ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

【デッキガイド】コントロールメイジ/発見メイジ デッキ解説

2017/12/11

スタンダードに対応した【コントロールメイジ】のデッキリストを掲載しています。コントロールメイジがどういったデッキなのか特徴を簡潔に記載し、相性として得意なデッキと苦手のデッキを公開。細かいプランに対応したマリガンガイドを掲載しています。その他、大会とランク戦で上位の結果を出したデッキレシピも全て確認することができます。

目次

デッキリスト

※スタンダード使用不可のカードはグレー表示になります。

コントロールメイジ




デッキの特徴

防御に徹底した呪文による防御力

メイジの特徴である大量の呪文を採用している。特に全体除去が強力で《ブリザード》《フレイムストライク》を筆頭に豊富に採用している。

絶対防御《アイスブロック》

どんなダメージを受けたとしても、そのターンは死ぬことが無い絶対防御。次のターンに絶対に死なないことを利用し前のターンから攻めに転じ、《ファイアーボール》などのダメージ呪文を合わせて2ターンキルする戦術は基本的と言える。

フィニッシャーに《凍血の魔王妃ジェイナ》《ドラゴンコーラー・アランナ》を採用

《凍血の魔王妃ジェイナ》:ヒーローパワーで相手ミニオンを倒す度に、回復効果付きの《ウォーター・エレメンタル》を生み続ける。《ウォーター・エレメンタル》を処理するとライフを削ることができず、ライフを削っても《ウォーター・エレメンタル》に徐々に回復されるため、追い詰めたはずのライフもじわじわと増え最後には戦意をも奪い去る。

《ドラゴンコーラー・アランナ》:たった1枚で5/5を4体以上召喚することができる。全体除去が無い相手や、全体除去を打たせたあとにこのカードを出すことてゲームエンドとなる。

デッキの派生

大きく分けて【テンポ型】【コントロール型】が存在する。しかし、混合型や派生も多く存在しリストは多岐に存在する。

テンポメイジ寄り

マナ・ワーム

《マナ・ワーム》の採用が特徴的。《炎の大地のポータル》も入り盤面を取ることに長けている。《ガーディアン・メディヴ》をフィニッシャーとし、遅いデッキには押し切る強さもある。下記に説明するフリーズ系のカードが採用されていない。

フリーズメイジ寄り

ブリザード

《フロストノヴァ》《ブリザード》を採用し【フリーズメイジ】の流れを組む。《終末予言者》+フリーズの動きが強力で、ミニオンを横に並べるデッキには非常に有利に働く。

コントロールメイジが得意なデッキ

【クエストメイジ】【フリーズメイジ】

デッキのミニオンが多いため、火力の差で有利になる。特に【クエストメイジ】はこちらにも《アイスブロック》がある分、1ターンキルされないことが大きい。逆に【クエストメイジ】側は《アイスブロック》を割るターンとEXターンを同時に仕掛けてくるため打点計算を毎ターンすること。

【ミラクルローグ】

ローグは回復カードがほぼ採用されず、大型ミニオンも少ないため全体的に優位と言える。

フリーズ型が有利:【マーロックパラディン】【進化シャーマン】

横並びの展開には滅法強くなる。【進化シャーマン】には《退化》があり《終末予言者》が通らないため、《ブリザード》でとめて《火山ポーション》で次ターン追撃するなど2つ目のプランを持っておこう。

コントロールメイジが苦手なデッキ

【海賊ウォリアー】【フェイスハンター】

準備が整う前にライフを削りきられるアグロデッキが弱点。その中でも、盤面のミニオンではなく武器やヒーローパワー、突撃を持つミニオンを豊富に持つようなデッキにより弱い。

勝利プラン

勝利プランには大きく2種類、「テンポプラン」「コントロールプラン」が存在する。そして、攻めるだけでも守るだけでも勝てないコントロールデッキ相手に最大効率化でカードをプレイする「バリュープラン」がある。

①テンポプラン

《マナ・ワーム》を採用しているテンポ型の構築の場合に取りやすいプラン。主にドルイドやローグなど、低速であったり防御力が低いデッキ相手に先行して攻めていくスタイルを指す。

《魔法学者》《メディヴの従者》も合わせ序盤で盤面を優位にとり、生き残ったミニオンで相手ライフを削っていき《ファイアーボール》《炎の大地のポータル》を使いライフを0にするプランを指す。《ガーディアン・メディヴ》《アレクストラーザ》《凍血の魔王妃ジェイナ》などを優位な盤面で召喚することができれば勝利は目前と言える。一度全体除去で盤面の逆転に成功した時にとることもある。

②コントロールプラン

《フロストノヴァ》《ブリザード》を採用しているフリーズ型にとりやすいプラン。主にアグロデッキ全般とミッドレンジのデッキにとるプラン。

相手の攻めを徹底的に防ぎ、相手の手札と盤面を0にすることを狙う。自分の攻め札はゲーム終盤になれば《凍血の魔王妃ジェイナ》で確保でき、そのままライフリソースの回復も担える。相手のリソースが切れればライフを0にすることも容易いため、守るために自身に《アレクストラーザ》を打つ場面が多い。

③バリュープラン

《ガーディアン・メディヴ》《炎の大地のポータル》を採用している場合にとりやすいプラン。相手からは攻めてこないコントロールデッキと対峙した際に必要となる。

現在、このバリュープランで最も強力な一手は《凍血の魔王妃ジェイナ》の召喚である。ライフとミニオンを半永久的に増やし続けることができるこのカードはコントロールキラーとなる。そして、他にも有効なコンボとして《ガーディアン・メディヴ》に対して《炎の大地のポータル》《メテオ》を合わせて大型ミニオンを展開していくプランも強力と言える。もちろん全体除去を使用させるかチェックしてからのプランとなる。

マリガン(重要)

※テンポ型とコントロール型両方のキープカードを記載

必ずキープ

《マナ・ワーム》《魔法学者》《メディヴの従者》

《マナ・ワーム》がある場合

《フロストボルト》《始原の秘紋》

相手がアグロとわかっている場合

《フロストボルト》《火山ポーション》《終末予言者》
《ブラッドメイジ・サルノス》+《火山ポーション》
《終末予言者》+《フロストノヴァ》

相手がコントロールとわかっている場合

《凍血の魔王妃ジェイナ》を最優先で、無ければ《ガーディアン・メディヴ》

序盤のミニオンがある場合

《始原の秘紋》

各マッチアップの戦術

※下記のガイドは以前のものになるため一部情報が古い場合があります

海賊ウォリアー

相性 5分〜微有利  勝利プラン 守りきる  追加マリガン 《フロストボルト》
 とにかくライフを守ります。《暴蝕ウーズ》は超キーカード、基本的に攻撃力3以上の武器を破壊したいです。序盤はとにかく相手のミニオンを可能な限り残さず、後半は秘策などで時間を稼ぎつつ可能な限り綺麗な盤面を維持して《アレクストラーザ》で自身を回復するのが理想。後攻の場合、相手の先行《南海の甲板員》にコインヒロパしてOK。

 《始原の秘紋》からのミラーイメージはかなり強いです。平均6点ぐらいのダメージを吸ってくれつつ、盤面も守ってくれるためテンポが取りやすいです。取れる状況なら積極的に取っていきましょう。

クエストウォリアー

相性 微有利  勝利プラン バリュー勝負  追加マリガン 《ガーディアン・メディヴ》
 《ガーディアン・メディヴ》の有無が勝率を大きく分けるマッチアップ。除去が豊富なため相手から出てくる挑発ミニオンにはあまり困りません。序盤はミニオンで装甲を削り盤面を取る→[アティッシュ]から《炎の大地のポータル》《パイロブラスト》で大型ミニオンを展開→《アレクストラーザ》で相手のヘルスを削りミニオンと残った火力でトドメを刺す、という流れが理想的です。

今のウォリアーは装甲を積むカードは《シールドブロック》ぐらいしかないので相手がミニオンに対応している間に火力で削りきることも多い。負け筋は相手の挑発が盤面に何体も並び処理できなくなくことなので可能な限り盤面は取られないようにしましょう。

ミッドレンジパラディン

相性 5分  勝利プラン バリュー勝負、フリーズメイジ  追加マリガン 無し
 試合によってプランを変更するため難しいマッチアップ。序盤の動きがパラディンの方が強いため早い段階で攻め込まれたら勝つのが難しくなる。もし耐えることができればメイジのバリューの高いカード押し返することが可能になる。

《光の王ラグナロス》を処理することができれば、もしくはAOEであらかじめ相手のミニオンにダメージを与え、ラグナロスの回復を不確定にできればフリーズメイジプランを視野に入れることができる。《太陽の番人タリム》がいるため横にミニオンが並んだ時には要注意。

《動物変身》《ティリオン・フォードリング》に使いたいが《暴蝕ウーズ》もいるためこだわりすぎるのもよくない。

マーロックパラディン

相性 微不利  勝利プラン 守りきる  追加マリガン 《フロストボルト》
 ミッドレンジパラディンに比べるとバリューは低いが序盤から並べてくるため難しいマッチアップ。《マーロックの戦隊長》《温厚なメガサウルス》は要注意、これらが出てくる前のターンに盤面のマーロックを減らしておきたい。後半まで耐えれば盤面を取り返すのが楽になり有利に進められる。このマッチアップも《太陽の番人タリム》は要注意。

クエストローグ

相性 微不利  勝利プラン フリーズメイジ  追加マリガン 無し
 一般的に不利と思われているが戦い方を覚えれば勝ちを拾えるマッチアップ。ローグには回復がないためとにかく顔に行くのがポイント。クエストローグがクエストを達成するターンは5ターン目前後が多い。それまでミニオンでフェイスを少しでも削りながらカードを引きます。

クエストを達成された後はミニオンとの勝負ができなくなるので《アイスブロック》で耐えながら火力をフェイスに打って押し切ります。常に手札に火力が何点あるかとその火力をどのターンに打つかを考える必要があります。余裕があるときは《怪盗紳士》から取られたカードを警戒しましょう。

ミラクルローグ

相性 有利  勝利プラン フリーズメイジ  追加マリガン 無し
 戦い方はクエストローグと同じ。クエストローグに比べると遅い分戦いやすいです。《ガジェッツァンの競売人》はミラクルローグのキーカードなため次のターンリーサルにならない限り除去をするべき。クエストローグとの大きな違いは《幻覚》の存在。《アイスブロック》《呪文相殺》などでリーサルケアをしてくる場合があるのでしっかりケアできるように頭に入れておきましょう。

コントロールメイジ

相性 5分  勝利プラン バリュー勝負、フリーズメイジ、(ファティーグ)  追加マリガン 《ガーディアン・メディヴ》

 状況に適応できる手札を持っている方が勝ちます。《ガーディアン・メディヴ》をキープする理由は[アティッシュ]はミラーではかなり強力だから、そして相手が《暴蝕ウーズ》を持っている可能性が最も低い8ターン目(後攻はコインを使って7ターン目)に出せるから。

最も多い勝利パターンはフリーズメイジミラーのように先に相手のアイスブロックを割り、自身をアイスブロックで守りながらとどめを刺すこと。故に《始原の秘紋》《カバールの飛脚》から《アイスブロック》を取れるともう1ターン生き延びることができるようになり一気に逆転をできる場合もある。

また《アレクストラーザ》の使い方も重要。攻めに使う場合は自身が残りの15点を詰めることができるかをしっかり確認してから使う。守りに使う場合は相手のダメージスペルを《アイスブロック》で受け切ってから自身に使い、相手のダメージ切れを誘う。

また《炎の大地のポータル》などの大型ミニオンで盤面が完全に取れている場合は、数ターンのリーサルプランと自身を守りきるプランが完全でない場合は、攻めの《アレクストラーザ》を我慢することをお勧めする。盤面を取られた状況だと相手はフェイスに火力を打つしか勝ち筋がないため、《アイスブロック》でしのいだあと、守りの《アレクストラーザ》で完全に相手をシャットアウトすることが可能になる。

 これはかなりややこしいマッチアップですが、迷ったら思い切ったプレイ(30点から火力をフェイスに打ち出すなど)をすることをお勧めします。《暴蝕ウーズ》は相手の[アティッシュ]を剥がすためにとっておくようにする。《アイスブロック》は可能な限り1に近い数字で割る。

フリーズメイジ

相性 5分  勝利プラン フリーズメイジ、(ファティーグ)  追加マリガン 無し
 違うデッキですが【コントロールメイジ】と【フリーズメイジ】は同じカードがかなり多いので戦い方はミラーと似ています。大きな違いは【コントロールメイジ】には攻撃できるミニオンがいる、【フリーズメイジ】はそのミニオンを凍結できる、もっとドローがあるという点。故にこのマッチアップもミラーと変わらず、先にアイスブロックを割った方が有利になりやすいということになります。【コントロールメイジ】側として意識するべきことは、自身には《炎の大地のポータル》があるため火力が少し多く《アレクストラーザ》を待たずに攻め始めても良いということ、そして【フリーズメイジ】側の方がドローが進みやすいためファティーグ勝利も狙えるということ。

アグロドルイド

相性 不利  勝利プラン 守りきる  追加マリガン 《フロストボルト》
 かなり厳しいマッチアップ。序盤から大量のミニオンを展開できるドルイドに対して、対応できるカードは《火山ポーション》しかありません。《火山ポーション》で盤面を返せたとしても《動き回るマナ》などで再展開をされた場合は《フレイムストライク》まで待つことになってしまいます。それを防ぐため、序盤は《魔法学者》などのミニオンや《フロストボルト》などのスペルで耐える→秘策などで粘る→《火山ポーション》などのAOEにつなぐ→《アレクストラーザ》で自身を回復、というプランが理想です。

【アグロドルイド】はリソースが切れやすいデッキなので相手の手札の残り枚数と相談してAOEを切るかどうか決めて、リソース切れをさせましょう。

翡翠ドルイド

相性 微不利  勝利プラン テンポメイジ、バリュー勝負  追加マリガン 《マナ・ワーム》《魔法学者》の両方ある場合は《炎の大地のポータル》《ガーディアン・メディヴ》
 基本不利ではあるが全然まくれるマッチアップ。ドルイドは確定除去がないため大型ミニオンに対応することができません。そのため自身のミニオンをミニオンを出しながらしっかり相手が出してくるミニオンを除去して、《ガーディアン・メディヴ》《アレクストラーザ》大型ミニオンを盤面に叩きつけて相手が対応できないままリーサルまで削り切ります。

 《メテオ》で複数体のミニオンを可能ならば除去したいですが単体除去でもそれほど問題はありません。《動物変身》も同じく《アヤ・ブラックポー》に使えるのがベストですがテンポを取れるターンならば大型ミニオンの除去に使っても問題ありません。

ミッドレンジハンター

相性 不利  勝利プラン 守り切る、(フリーズメイジ)  追加マリガン 《フロストボルト》《暴蝕ウーズ》
 厳しいマッチアップです。回復手段が少ないこのデッキは攻撃的なプレイスタイルをとても苦手とします。《アイスバリア》《アレクストラーザ》でライフを回復しても、盤面を相手に取られているとヒーローパワーで削り切られてしまうことも少なくありません。

序盤は自身もミニオンを出しながら《フロストボルト》《火山ポーション》などで相手の盤面を残さないように意識し、盤面が取れた状態での《アレクストラーザ》の回復、または《アイスブロック》で自身を守りながら逆に攻めに転じて削り切られる前に倒す、という二つのパターンがあります。

 このデッキには相手の《サバンナ・ハイメイン》に対応できるカードが《動物変身》のみのため、手札に残しておきたいことが多いですが、その前にライフを削られたら元も子もありません。自分の手札とライフ数と相談しながら《動物変身》の切りどころを決めましょう。《猟犬使い》は要注意です。相手の4ターン目に獣が残らないようにしましょう。

《暴蝕ウーズ》は相手のデッキに武器が入ってるとわかっていればキープしますが、武器が入っていないリストもあるので基本的にはマリガンで返します。

ドラゴンプリースト

相性 微有利  勝利プラン バリュー勝負  追加マリガン 《ガーディアン・メディヴ》
 人によって有利不利が別れるマッチアップですが、《ガーディアン・メディヴ》をしっかり引ければ有利です。【ドラゴンプリースト】もバリューの高いデッキですが、マンモス年になり多くのドラゴンがワイルドへ行ったため全環境ほどバリューが高いデッキではなくなりました。

意識することは《ガーディアン・メディヴ》までしっかり繋いで、大型ミニオンラッシュで相手をしっかり制圧していくことです。もし《ガーディアン・メディヴ》が引けない場合は攻め込まれないように注意しながら《カバールの飛脚》などでバリューの高いカードを選び勝負します。あまりライフを圧迫してくるデッキではないので守り切ればいずれ《ガーディアン・メディヴ》まで繋がります。

エレメンタルシャーマン

相性 微有利  勝利プラン バリュー勝負、フリーズメイジ  追加マリガン 《フロストボルト》
 【エレメンタルシャーマン】のミニオンでプレッシャーをかけてはきますが、ミニオン自体のスタッツはあまり強くないのが特徴です。故に除去しやすいミニオンが多く、レイトゲームまで持ち込みやすく、《ガーディアン・メディヴ》からのバリュー勝負や、《アレクストラーザ》からのフリーズメイジプランが視野に入ります。シャーマンは回復カードは豊富なので、回復カードを数枚見てからフリーズメイジプランに持ち込むのが理想です。

 負け筋となるカードは《マナの潮のトーテム》です。このカードでは大量にドローされると除去が追いつかなくなり押し切られてしまうので最優先で除去をしましょう。

知っていると勝率+数%アップする小ネタ

秘策について

 このデッキには《アイスバリア》《アイスブロック》の2種類の秘策があります。この2種がデッキに入っている場合基本的には《アイスバリア》を先に使うのが鉄則なのですが、手札に《メディヴの従者》がある場合のみは場に残りやすい《アイスブロック》を先に貼って次のターンにしっかり3点出せるようにしましょう。

《始原の秘紋》から秘策

 《始原の秘紋》から取ってくる秘策は1マナです。マナが軽いぶんすぐに出したくなりますが、実は我慢することも大事な時があります。《アレクストラーザ》や[ガーディアン・メディブ]を出すターンに一緒に秘策を貼ると大型ミニオンを守ることが可能になり、相手を困らせることも可能になります。

《メテオ》の使い方

 《メテオ》は基本的には単体除去という認識です。隣にいるミニオンを3点で倒せたらラッキーぐらいに思いましょう。《魂抽出》とほとんど変わらないと考えれば妥当だと思います。

このデッキの良いところ(勝率アップじゃないけど)

 各マッチアップの相性をみると5分、微有利、微不利が多いのが目立つと思います。このデッキは従来の【テンポメイジ】のように明確な有利不利があるわけではなく、全てのデッキに勝てる可能性があるデッキです。故に様々なデッキに当たるラダーではプレイングさえ磨けばかなりの勝率を出すことが可能になり、かなりラダー向きのデッキだと言えます。

代替カード

現在の【コントロールメイジ】のコアとなるカードはこの23枚です。
スクリーンショット 0029-04-24 23.25.33

残りの7枚の枠をこれらのカード争います。
スクリーンショット 0029-04-24 23.25.43

有名プレイヤーのリストを見たりメタによってリストを変えてみることをお勧めします。

ランク戦上位のデッキ

デッキ名 時期
S45 レジェンド12位 HotMEOWTH コントロールメイジ 2017-12-15
S45 レジェンド6位 DacRyvius コントロールメイジ 2017-12-09
S43 レジェンド3位 Gaara コントロールメイジ 2017-11-01
S43 レジェンド4位 Zananananan コントロールメイジ 2017-10-27
S42 レジェンド11位 Breezy コントロールメイジ 2017-09-23
S41 レジェンド上位 Purple コントロールメイジ 2017-08-24
S40 レジェンド1位 APXVoiD コントロールメイジ 2017-08-01
S40 レジェンド1位 Vorder コントロールメイジ 2017-07-29
S39 レジェンド最速1位 JohnnyBlack コントロールメイジ 2017-06-05
S38 レジェンド2位 Ryusei コントロールメイジ 2017-05-30

もっと見る

大会入賞デッキ

デッキ名 時期
2017 EU Summer Playoffs ベスト4 Oldboy コントロールメイジ 2017-09-04
2017 HCT Spring Championship ベスト4 Neirea コントロールメイジ 2017-07-07
2017 Asia Spring Playoffs ベスト4 CitizenNappa コントロールメイジ 2017-06-05
2017 NA Spring Playoffs 準優勝 Kuonet コントロールメイジ 2017-06-04
2017 EU Spring Playoffs ベスト4 Neirea コントロールメイジ 2017-05-21
2016年冬季日本選手権 優勝 mattun レノコントロールメイジ 2016-03-13

もっと見る

よく一緒に読まれている記事

この記事について話し合う

このページをシェアする

-人気記事, 参考デッキ

ハスゲおすすめ記事

1
『コボルトと秘宝の迷宮/Kobolds & Catacombs』の全カード評価まとめ

新カードパック『コボルトと秘宝の迷宮/Kobolds & Catacombs』の ...

2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

3
【使い方ガイド】一番安く課金をするなら『Amazonコイン』【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...