ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

【デッキガイド】新兵パラディン デッキ解説

2018/06/05

スタンダードに対応した【新兵パラディン】のデッキリストを掲載しています。新兵パラディンがどういったデッキなのか特徴を簡潔に記載し、相性として得意なデッキと苦手のデッキを公開。細かいプランに対応したマリガンガイドを掲載しています。その他、大会とランク戦で上位の結果を出したデッキレシピも全て確認することができます。


目次

デッキリスト

※スタンダード使用不可のカードはグレー表示になります。

新兵パラディン

デッキの特徴

新兵シナジーを活用したアグロデッキ

《シルバーハンド新兵》を展開するカードと、展開した新兵を強化するカードのシナジーで戦う

《ジャングルの遭難者》:1マナで新兵2体の展開。《ダークシャイアの管理官》《ナイフ・ジャグラー》《太陽の番人タリム》などデッキの様々なカードとシナジーがある
《闇への抵抗》:5マナで新兵を5体展開できる。アグロ相手は新兵を処理しきれないので次のターンの強化に使える。《クリスタル・ライオン》をすぐに展開することができる
《光合のステゴドン》:大型ミニオンへの猛毒、横展開からの攻撃力+3、《太陽の番人タリム》が手札にいる時の断末魔1/1トークン2体効果、どれも非常に強力
《ダークシャイアの管理官》:新兵は全て聖なる盾が付与される。《勝鬨の剣》とも相性が良い。生き残りやすくなるため次のターンの強化ともつながる
《クリスタル・ライオン》:横展開がメインのデッキだが5/5聖なる盾という強力なミニオンを低マナで展開できる

ハースストーンの王道とも言える、横展開と強化に徹したデッキで、1/1と思って放置すると一気に強化されて20点前後のダメージが出ることもある。こうした爆発力が強みとなる。

《動員》《神聖なる恩寵》によるリソース供給

動員

横展開する上で最も強力なカード。《動員》で召喚したミニオンが全体除去された場合も《闇への抵抗》に繋げやすい。この複数回の展開力が対ミッドレンジ以上には非常に強力と言える。

コントロールデッキ相手に手札が枯渇した時は《神聖なる恩寵》を有効活用できる。手札0枚から発動することができれば5枚以上はドローすることができ、3コストとしては破格の効果となる。

これにより、通常は一度盤面を返されると厳しいアグロデッキだが、何度も展開が可能な攻撃的なデッキとなっている。

構築によって採用されるカード

王の祝福
《王の祝福》
1枚で1/1ミニオンが5/5の中級クラスになり、そのまま即攻撃に移ることができる。同じような使い方として《菌術師》も採用される場合がある
レベル・アップ
[レベル・アップ]
1枚で一気に盤面を形成できるカード。通れば強いカードだが単体では機能しないため1枚採用される
恐竜化
《恐竜化》
1/1さえ残れば一気にバーストダメージを叩きだすことができる1枚
海の巨人
《海の巨人》
盤面にトークンが大量に並ぶため低コストで召喚しやすい。ミラーマッチやアグロ対決でより強力

基本的なマリガン

参考リストに採用されているカード以外にも、採用される可能性があるカードを含めてマリガンを記載しています

必ずキープ

《動員》《ジャングルの遭難者》《アージェントの従騎士》《有徳の守護者》

1マナミニオンがある時

《ダイアウルフ・リーダー》

手札が良い場合

《太陽の番人タリム》
特にドルイド、ローグ、プリースト、メイジなどの全体除去が限られているデッキに対して強力。序盤のミニオンが高い確率で生き残るためそのまま押し切ることができる。

対メイジの場合

《勝鬨の剣》
メイジは《マナ・ワーム》《メディヴの従者》《魔法学者》《キリン・トアのメイジ》と体力3点が豊富に採用されているため1:2交換ができるため強力
※各デッキ毎、その時の手札の組み合わせにより複雑に変化します。

デッキ毎のマッチアップ

新兵パラディンが得意なデッキ

アグロデッキ以上の爆発力を持つデッキであるに加え、横展開のカードを大量に採用しているため全体除去1枚では返されないことが強み。そのため、全体除去を大量に採用したコントロールデッキ以外には有利となる。

メイジ全般

【秘策メイジ】:全体除去を持たないため大量展開で押し切ることができる
【コントロールメイジ】:序盤の速攻で押し切ることができる。全体除去が多いが、複数回展開する点や聖なる盾を付けることで回避できる点が大きい

ドラゴンプリースト

挑発が少ないため、火力で押し切ることができる。全体除去も全て持たれない限りは有利と言える。

ローグ全般

【テンポローグ】:展開力が勝るため相手が整う前に押し切ることができる
【ミラクルローグ】:《ナイフの雨》を見るまでは《闇への抵抗》を単体で使用しなければ大きく崩されることなく戦うことができる
【ミルローグ】:《退散》を常に意識する必要がある。《有徳の守護者》がゲーム後半で巨大化した《大逆の刃キングスベイン》に有効的

ハンター全般

展開力が勝るため大きく遅れをとることなく勝利できる。【秘策ハンター】【呪文ハンター】の《爆発の罠》には注意が必要

新兵パラディンが苦手なデッキ

コントロールウォーロック/キューブロック

《冒涜》がやはり最も驚異と言える。《地獄の炎》《捻じれし冥界》など全体除去が多く、《ヴォイドロード》の壁も分厚く厳しい戦いとなる。《ヴォイドロード》に特化したコントロールウォーロックの方が不利と言える。

ビッグプリースト

《密言・恐》《ドラゴンファイア・ポーション》《心霊絶叫》と全体除去が豊富に存在し、序盤を凌がれてしまい《黒曜石の像》を出されて処理しきれず負けてしまうことが多い。

コントロールウォリアー

聖なる盾をつけても問答無用に破壊する《乱闘》が強力。その他《破界王ガロッシュ》のヒーローパワーも強力。

使用上の注意

大型と聖なる盾のミニオンは外側に召喚

《ダイアウルフ・リーダー》が存在する時、ズー同様ミニオンの配置は非常に重要。《動員》やヒーローパワー、その他トークンカードは必ず盤面の右から展開される。
そのため、《ダイアウルフ・リーダー》が存在する時に手札から召喚するミニオンは基本的に左側に召喚する。

そして、《ダイアウルフ・リーダー》の強みは、攻撃力が上がったミニオンと相手ミニオンを相殺しながら、さらに隣のミニオンも強化して殴り続ける点。この連鎖を、聖なる盾を持つミニオンと大型ミニオンはその場に生き残り断ち切ってしまう。そのため聖なる盾を持つミニオンと大型ミニオンは一番外側に配置するのが基本と言える。外側であるが右側からトークンが展開されるため最初は左側に置いておくことから意識しておこう。

詳しい配置例はズーの記事を参照しよう。▶ズー デッキガイド

全体除去は打たせる

全体除去に弱いデッキだが、再展開も容易なことが強み。そのため、《動員》《闇への抵抗》を1枚残して展開する場合は多い。また、こうした全体除去のケアが難しい手札であれば、あえて使い切って《神聖なる恩寵》でリソースを回復する動きも重要。

ランク戦上位のデッキ

デッキ名 時期
S48 レジェンド6位 xBlaine 新兵パラディン 2018-04-02
S48 レジェンド47位 Lucasdmnasc 新兵パラディン 2018-03-07
S48 レジェンド27位 Ant 新兵パラディン 2018-03-04
S47 レジェンド17位 cocosasa 新兵パラディン 2018-02-23
S47 レジェンド Janetzky 新兵パラディン 2018-02-20
S47 レジェンド到達 Muzzy 新兵パラディン 2018-02-17

もっと見る

大会入賞デッキ

デッキ名 時期

もっと見る

よく一緒に読まれている記事

このページをシェアする

-人気記事, 参考デッキ
-

ハスゲおすすめ記事

1
『妖の森ウィッチウッド/The WitchWood』の評価と新カード一覧

ハースストーン新カードパック『妖の森ウィッチウッド/The WitchWood』 ...

2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

3
【使い方ガイド】一番安く課金をするなら『Amazonコイン』【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...