ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

【デッキガイド】マーロックパラディンのデッキ解説 マリガンとマッチアップについて

2017/12/15

スタンダードに対応した【マーロックパラディン】のデッキリストを掲載しています。マーロックパラディンがどういったデッキなのか特徴を簡潔に記載し、相性として得意なデッキと苦手のデッキを公開。細かいプランに対応したマリガンガイドを掲載しています。その他、大会とランク戦で上位の結果を出したデッキレシピも全て確認することができます。
このデッキは略称で「マロパラ」と呼ばれています。

目次

デッキリスト

※スタンダード使用不可のカードはグレー表示になります。

マーロックパラディン




ミッドレンジ型




デッキの特徴

マーロックシナジーによる圧倒的速さと火力

温厚なメガサウルス

優秀なマーロックカードが非常に多く、シナジーを活かして一気に展開をして攻める。
《バイルフィンの異端審問官》:1/3というステータスが優秀。ヒーローパワーでマーロックを絶やすこと無く召喚できる
《マーロックのタイドコーラー》:大量に召喚されるマーロックによりこのカード1枚でライフを大量に削ることができる
《ロックプール・ハンター》:このデッキで最強の2ターン目のカード
《マーロックの戦隊長》:マーロック全体強化の能力を持つ
《温厚なメガサウルス》:このデッキの切り札。有利な盤面で決まればゲームエンドとなる

《動員》《神聖なる恩寵》によるリソース供給

動員

《動員》はこのデッキと非常に相性が良い。《マーロックの戦隊長》《温厚なメガサウルス》《コールドライトの予言者》などは全体に効果が及ぶためマーロックを一度に多く召喚できるこのカードは強力。

コントロールデッキや、大量のドローカードを持つドルイド相手に手札が枯渇した時は《神聖なる恩寵》を有効活用できる。手札0枚から発動することができれば5枚以上はドローすることができ、3コストとしては破格の効果となる。

勝利プラン

勝利プランはこのデッキの場合は非常にシンプルで、ミニオンを並べて押し切るのみである。

パラディンはミニオンの展開と強化が特徴のため、【海賊ウォリアー】のように武器や突撃でダメージをとることが難しく、【秘策メイジ】のようにダメージ呪文でトドメを刺すこともできない。そのため勝利プランは一本化しやすい。

勝利プランは一択だが、ミニオンごとに細かい選択肢があるためここに記述する。
《水文学者》:コントロール相手には《高飛びコドー》でリソース回復/アグロ相手には《身代わり》《救済》で盤面を取る
《温厚なメガサウルス》:強力な適応は攻撃+3>聖なる盾>体力+3>+1/+1の順
└一度盤面をとれば勝てる秘策メイジや全体除去を防ぎたいコントロールメイジには聖なる盾
└ドルイドなど遅いデッキには疾風も攻撃+3の次に選択肢に入る
《太陽の番人タリム》がある場合は「断末魔:1/1を2体召喚する」も強力
《有徳の守護者》:先攻時に1ターン目に出したミニオンを守るために召喚すると強力

マーロックパラディンが得意なデッキ

【ミラクルローグ】【翡翠ドルイド】【呪文ハンター】

遅いタイプのデッキにはマーロックシナジーの猛攻が通りやすくそのまま押し切ることができる。《拡がりゆく虫害》のみ気をつける方が良いため無闇に有利トレードを繰り返して盤面に体力の低いミニオンを並べてはならない。

【秘策メイジ】【クエストメイジ】

秘策メイジの秘策が刺さり辛いこのデッキは序盤の盤面の取り合いで勝ちやすく、一度盤面を制圧すると相手には対抗手段が無い。
クエストなどの遅いメイジには相手が準備をする前に押し切ることができる。

注意点として《ドラゴンの憤怒》を採用した【コントロールメイジ】は全体除去が多すぎるため《温厚なメガサウルス》で聖なる盾が引けていない限り厳しい戦いとなる。
また《剣竜騎乗》《王の祝福》を採用している場合はメイジの《スペルベンダー》が非常に強力。《水文学者》から獲得した秘策で《呪文相殺》のチェックをして発動しなかったらまず警戒するべきカード。その場合の《剣竜騎乗》は発動しなかったら負けの状態になるまで使うべきではない。

マーロックパラディンが苦手なデッキ

パラディンはミニオンを並べて殴ること以外に相手のライフを削る手段が武器くらいしかない。そのため、ミニオンの除去が豊富にあるクラスには厳しい戦いとなる。《温厚なメガサウルス》で聖なる盾をとることや、リソースを全てぶつけて《神聖なる恩寵》で再度攻める必要がある。

【コントロールメイジ】

全体除去の量がかなり多いメイジデッキは、展開が追いつかずリソース切れとなりやすい。《火山ポーション》《ドラゴンの憤怒》《ブリザード》《フレイムストライク》《メテオ》の壁は厚い。武器や呪文でダメージが出せるデッキではないため、一度ミニオンを場に召喚する必要がある。そのためミニオンの全体除去が豊富なデッキには不利になりやすい。

【コントロールウォーロック】

【コントロールメイジ】と同じ理由から不利になりやすい。

マリガン

必ずキープ

《バイルフィンの異端審問官》《マーロックのタイドコーラー》《ロックプール・ハンター》《グリムスケイルのダチ公》

2マナ以下のミニオンがいない

《水文学者》《有徳の守護者》

上記の1〜2マナマーロックがある

《コールドライトの予言者》《マーロックの戦隊長》《温厚なメガサウルス》

マナカーブが整っている

《動員》《ナイフ・ジャグラー》《回廊漁り蟲》
特に《動員》は強力のため序盤のミニオンが多少引けていれば積極的にキープしたい

相手がウォリアーの場合

《有徳の守護者》:盤面に干渉するヒーローパワーが無く武器持ちクラスのため処理されにくい
同じ理由でハンターにも有効だが他のミニオンが引けている必要がある
メイジは出てくるミニオンが単体ばかりのため確実に攻撃を2回とめることができる。また、ヒーローパワーを使われた場合は逆に相手の盤面は弱くなるため、他のミニオンがある場合は残して問題無い

ランク戦上位のデッキ

デッキ名 時期
S45 レジェンド1位 ARAI マーロックパラディン 2017-12-15
S45 レジェンド4位 matff ミッドマーロックパラディン 2017-12-15
S45 レジェンド1位 Ender マーロックパラディン 2017-12-09
S43 レジェンド19位 Alpha マーロックパラディン 2017-10-09
S42 StanCifka アグロマーロックパラディン 2017-09-28
S41 レジェンド3位 TheBest アグロマーロックパラディン 2017-09-01
S41 レジェンド3位 Ender マーロックパラディン 2017-08-14
S41 noblord マーロックパラディン 2017-08-11
S37 MaxTheRipper アグロマーロックパラディン 2017-04-09

もっと見る

大会入賞デッキ

デッキ名 時期
2017 HCT Summer Championship 優勝 Surrender マーロックパラディン 2017-10-16
2017 Asia Summer Playoffs 優勝 Surrender マーロックパラディン 2017-09-12
2017 Asia Summer Playoffs 準優勝 cocosasa マーロックパラディン 2017-09-12
2017 EU Summer Playoffs ベスト4 Orange マーロックパラディン 2017-09-04

もっと見る

よく一緒に読まれている記事

この記事について話し合う

このページをシェアする

-人気記事, 参考デッキ

ハスゲおすすめ記事

1
『コボルトと秘宝の迷宮/Kobolds & Catacombs』の全カード評価まとめ

新カードパック『コボルトと秘宝の迷宮/Kobolds & Catacombs』の ...

2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

3
【使い方ガイド】一番安く課金をするなら『Amazonコイン』【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...