノメイジ 2016-12-24
S33 レジェンド8位 Fenom レノメイジ 2016-12-20
S33 レジェンド3位 Dog レノメイジ 2016-12-04
S29 レジェンド4位 Portia レノン=ゾスメイジ 2016-08-22
S26 レジェンド14位 hafu レノテンポメイジ 2016-05-18
S23 NA3位 cross レノテンポメイジ 2016-02-07

もっと見る

大会入賞デッキ

デッキ名 時期
Winter Championship Tarei レノメイジ 2017-03-23
Winter Championship b787 レノメイジ 2017-03-23
Winter Championship Lovelychook レノメイジ 2017-03-23
Winter Championship Pavel レノメイジ 2017-03-23
Winter Championship ShtanUdachi レノメイジ 2017-03-23
AsiaPacific Winter Playoffs Tom60229 レノメイジ 2017-02-26
AsiaPacific Winter Playoffs Yulsic レノメイジ 2017-02-26
AsiaPacific Winter Playoffs 準優勝 Palmblad レノメイジ 2017-02-26
AsiaPacific Winter Playoffs 優勝 b787 レノメイジ 2017-02-26
AsiaPacific Winter Playoffs Sweep レノメイジ 2017-02-26

もっと見る

-人気記事, 参考デッキ

ハスゲおすすめ記事

ZLM76QPJEUMH1411006824836 1
【コラム】あなたがレジェンドになるために必要なこと

『レジェンドランクになるためには・・・』 ハースストーンをプレイするユーザーは誰 ...

main_img 2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

amazoncoin_ungoro 3
【限定セール中】全ての課金が20%以上お得に【Amazonコイン】

ハースストーン、パズドラ、白猫プロジェクトなどの様々なゲームに課金する際、一番安 ...