ハースストーンデッキ検索|HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

636232991176377676

【公式インタビュー】新スタンダード:マンモス年や殿堂入りについての見解まとめ

2017年2月22日、Blizzardよりハースストーン開発者によるライブストリームが放送されました。本記事ではインタビューに対する応答内容を日本語にて解説しています。主に新スタンダードのマンモス年や殿堂入りについて言及され、その他様々な部分についても触れられています。

Developer Insights Live - Year of the Mammoth Q&A

この放送は、ゲームディレクターのBen Brode氏と、ゲームデザイナーのMike Donais氏によって実施されました。内容は、「新スタンダードのマンモス年」などのカテゴリーについて見解を述べつつ、ユーザーからの質問にリアルタイムで応対していくというものでした。

新スタンダードや殿堂入りについて以前発表された下記記事についての質疑応答になるため、まずはこちらを見ておくことをオススメします。
新スタンダード『マンモス年』:6枚の栄誉の殿堂入り/新スキン/ストーリーモードの発表

注目のトピック

・闘技場について今週に発表がある
・過去に下方修正されたカードの効果を戻して殿堂入り扱いする可能性がある

闘技場(アリーナ)の変更について

・今週末に闘技場の変更について公式サイトでアナウンスします

殿堂入りするカードについて

・殿堂入りするカードは、パックからは出現せず魔素による作成でのみ獲得することができる
・殿堂入りするカードに厳格なルールは存在しない
クラシックカードが支配するような環境にならないよう、今後も新たなカードが殿堂入りする可能性はある
《凄まじき力》は今問題を抱えるカードではないが、今後の拡張でウォーロックに多様性を与えるために大ダメージを手軽に出せるカードを排除した
《ガジェッツァンの競売人》は殿堂入りする可能性が高かったが、使いこなすには高い技術を必要とする良いカードのため今年の殿堂入りは見送られた
・過去下方修正された効果を元に戻して殿堂入りすることは2018年以降に検討している
《溶岩の巨人》などがそれにあたる。《千刃乱舞》はワイルドだとしても強力のため制約はつけると思われる。

新スタンダード:マンモス年について

・2017年は、ゲームをより良くするために小さい変更も加える
・拡張セットを年3回に変更することで全体的に楽しくなると感じている
・拡張セットは、アドベンチャーよりもメタに与える影響が大きく、その分多くのデッキを開発することができる
・拡張セットの1人モードによる報酬はカードパックになるだろう
・拡張セットの1人モードにおける難易度はアドベンチャーよりもむずかしくなるだろう
└アドベンチャーと違い隔週で何回も追加されるコンテンツではないため
└少なくとも今年はヒロイックモードの実装は考えていない

・スタンダードの最終目標は「新鮮だと感じること」
・スタンダードのためにファンデッキを潰すことは避けたい

ワイルドについて

・今年はワイルドフォーマットがより活性化する
・ワイルド専用のコンテンツも検討しているが、今すぐアナウンスできることはない
・ワイルドのレジェンドランキング公開も考えている

ランク戦について

・全体の約4割ものプレイヤーがランク20付近にいる
・フロアルールは全ての問題を解決することではないと感じている
・フロアルールは様々なプレイヤーにとって星を獲得する助力になる
・最低ランクが補償されることでどのランク帯でもデッキを研究することができる
└ファンデッキも増える分、登りやすくなる可能性もある
・レジェンドランクのブランドを守るためにも修正後にレジェンドプレイヤーが大量に溜まるようなことは良くないと考えている

無料プレイについて

・ハースストーンは基本的に無料で遊べるゲームである。それを感じられるように努力をする。

既存カードの強化について

・クラシックカードについて、殿堂入りではなく使われていないカードの強化を検討したが、ゲームスピードがあまりにも加速するため断念した
・古いカードを強化することはリスクが高く、新しいカードをリリースしてメタを回したい

今後のメタについて

・アグロデッキは今後落ち着きを見せると思われるが、それは《レノ・ジャクソン》を失ったコントロールデッキにも言えることだ
・今度も回復カードは登場しますが、おそらく中立ではなくクラス固有のカードとなる
・ローグの特色である隠れ身能力が(《隠蔽》の殿堂入りによって)弱体化されるため今後新たな特色をコンボ以外にも検討している

新拡張の公開テストについて

・現状の問題は、新しいコンテンツをどうやったら長く楽しめるのか。公開テストは単にメタの回転を早め寿命を縮めてしまう可能性がある

コンボについて

・ハースストーンには様々な種類のコンボデッキが存在し、色々なカードが注目されるチャンスである
└良いコンボは、大きな優位性をもたらす(相手を倒さず)ものや、数ターンにかけてセットして発動するものなどがある
└逆に、1ターンで相手を倒すようなコンボは良くない

メタデッキについて

・Blizzardが、多くのコミュニティサイトにあるような特定のデッキを宣伝する必要はないと考えている
・ユーザーが発見できていないような強力なデッキはありますか?に対して
└ユーザーが常に開発をしていますが、(あまり開発されていないデッキにおいて)より改善されているデッキもある

開発陣の人数

・開発陣は現在も拡大を続け70名を超える

配信録画


よく一緒に読まれている記事

-記事

ハスゲおすすめ記事

hearthstone_crafting 1
【2017年版】作成/クラフトするべきカード一覧表

ハースストーンで魔素(ダスト)が溜まった時、どんなカードを作成すれば良いのか悩ん ...

main_img 2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

slack-imgs 3
【限定セール中】全ての課金が20%以上お得に【Amazonコイン】

ハースストーン、パズドラ、白猫プロジェクトなどの様々なゲームに課金する際、一番安 ...