ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

【デッキガイド】秘策メイジ/シークレットメイジ デッキ解説

スタンダードに対応した【秘策メイジ】のデッキリストを掲載しています。秘策メイジがどういったデッキなのか特徴を簡潔に記載し、相性として得意なデッキと苦手のデッキを公開。細かいプランに対応したマリガンガイドを掲載しています。その他、大会とランク戦で上位の結果を出したデッキレシピも全て確認することができます。

このデッキはシークレットメイジとも呼ばれています。(略称:シクレメイジ)

目次

デッキリスト

※スタンダード使用不可のカードはグレー表示になります。

シークレットメイジ




デッキの特徴

秘策を活用したテンポデッキ

メイジは秘策と相性が良いカードが多く存在する。これらのカードを駆使して戦うテンポデッキ。

《魔法学者》:デッキから秘策を1枚引く
《メディヴの従者》:秘策を伏せている状態で召喚すると3点ダメージ
《キリン・トアのメイジ》《カバールの下っ端》:手札の秘策のコストを0にする
《カバールのクリスタルの運び屋》:秘策を発動するごとにコストが2下がる

採用する秘策も非常に強力。下記は採用されやすい秘策の一覧。

《爆発のルーン》:相手が召喚したミニオンに6点貫通ダメージ
《鏡の住民》:相手が召喚したミニオンを自陣に召喚する
《呪文相殺》:相手の魔法を無効にする
《スペルベンダー》:対象にとる呪文を発動した時対象を1/3のトークンに入れ替える
《アイスブロック》:ライフが0になるダメージを受けた時無敵になる

メイジの強力なダメージ呪文でフィニッシュ

メイジは強力な呪文が多く存在する。それらの呪文を駆使して盤面を制圧したり、相手ライフを0にする。

《フロストボルト》:ミニオンの処理、ミニオンや武器を所持するヒーローの凍結、トドメの一撃など全てにおいて強力
《ファイアーボール》:大型ミニオンの処理、最後のバーストダメージ要員
《炎の大地のポータル》:中型ミニオンを破壊しながら中型ミニオンを展開できる。ヒーローに打てる点も強力

秘策メイジが得意なデッキ

秘策メイジはコストを踏み倒すことで生じるボードアドバンテージを活かし、その間に相手を削りきる。相手に準備する時間を与えないためスタートが遅いデッキに対して有効と言える。

【翡翠ドルイド】

相手がマナ加速している間に強力な布陣をひいてライフを削ることができる。《回廊漁り蟲》などを早い段階で展開できると非常に強力。《呪文相殺》を活かしてゲーム展開をしたい。

【ミラクルローグ】【コントロールウォーロック】

回復が少なく、序盤一気に攻めて後半は火力呪文をヒーローに打ち続けることで勝利することができる。《炎の大地のポータル》もヒーローに打つ場合が多いため、今の盤面を取るべきなのか否かを判断して進めよう。

秘策メイジが苦手なデッキ

基本的にアグロデッキは得意としていない。秘策がアグロ相手には大きなアドバンテージを稼ぐことができず、展開された盤面を取り返すことができない。

【マーロックパラディン】【アグロパラディン】

序盤の展開を止めきることができず押し切られる。マーロックパラディンは《水文学者》があるため《呪文相殺》も簡単に処理されてしまう。
《剣竜騎乗》《王の祝福》が採用されている場合が多いため《スペルベンダー》を採用することである程度緩和することができる。

【テンポローグ】

秘策にかかり辛く、展開するミニオンも止めきることができない。
相手に全体除去が無いため、序盤の盤面を制することができれば勝てるが、そのためにはベストな展開をする必要がある。
盤面が勝っているとしても《ヴァイルスパイン・スレイヤー》は常に警戒しよう。

マリガン

必ずキープ

《魔法学者》《マナ・ワーム》《カバールの下っ端》《魔法使いの弟子》

《魔法学者》がある時

《キリン・トアのメイジ》《カバールの下っ端》《メディヴの従者》

2マナミニオンがない時

《メディヴの従者》

《キリン・トアのメイジ》or《カバールの下っ端》がある時

秘策を1種キープ
相手がクエストデッキでも無いかぎりは《爆発のルーン》が最優先
自分が後攻であれば《呪文相殺》でも良い

《マナ・ワーム》がある場合

《始原の秘紋》《フロストボルト》

相手が遅いデッキの場合

《魔法使いの弟子》《始原の秘紋》

相手がアグロデッキの場合

《フロストボルト》《メディヴの従者》

序盤のミニオンを引けている場合

《回廊漁り蟲》

使用上の注意

《呪文相殺》は相手のコインを見てから

《呪文相殺》は非常に強力なカードだがコインでかき消されてしまうことを注意。《カバールのクリスタルの運び屋》を早いマナ帯で出したい場合や《メディヴの従者》で3点を飛ばしたい状態などには貼っても問題は無い。
タイミング的に《鏡の住民》《爆発のルーン》を貼ったように見せかけてプレイできると、相手にコインを使わせず呪文を発動してもらえる場合がある。
逆に、《鏡の住民》《呪文相殺》と思わせることができれば、うまく相手のミニオンを秘策でとらえることができる。

※以前、2017春季世界選手権出場者のTredsred選手が「上級者同士の戦いだと,呪文相殺が貼られるまでコインは絶対に切らないんです。なので1枚目の呪文相殺はコインで阻止されるので、貼ることに躊躇しなくていいんですよ。」と発言したこともある。
▶4Gamer

《炎の大地のポータル》の打つタイミング

《炎の大地のポータル》《ベンチャー社の傭兵》が出る可能性があるため9マナで《魔法学者》《炎の大地のポータル》をプレイする際《魔法学者》から出したほうがいいというのがちょっとした小技である。

各マッチアップごとのマリガンと戦術

こちらは以前の環境のため一部適切でない場合があります。

対メイジ

対秘策メイジ

基本的に序盤のミニオンが引き込めた方の有利で後攻が圧倒的に有利なマッチアップ。前述のとおり《呪文相殺》をコインで消せる上にカードを1枚単純に多く持てるため先行側の行動に制限がかかるためである。
基本的にはテンポ合戦になり、より多くのライフをミニオンで削った側が勝つことが多い。そのためミニオンを枯らさずに戦うことが有効である。

対発見メイジ・フリーズメイジ

序盤のテンポを握れる場合が多く呪文相殺が後半にかなりの圧力になるマッチアップ。アイスブロックとアレクストラーザが採用されているためそのコンボを気を付けながら早い段階でアイスブロックを割れるとベスト。こちらが手から火力が出せるヒーローなのでどんどんリーサルを狙っていこう。

対パラディン

対マーロックパラディン

マーロックは様々なシナジーにより強化されていくテーマなので《フロストボルト》が引けるかどうかが重要になることが多い。2マナでミニオンを出し《魔法使いの弟子》《フロストボルト》《魔法使いの弟子》《始原の秘紋》から秘策を0コストで貼り次のターンに《メディヴの従者》でテンポを取ったりする動きを狙っていくことが多い。

このマッチでは《呪文相殺》《剣竜騎乗》《聖別》などに当てられるように使用するのがベストだが《水文学者》からとった安い秘策でケアされることも多いため相手が秘策を所持しているかどうかも覚えておこう。

対ドルイド

対アグロドルイド

動き回るマナが非常に強力なため呪文相殺をできる限り4ターン目に貼るなどして圧力をかけたい。序盤のテンポ合戦を制するために2/2/3のミニオンなどは2ターン目に必ずおきたい。《始原の秘紋》からAOEが引ける可能性があるため場合によってはかなり有利に進められることもある。バフをかけていない序盤ミニオンのスタッツはかなり貧弱なためこちらのミニオンでも十分さばききれることもある。
《練気》《獰猛なヒナ》で試合を壊されないためにフロストボルトをキープできているとなおよい。

対翡翠ドルイド

序盤を制し後半はリーサルを見据えたライフ管理をしていこう。マナ加速されて大型ミニオンを出され続けると厳しいため序盤に出来るだけ《呪文相殺》を翡翠の開花などに合わせられるとよい。基本的にあまり器用な動きが出来ず《翡翠の巨象》《始祖ドレイク》を雑に投げてくるターンもあるため《鏡の住民》が刺さってテンポを拡大できる可能性も高い。

対ローグ

対クエストローグ

後攻か先行かでかなり相性が変わるマッチ。後攻を取られた場合はコインを握られて呪文相殺をケアされてしまうが先行の場合《影隠れ》《擬態の卵》《退散》《段取り》を無効にできたり、クリスタルコア前の状態で呪文を持ってない場合クリスタルコアの発動を大幅に遅らせることもあるため《呪文相殺》をどれだけしっかり貼れるかが勝負になる試合が多い。先行は最低限テンポを取りつつどんどん顔を詰めてクエスト達成前にある程度のリーサルプランを立てられるようにしよう。

対ミラクルローグ

基本挑発や回復がおらず序盤のテンポを握れて相手側にミニオンが少なく相手のミニオンを処理しながら戦っていれば基本的に有利に進めることが出来るマッチアップ。基本相手が窮屈にトレードや処理をしてくるのである程度フェイスプランをとるつもりで手札にある火力を雑にミニオンに切らなように戦おう。

対シャーマン

対進化シャーマン

AOEが基本的にないこのデッキでは横の展開を処理しきれないことが多い。
スタッツ自体は大したことはないが《原始フィンのトーテム》《炎の舌のトーテム》を早いターンでは《フロストボルト》以外で処理できず居座る時間が長いほど負けに直結する。ファイアフライやヒーローパワーのトーテムなど基本こちらのヒーローパワーでは処理できないミニオンが並ぶため、こちらのミニオンをできるだけしっかり維持するか始原の秘紋からAOEが引けないと《血の渇き》で簡単に負けるため注意が必要。

対ウォリアー

対海賊ウォリアー

武器をしっかり引かれると序盤から相手に強い盤面を維持させてしまいどんどんライフを削られてしまう。このマッチでは《烈火の戦斧》が強力すぎてそれだけで勝負が決まってしまうことも多々ある。勝てる試合のパターンとしては基本的にこちらが相手のミニオンを凌いでいきこちらのミニオンを展開しながら少しずつ制圧していく形になる。呪文相殺は《ヒロイック・ストライク》《必殺の一撃》のケアになるため実質ライフを4守るカードになり思いのほか活躍することが多い。《始原の秘紋》からは《ミラーイメージ》《アイスバリア》《アイスブロック》などのカードや都合のいい処理札をピックしよう。

対クエストウォリアー

こちらのミニオンのテンポが相手より若干早いためそれを維持しつつ呪文で相手の挑発を抜きながらフェイスにダメージを入れていくことが主になる。戦うコツは乱闘の前のターンに《呪文相殺》を貼ったり、3ターン目以降に《鏡の住民》を貼るとよい(3ターン目に出てくるミニオンはストーンヒルの守護者やタールクリーパーなどのためこちらのダメージにつながりづらいため)。後半に《始祖ドレイク》が出てきそうな盤面の時に《鏡の住民》をプレイすると《始祖ドレイク》をコピーできる場合もあり使いよう次第でバリューが変わる。

対プリースト

対沈黙プリースト

相手のスタッツが大きすぎる上に《鏡の住民》で攻撃できないいらないミニオンを押し付けられるため相性は悪いマッチアップ。出来るだけきれいな形でミニオンを処理していきたい。《さまよう無貌のもの》によるスタッツのコピーは警戒しよう。

対ハンター

対ミッドレンジハンター

基本的にテンポ合戦になり火力はミニオンに切っていくことが多い。相手側はあまり器用な処理ができないことが多いため《魔法使いの弟子》をうまく活用できる場合が多い。《魔法使いの弟子》+《始原の秘紋》or《フロストボルト》などでどんどんテンポを取っていきたい。呪文相殺はキリントアから先に貼れると相手の《獣の相棒》を打ち消してテンポを大きく傾けたりでき《殺しの命令》なども無効化出来るため《呪文相殺》が実はかなり刺さるマッチでもある。

代替カード案

環境の変化や、自分が足りないと感じた部分の補強、またはデッキのカードが足りない場合などに参考にしてください。

代替カード案

このデッキでは早いカードが多いためコントロールに寄せたりする際に便利な代替カードを紹介。

《ガーディアン・メディヴ》
炎の大地のポータルが採用されているためこのデッキでのバリューも十分。後半の巻き返しにとても強力なカード。

《メテオ》
1体をほぼ確実に処理しつつ横のミニオンに3点与える呪文。《フレイムストライク》と違い《炎の大地のポータル》とマナカーブが被らないため強力。《ガーディアン・メディヴ》とセットで入れるとさらにバリューを生み出せる。

《先遣隊長エリーズ》
5/5/5という標準的なスタッツだがウンゴロパックで一発逆転を狙えて使いやすいカードである。

《カバル教団の魔導書》
基本序盤によってるこのデッキのリソース不足を解消する1枚。《始原の秘紋》からとって助けられたプレイヤーも多いはず。

ランク戦上位のデッキ

デッキ名 時期
S43 レジェンド9位 Cantelope シークレットメイジ 2017-10-14
S42 RDee シークレットメイジ 2017-09-16
S41 レジェンド上位 Vorder シークレットメイジ 2017-08-27
S41 レジェンド13位 Orange シークレットメイジ 2017-08-05
S40 レジェンド2位 Ptarmigan シークレットメイジ 2017-07-03
S38 レジェンド1位 Sveiks シークレットメイジ 2017-05-09
S38 レジェンド12位 ウォーグ・ルビー シークレットメイジ 2017-05-05
S37 レジェンド上位 SkyWalker‏ シークレットメイジ 2017-04-26

もっと見る

大会入賞デッキ

デッキ名 時期
2017 HCT Spring Championship ベスト4 Ant シークレットメイジ 2017-07-07
2017 Asia Spring Playoffs 準優勝 Tredsred シークレットメイジ 2017-06-05
2017 NA Spring Playoffs ベスト4 Ant シークレットメイジ 2017-06-04
2017 EU Spring Playoffs 優勝 Hoej シークレットメイジ 2017-05-21

もっと見る

よく一緒に読まれている記事

このページをシェアする

-人気記事, 参考デッキ

ハスゲおすすめ記事

1
『コボルトと秘宝の迷宮/Kobolds & Catacombs』の全カード評価まとめ

新カードパック『コボルトと秘宝の迷宮/Kobolds & Catacombs』の ...

2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

3
【使い方ガイド】一番安く課金をするなら『Amazonコイン』【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...