ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

「HCT Americas Summer Playoffs 2018」の上位4名が決定

日本時間の5/12,13に開催された、『HCT Americas Summer Playoffs 2018』のデッキリストを掲載します。

『HCT Americas Summer Playoffs 2018』は、南北アメリカにて開催される夏季シーズンのプレイオフです。シーズンプレイオフはシーズン毎に南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中国の4つの地域で開催され、それぞれ上位4名がアメリカ・ロサンゼルスで開催されるシーズン選手権への出場権を獲得します。

今回、夏季シーズン選手権に出場を決めたのは、Rase,killinallday,Nalguidan,dogの4名となりました。


トーナメント表

配信アーカイブ

大会後記

今回の大会の最も注目するべき点は「性悪ドルイド、偶数パラディン、クエストローグ、キューブロック」の構成が4人中3人もいることです。デッキの種類がEUの選手権からNAの選手権にかけて1/3程度減ったことから察するに、構築がより洗練されていることが分かります。

その中で、「性悪ドルイド、偶数パラディン、クエストローグ、キューブロック」の構成は7名いて、なんとそのうち4名がベスト8に残り、3名がシーズン選手権出場の切符を手に入れました。これはこの構成が現環境の答えであったことを示しています。

この「性悪ドルイド、偶数パラディン、クエストローグ、キューブロック」の構成はコントロールに強い構成で、大会で当たりやすいデッキに2つ以上有利に取れている場合が多いです。アグロ相手にもクエストローグ以外は有利もとれ、非常にバランスが良い構成と言えます。BANは偶数パラディンで、相手のコントロールやアグロデッキを潰しにいきます。

逆に、ベスト4の中唯一コントロール構成のDog選手は上記構成には弱いですが、Muzzy選手の「トークンドルイド、偶数パラディン、奇数ローグ、キューブロック」という構成にあたることでベスト4への切符を獲得しました。

ベスト8にはDog選手とやや似ているコントロール構成のFibonacci選手がいましたが、同じくコントロールに強い「性悪ドルイド、偶数パラディン、クエストローグ、キューブロック」の構成に対して負けています。

今週末に開催される「HTC Asia」ではこのNAからどういったデッキが台頭してくるのか要注目です。

よく一緒に読まれている記事

このページをシェアする

-大会結果

ハスゲおすすめ記事

1
『博士のメカメカ大作戦/The Boomsday Project』の新カード評価まとめ

ドクター・ブームと爆発的な科学がテーマのカードパック『博士のメカメカ大作戦/Th ...

2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

3
【使い方ガイド】一番安く課金をするなら『Amazonコイン』【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...