ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

【デッキガイド】クエストローグ/Quest Rogue デッキ解説

2018/08/13

スタンダードに対応した【クエストローグ】のデッキガイドです。マリガンや基本的な戦い方を掲載しています。その他、大会やランク戦にて上位となったデッキリストの紹介をします!


目次

デッキリスト

※スタンダード使用不可のカードはグレー表示になります。

クエストローグ

デッキの特徴

大魔境ウンゴロより追加されたローグのクエスト《地底の大洞窟》を活用し、最速達成を目指すデッキ。

地底の大洞窟 クリスタルコア

達成方法は《影隠れ》《若き酒造大師》などのミニオンを手札に戻すカードや、大量に手札に戻し盤面をリセットする退散をフル活用し、クエストの達成を目指す。《ソニア・シャドウダンサー》+突撃ミニオンによる達成も超強力。

クエスト達成後は《南海の甲板員》《石牙のイノシシ》が4/4で突撃してくる。4/4という圧倒的なスタッツでコントロールデッキにはバリューで勝負することで相手の除去が枯れまず捌ききれないだろう。

突撃ミニオンと手札に戻すミニオンが多いため、《南海の甲板員》などを召喚して攻撃→[若き酒造大使]で戻す→再度召喚して8点ダメージ、などバーストダメージをいとも簡単に出すことができる。1ターンに手札から12点ダメージが飛んでくることなどもざらにある。

基本的なマリガン

参考リストに採用されているカード以外にも、採用される可能性があるカードを含めてマリガンを記載しています

《地底の大洞窟》以外に

マストキープ

《ソニア・シャドウダンサー》《若き酒造大師》《影隠れ》《ゴルゴン・ゾーラ》

セット
《擬態の卵》+《段取り》
《ソニア・シャドウダンサー》+突撃ミニオン
同種類が2枚被った場合もマストキープしていく。同じカードが被れば《影隠れ》で戻すことなく条件を達成できるからだ。

VSアグロ
《ファイアフライ》
《段取り》+《退散》

※各デッキ毎、その時の手札の組み合わせにより複雑に変化します。

戦略・注意点

クエスト達成まで

このデッキはクエストを達成することが第一でできるだけ早く達成できるように立ち回りを考えたい。このデッキでクエストを達成するのは基本的に以下のパターンになる。

1.《初級エンジニア》《ファイアフライ》《グレイシャル・シャード》《影隠れ》などで使いまわして達成。
オーソドックスで成功しやすくリソースを補給しながらクエストを達成できるやり方。
処理されるとカウントが止まりゲームに負けるため、常に《若き酒造大師》などで手札に戻した状態でターンを終了することが重要。
このプランにおいて《段取り》+《退散》は複数枚手札に戻したり、負け筋である達成前にライフを削られる事態を避ける行動として非常に有効である。

クエストを達成することが勝利への条件になるのでリソース補給カードに拘らず、手札に戻すカードなどが多めにある場合どのミニオンでもいいからクエストを勧めに行くほうが良い。特に《初級エンジニア》は2マナと重いのでマナの関係上《石牙のイノシシ》などの1マナミニオンで達成したほうが勝利により近づくという可能性もあることは頭に入れておこう。

コツはクエスト達成に必要なマナを「消費」していくことを意識してどのターンに達成できるかをある程度考えておくことである。

2.《ソニア・シャドウダンサー》による大幅なクエストカウント増加を狙う。
《ソニア・シャドウダンサー》+突撃ミニオンによる即時達成を狙う。この場合ソニアが3マナとやや重く早期達成できない可能性があるが、《影隠れ》でソニアを戻して1マナにしておくことで、6マナでソニア+突撃ミニオンx4回を相手のミニオンにぶつけることで自爆し4カウントを稼ぎ、5回目の召喚時にクエストが達成し、そのまま盤面を処理といった動きも可能。

クエスト達成後

4/4になったミニオンで場を制圧しよう。
《クリスタルコア》は5マナのスペルだが《段取り》を使用することで2マナで発動できるので《石牙のイノシシ》などの突撃ミニオンを4/4突撃として即座に使用することもでき強力。

突撃ミニオンは《影隠れ》などで再利用しリーサルを取れる場合も多いので突撃ミニオンと手札に戻すカードがある場合はリーサルを見据えたプレイを心がけよう。特にコントロール相手や、アグロ相手の逆転プランとして必要。
《獰猛なスケイルハイド》は5回復を備えつつミニオンを処理することが出来るので、アグロなど相手に序盤にライフを削られていた場合はこのカードで回復して挽回しよう。

クエスト達成前にエレメンタルトークンなどで盤面にたくさん展開できていると生き残りが4/4になって攻撃できるため積極的に展開しよう。アグロ相手には横展開すると相手が処理しにくい→でも《クリスタルコア》で処理されるから1体でも多く処理しないといけない→1/2を殴ってくれてライフは保たれる、といったように相手に強要する動きもある。(もちろん、簡単に処理されそうならばあせらず《クリスタルコア》を使用した後に場に展開しよう)

《段取り》と《退散》の使い方

《段取り》について
基本的には《擬態の卵》《クリスタルコア》とセットで使うと強力。
クエストの早期達成が望めそうであれば《クリスタルコア》に温存し、《段取り》で浮いた3マナ分をミニオンの展開に利用することが出来る。

《退散》について
このデッキには《腹裂き》が採用されてないが、《退散》を採用することによってこのデッキの序盤のスタッツの低いミニオンたちでは凌ぎきれない盤面を一時リセットできる。特にミッドレンジデッキなどの1→2→3→4とマナ順にミニオンを召喚してくるデッキには一回リセットすることで完全に逆転することもできる。

6マナは重いので出来るだけ《段取り》で緩和したい。《段取り》で緩和できればクエストを達成したいミニオンのカウントを進めるのにも利用できる。

代替カード案

環境の変化や、自分が足りないと感じた部分の補強、またはデッキのカードが足りない場合などに参考にしてください。

《火成のエレメンタル》
断末魔の効果によりファイア・エレメンタルを複製し、クエストの達成がしやすくなっています。

ランク戦上位のデッキ

デッキ名 時期
S53 レジェンド20位 xBlyzes クエストローグ 2018-08-16
S53 レジェンド5位 Uberer クエストローグ 2018-08-14
S53 Machamp クエストローグ 2018-08-11
S52 レジェンド1位 Klei クエストローグ 2018-07-20
S52 レジェンド7位 SwaggyG クエストローグ 2018-07-20
S52 レジェンド1位 killinallday クエストローグ 2018-07-17
S51 レジェンド11位 Machamp クエストローグ 2018-06-27
S51 レジェンド23位 Triton クエストローグ 2018-06-15
S50 レジェンド6位 sipiwi94 クエストローグ 2018-05-27
S50 レジェンド1位 garubor クエストローグ 2018-05-10

もっと見る

大会入賞デッキ

デッキ名 時期
HCT APAC BloodTrail グループA準優勝 クエストローグ 2018-05-21
HCT APAC Jinsoo グループB優勝 クエストローグ 2018-05-21
HCT Americas Rase GroupA 優勝 クエストローグ 2018-05-14
HCT Americas Killinallday GroupA 準優勝 クエストローグ 2018-05-14
HCT Americas Nalguidan GroupB 優勝 クエストローグ 2018-05-14
HCT Europe Turna GroupA 優勝 クエストローグ 2018-05-07
HCT Taipei Staz 準優勝 クエストローグ 2018-04-30
HCT Taipei katsucurry ベスト4 クエストローグ 2018-04-30
2017 HCT Spring Championship 優勝 Hoej クエストローグ 2017-07-07
2017 HCT Spring Championship 準優勝 Kolento クエストローグ 2017-07-07

もっと見る

よく一緒に読まれている記事

このページをシェアする

-人気記事, 参考デッキ
-

ハスゲおすすめ記事

1
『博士のメカメカ大作戦/The Boomsday Project』の新カード評価まとめ

ドクター・ブームと爆発的な科学がテーマのカードパック『博士のメカメカ大作戦/Th ...

2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

3
【使い方ガイド】一番安く課金をするなら『Amazonコイン』【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...