ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

【デッキガイド】テンポメイジ/秘策メイジ デッキ解説

2018/06/05

スタンダードに対応した【秘策メイジ】(テンポメイジ)のデッキリストを掲載しています。秘策メイジがどういったデッキなのか特徴を簡潔に記載し、相性として得意なデッキと苦手のデッキを公開。細かいプランに対応したマリガンガイドを掲載しています。その他、大会とランク戦で上位の結果を出したデッキレシピも全て確認することができます。

このデッキはシークレットメイジとも呼ばれています。(略称:シクレメイジ)
また、最近では秘策を採用していてもテンポメイジと呼称されます。


目次

デッキリスト

※スタンダード使用不可のカードはグレー表示になります。

秘策メイジ

デッキの特徴

秘策を活用したテンポデッキ

メイジは秘策と相性が良いカードが存在する。これらのカードを駆使して戦うテンポデッキ。

《魔法学者》:デッキから秘策を1枚引く
《キリン・トアのメイジ》:手札の秘策のコストを0にする

採用する秘策も非常に強力。下記は採用されやすい秘策の一覧。

《爆発のルーン》:相手が召喚したミニオンに6点貫通ダメージ
《鏡の住民》:相手が召喚したミニオンを自陣に召喚する
《呪文相殺》:相手の魔法を無効にする
《スペルベンダー》:対象にとる呪文を発動した時対象を1/3のトークンに入れ替える

メイジの強力なダメージ呪文でフィニッシュ

メイジは強力な呪文が多く存在する。それらの呪文を駆使して盤面を制圧したり、相手ライフを0にする。

《フロストボルト》:ミニオンの処理、ミニオンや武器を所持するヒーローの凍結、トドメの一撃など全てにおいて強力
《ファイアーボール》:大型ミニオンの処理、最後のバーストダメージ要員

《アルネス》によるリソース回復

アルネス

毎ターン3枚ドローしていくとデッキが数ターンで無くなるものの、あらゆるダメージ呪文を引き全てを顔面に放つことで相手ライフを0にする。これにより挑発が並んでいてもダメージを与えることができる。

使用上の注意

《呪文相殺》は相手のコインを見てから

《呪文相殺》は非常に強力なカードだがコインでかき消されてしまうことを注意。
タイミング的に《鏡の住民》《爆発のルーン》を貼ったように見せかけてプレイできると、相手にコインを使わせず呪文を発動してもらえる場合がある。
逆に、《鏡の住民》《爆発のルーン》《呪文相殺》と思わせることができれば、うまく相手のミニオンを秘策でとらえることができる。

※しかし、2017春季世界選手権出場者のTredsred選手が「上級者同士の戦いだと,呪文相殺が貼られるまでコインは絶対に切らないんです。なので1枚目の呪文相殺はコインで阻止されるので、貼ることに躊躇しなくていいんですよ。」と発言したこともある。必ずそうする必要も無い。
▶4Gamer

勝利プラン・コンボ

①ダメージ呪文を顔面に放ち勝利

《ファイアーボール》はミニオンではなくヒーローに打つカードである。もちろん、大型の挑発に打つ場合もあるが基本的にフィニッシュプランのカードと言える。

コントロール相手には《アルネス》が重要になる。このプランを実行する上でほぼ必須と言える。採用している場合は《大魔術師アントニダス》から1マナ呪文を連打して《ファイアーボール》を生成することも重要。

②序盤のミニオンの火力で押し切る

《マナ・ワーム》《魔法使いの弟子》が数ターン生き残った場合にありえる勝利プラン。攻撃力が5以上になった《マナ・ワーム》《ミラーイメージ》で守り相手ミニオンは《フロストボルト》で除去していく。このプランでは《ファイアーボール》も相手ミニオンの除去に使う場合が多い。それ以上のダメージを守ったミニオンで出せるからだ。

《焦らすカラス》が入っている場合は1マナ呪文とかけ合わせて強力な盤面を形成して勝利することができる。主に全体除去を持たないデッキに強い戦術。コントロール相手に除去を強制的に吐かせることも可能。

上記2つの勝利プランは混合しやすく、②から入り①に移行するといったことが多い。

基本的なマリガン

参考リストに採用されているカード以外にも、採用される可能性があるカードを含めてマリガンを記載しています

必ずキープ

《魔法学者》《マナ・ワーム》《魔法使いの弟子》《キリン・トアのメイジ》
《カバールの下っ端》が無くなり《キリン・トアのメイジ》の重要性があがった。そもそも後半は呪文でダメージを出すデッキのため、ミニオンが最も必要な序盤に備えてキープする必要がある。

《キリン・トアのメイジ》がある時

秘策を1種キープ
相手がクエストデッキでも無いかぎりは《爆発のルーン》が最優先
自分が後攻であれば《呪文相殺》でも良い

相手がアグロデッキの場合

《魔力の矢》
《魔法使いの弟子》がいれば《ミラーイメージ》《シンドラゴサの吐息》

相手がコントロールデッキの場合

《アルネス》:コントロールデッキ相手にはミニオンが乏しいこのデッキで削りきるのは厳しいためほとんどの場合が呪文によるダメージで勝利を狙うことになる。そのプランの場合このカードが必須に近いためキープする必要がある。
※各デッキ毎、その時の手札の組み合わせにより複雑に変化します。

デッキ毎のマッチアップ

テンポメイジが得意なデッキ

秘策メイジはコストを踏み倒すことで生じるボードアドバンテージを活かし、その間に相手を削りきる。相手に準備する時間を与えないためスタートが遅いデッキに対して有効と言える。

【コントロールプリースト】【コントロールウォーロック】【挑発ドルイド】【コントロールメイジ】

相手が遅いため、呪文を引ききった上で全て顔面に打ち込むことで、回復量を上回り勝利することができる。
キューブロックは《ドゥームガード》《肉食キューブ》による増殖に耐えることができないため微有利程度となる。

アグロ以外のローグ

相手の立ち上がりが遅く、序盤のミニオンの攻撃と呪文ダメージで焼き切ることができる。相手は回復が無いため盤面をとられるとしてもダメージ呪文を顔面に打ち込むことが重要。

テンポメイジが苦手なデッキ

基本的にアグロデッキは得意としていない。秘策がアグロ相手には大きなアドバンテージを稼ぐことができず、展開された盤面を取り返すことができない。

パラディンデッキ全般

全体除去を持たないため展開力が強いパラディンデッキに太刀打ちすることができない。余計な呪文を引くことなく、ミニオンだけでしっかり展開する必要がある。

【性悪ドルイド】

《性悪な召喚師》の大型ミニオンを対処することができない。できるだけそのまえに展開していきたいが《精神支配技士》にも引っかかるため注意が必要。

ランク戦上位のデッキ

デッキ名 時期
S51 レジェンド25位 Myth555 秘策メイジ 2018-06-18
S50 レジェンド42位 ChaboDennis 秘策メイジ 2018-06-01
S50 レジェンド11位 Kranich 秘策メイジ 2018-05-29
S50 レジェンド Apxvoid 秘策メイジ 2018-05-24
S50 レジェンド53位 Albrigtsen 秘策メイジ 2018-05-22
S49 レジェンド5位 Apxvoid 秘策メイジ 2018-04-30
S49 レジェンド2位 Furyhunter 秘策メイジ 2018-04-28
S49 レジェンド48位 Kapi 秘策メイジ 2018-04-27
S49 レジェンド24位 Dazzar 秘策メイジ 2018-04-25
S49 レジェンド1位 Mikolop 秘策メイジ 2018-04-25

もっと見る

大会入賞デッキ

デッキ名 時期
HCT Europe Turna GroupA 優勝 秘策メイジ 2018-05-07
HCT Europe Bunnyhoppor GroupB 優勝 秘策メイジ 2018-05-07
HCT Taipei Switch 優勝 秘策メイジ 2018-04-30
HCT Taipei Staz 準優勝 秘策メイジ 2018-04-30

もっと見る

よく一緒に読まれている記事

このページをシェアする

-人気記事, 参考デッキ
-

ハスゲおすすめ記事

1
『妖の森ウィッチウッド/The WitchWood』の評価と新カード一覧

ハースストーン新カードパック『妖の森ウィッチウッド/The WitchWood』 ...

2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

3
【使い方ガイド】一番安く課金をするなら『Amazonコイン』【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...