ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

【デッキガイド】海賊ウォリアーの特徴 マリガンとマッチアップについて

2017/12/12

スタンダードに対応した【海賊ウォリアー】のデッキリストを掲載しています。海賊ウォリアーがどういったデッキなのか特徴を簡潔に記載し、相性として得意なデッキと苦手のデッキを公開。細かいプランに対応したマリガンガイドを掲載しています。その他、大会とランク戦で上位の結果を出したデッキレシピも全て確認することができます。
このデッキは略称で「海賊ウォリ」と呼ばれています。

目次

デッキリスト

※スタンダード使用不可のカードはグレー表示になります。

海賊ウォリアー




デッキの特徴

【海賊ウォリアー】は1マナの速攻ミニオン強力な武器が採用され、武器とミニオンで相手ライフを最速で0にすることを目指すアグロデッキ。

豊富な武器と海賊ミニオン

デッキが武器と突撃ミニオンで構成されているため、アグロデッキとしてライフを削る速さであればトップクラスを誇る。ミニオンがいない状態からでも打点を出すことができるため、盤面を返されてもそのまま攻め続けることができる。

強化した武器で押し切る

《アルカナイト・リーパー》《ブラッドセイルの狂信者》で耐久力ごと強化することで1枚で18点以上ものダメージを叩き出すことができる。これによりコントロールデッキにも強引に押し切ることができる。

勝利プラン・コンボ

①序盤の盤面をとって勝利
武器カードを序盤のトレードに用いて、最低限自身のミニオンを守り盤面の優位を維持した状態でフィニッシュ。5-6ターン以内で勝つ場合はこの勝ち方が多い。とはいえあくまでも相手ミニオンの処理は最低限に抑えること。

②全てを顔面に叩き込み勝利
武器もミニオンも全て相手の顔面に向かいライフを0にすることのみ狙う。基本的に①のプランが成立しなかった時に②に移行する場合が多い。手札が0になることも多く《アルカナイト・リーパー》などをトップする想定で相手ライフを詰めにいく必要がある。

各マッチアップごとのマリガンと戦術

基本的にキープ:《ン=ゾスの一等航海士》《ケレセス公爵》《烈火の戦斧》《南海の船長》

《烈火の戦斧》があれば:《悪辣なる海賊》
└3ターン目《烈火の戦斧》→4ターン目《悪辣なる海賊》+《ブラッドセイルの狂信者》が強力。

対シャーマン戦

攻めていく上で、《ン=ゾスの一等航海士》《南海の甲板員》《海賊パッチーズ》と体力1点のミニオンが並びやすいこのデッキはうかつに展開すると2ターン目の《メイルシュトロームのポータル》で処理されてしまう。そのため、序盤体力2点以上のミニオンや武器で攻めていくことが重要。

シャーマンに負ける要因は《地底よりのもの》などでの挑発及び、ヒーローパワーの挑発トーテムに攻撃が止められることが挙げられる。そのほかにも早期タイミングでの進化を利用した展開は非常に強力なので盤面の処理を最大限優先しつつリーサルも狙っていこう。
《退化》などを警戒して過剰展開を無いようにに展開を抑える工夫も必要。

対ウォリアー戦

対【海賊ウォリアー】
このゲームは《ブラッドセイルの狂信者》の効果が発動するか否かで大きく勝率が変わる。そのため、相手の場の海賊の除去が優先事項になる。

このマッチは特に《悪辣なる海賊》の出るタイミングが勝負を決定付ける場合が多い。《悪辣なる海賊》は相手の強力な[アルカナイトリーパー]を止められる可能性があるため1ターン凌いで一転攻勢する使い方が強力。《ブラッドセイルの狂信者》などと合わせて強く展開できる場合は出してしまっても構わない。

《ビタータイド・ヒドラ》をお互いに処理できなく処理すると大幅に不利に傾くことが多いのでこのカードを早いタイミングできっちりおけるとかなり有利になる。

【クエストウォリアー】・【コントロールウォリアー】
次々と挑発を持つミニオンが展開されるのでそれをしっかりヒーローで殴ってミニオンを守ろう。《アルカナイト・リーパー》による打点の確保と強い盤面の維持が重要。その上で乱闘は最大限警戒しよう。《ブラッドセイルの狂信者》の効果はとっておけるなら《アルカナイト・リーパー》に使用しよう。

対ドルイド戦

【翡翠ドルイド】
基本的に序盤が遅いドルイドには優位に試合が進む場合が多いが、《拡がりゆく虫害》《翡翠の巨象》などが出る場合はそうはならない。

【アグロドルイド】
動き回るマナを使用した【アグロドルイド】は全体除去をもたないこのデッキには処理やクロックでの勝負は少し厳しい。
《蓮華紋》《野生の力》を撃たれると厳しいため序盤から盤面をしっかり処理していこう。

【トークンドルイド】
《拡がりゆく虫害》により打点を大幅に打点を吸われてしまうことが考えられる。1/1などのミニオンは早めにぶつけてしまおう。基本的にはフェイスを急いで詰めたい。ヘルス5の挑発を抜けるように盤面を構築していくとよい。

対ローグ戦

【ミラクルローグ】

《幻覚》から手に入れた装甲を作るカードや挑発ミニオンが大きな負け筋になりえるため警戒しておこう。
《ヴァイルスパイン・スレイヤー》の採用によりミニオンが《腹裂き》以外でも処理されやすくなったため注意。

対【アグロローグ】
激しい盤面の取り合いをするマッチアップ。《死角からの一刺し》《SI:7諜報員》などといったテンポに秀でたカードを多く採用しているのでこちらは優秀な武器で向かい撃とう。
ローグは盤面を捌く能力が非常に高いので、《ブラッドセイルの狂信者》を発動させたい場合は、手札に1マナなどのミニオンをキープしておくことで、より安全に効果発動を狙えるだろう。

対ウォーロック戦

【ズー】
盤面の激しい取り合いが予想されるマッチアップ。武器を強化し相手のミニオンの展開を武器で潰しつつ、こちらの盤面を強化していこう。相手のヒーローパワーの兼ね合い上相手もフェイスを詰められることを嫌うので隙があればダメージを稼いでいこう。

対ハンター戦

対【呪文ハンター】・【秘策ハンター】
秘策を駆使し、盤面を構築してくる。相手の動向を伺い、秘策が何であるか考えつつプレイしよう。盤面の取り合いに秀でた秘策で優先的に貼られるのは《ワンダリングモンスター》があり、同じようなトリガーの《凍結の罠》《爆発の罠》も強力なので警戒しよう。

対メイジ戦

【フリーズメイジ】はこのデッキにとって特に困ることは無い。全体除去と凍結の前のターンに不用意に展開を重ねないことが重要。
《始原の秘紋》で加えたカードはマナが2下がるためフレイムストライクなどの全体除去を予め-2マナで考えておこう。

対【クエストメイジ】
基本的にはフリーズメイジと同じでどんどん顔を詰めていく戦い方が同じだが構築外から手に入れるカードで戦うデッキなので警戒しておこう。

対【秘策メイジ】
体力3のミニオンが多く《烈火の戦斧》を利用したテンポプレイが有効。[キリントアのメイジ]+《爆発のルーン》で大幅に有利に進められてしまうため、被害を最小限に抑えられるプレイを意識しよう。

対パラディン戦

対コントロールパラディン
基本的にパラディンは盤面で有利をとりやすく、《熱狂する火霊術師》+《平等》がとんでくるのも4ターン目と遅い。そのため序盤で一気に攻めて中盤は《アルカナイト・リーパー》で詰めきることが可能。《剣竜騎乗》《ボーンメア》の存在は警戒しよう。

【アグロパラディン】
マーロックは相互にバフをかけたりミニオンが並ぶことによってアドバンテージを稼ぐため、盤面の処理を基本最優先にしよう。特に
《マーロックの戦隊長》《温厚なメガサウルス》が強力なので効果を有効に使わせない立ち回りを意識しよう。

対プリースト戦

【ドラゴンプリースト】
基本的にはミニオンのテンポを出して盤面のクロックで押していこう。《光熱のエレメンタル》などのミニオンを武器で処理していけると試合を有利に進められる。
《ドラゴンファイア・ポーション》《ダスクブレイカー》の全体除去には注意。

対ハイランダープリースト
《カザカス》が出された場合被害を最小限にしつつプレッシャーを与えることが重要。全体除去をある程度警戒しつつ盤面を強く維持し、一気に決め切ろう。
ヒーローパワーでの回復以外に、《上級回復ポーション》《霊魂鞭打》《宴のプリースト》などが採用されているので急ぎすぎるとプランを崩される可能性を考慮しよう。

注意点

《終末予言者》の処理
基本的に序盤のこのカードに対する処理は盤面に存在するミニオンと《烈火の戦斧》での処理に止めたい。《ヒロイック・ストライク》《アルカナイト・リーパー》《必殺の一撃》など貴重な打点カードの使用は盤面が強固な場合のみに抑え、多少の盤面であれば破壊させてしまって問題無い。

無闇にこのミニオンに対してカードを消費してしまうことより顔面に消費した方が最終的に相手のライフを0にするターンが早まる可能性が高い。そのため、カード消費が無いミニオンでの処理に止めよう。

《カザカス》を出された場合
相手が取りたいのは5マナの全体4点ダメージ+α。基本的に出されたらこのポーションを取られている想定でプレイしよう。基本的に盤面にミニオンを並べすぎず武器強化を重視するが、逆に考えて5マナポーションのため発動すれば他の行動も抑えられるためあえて使わせる、ということも意識しよう。

《ゴラッカ・クローラー》の存在
このカードが採用されやすいデッキを予め把握しておこう。テンポを取りたいとき《泡を吹く狂戦士》《コルクロンの精鋭》を出すかなど考える必要がある。

代替カード案

環境の変化や、自分が足りないと感じた部分の補強、またはデッキのカードが足りない場合などに参考にしてください。

《ヒロイック・ストライク》
2マナ4点は強力だが、《ケレセス公爵》が入っている都合採用することはできない。《ケレセス公爵》を採用しない場合の有力な候補になる。

《スペルブレイカー》
挑発が多い環境ではこのカードは《必殺の一撃》より強力に作用する。

《必殺の一撃》
挑発をすり抜けてダメージを与えることが出来る。最大6点ダメージは強力。

《ナーガの海賊》《グリーンスキン船長》
武器を強化することで痒いところに手が届く性能。錆びたフックに使えばダメージが2倍になる。

ランク戦上位のデッキ

デッキ名 時期
S45 レジェンド9位 海賊ウォリアー 2017-12-12
S43 レジェンド4位 seven 海賊ウォリアー 2017-10-17
S42 レジェンド1位 zlsjs 海賊ウォリアー 2017-09-20
S42 Cursed 新型海賊ウォリアー 2017-09-19
S41 レジェンド1位 タコ3 海賊ウォリアー 2017-08-12
S40 レジェンド4位 ららら 海賊ウォリアー 2017-07-16
S39 レジェンド1位 rookie 海賊ウォリアー 2017-06-15
S39 レジェンド到達 ARAI エレメンタル海賊ウォリアー 2017-06-11
S38 レジェンド1位 tholwmenos 海賊ウォリアー 2017-05-27
S37 レジェンド4位 raya 海賊ウォリアー 2017-04-30

もっと見る

大会入賞デッキ

デッキ名 時期
2017 Asia Summer Playoffs 優勝 Surrender 海賊ウォリアー 2017-09-12
2017 Asia Summer Playoffs ベスト4 uya 海賊ウォリアー 2017-09-12
2017 EU Summer Playoffs ベスト4 Orange 海賊ウォリアー 2017-09-04
2017 HCT Spring Championship 優勝 Hoej 海賊ウォリアー 2017-07-07
2017 HCT Spring Championship ベスト4 Ant 海賊ウォリアー 2017-07-07
2017 Asia Spring Playoffs 準優勝 Tredsred 海賊ウォリアー 2017-06-05
2017 Asia Spring Playoffs ベスト4 CitizenNappa 海賊ウォリアー 2017-06-05
2017 NA Spring Playoffs ベスト4 Ant 海賊ウォリアー 2017-06-04
2017 EU Spring Playoffs 優勝 Hoej 海賊ウォリアー 2017-05-21
2017 EU Spring Playoffs ベスト4 Rdu 海賊ウォリアー 2017-05-21

もっと見る

よく一緒に読まれている記事

この記事について話し合う

このページをシェアする

-人気記事, 参考デッキ

ハスゲおすすめ記事

1
『コボルトと秘宝の迷宮/Kobolds & Catacombs』の全カード評価まとめ

新カードパック『コボルトと秘宝の迷宮/Kobolds & Catacombs』の ...

2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

3
【使い方ガイド】一番安く課金をするなら『Amazonコイン』【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...