ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

【スタンダード対応】アグロローグ/テンポローグ デッキ解説

2017/12/12

スタンダードに対応した【アグロローグ】のデッキの特徴・デッキレシピ、その他、大会やランク戦にて上位となったデッキリストの紹介をします!

テンポを取ることに長けているローグのアグロデッキに《ケレセス公爵》を採用したデッキです。《腹裂き》を採用できない代わりにもし出すことが出来ればデッキのミニオンを+1/+1出来る非常に強力なカードです。2ターン目にプレイするローグのヒーローパワーはテンポ上優秀なのでデメリットは少ないでしょう。

目次

デッキリスト

※スタンダード使用不可のカードはグレー表示になります。

テンポローグ




デッキの特徴

ローグの強力な除去である《腹裂き》を採用できない代わりに《ケレセス公爵》を採用したデッキになっています。基本的に2ターン目の動きがヒーローパワーになるデッキなのでデメリットはそこまでなくもし雄叫びを発動できればデッキのミニオンが+1/+1され、相手より一回り大きいミニオンを展開することが出来ます。

《影隠れ》も2枚採用しているため《ヴァイルスパイン・スレイヤー》《エドウィン・ヴァンクリーフ》《リロイ・ジェンキンス》と組み合わせて使用するのはもちろんのこと《ケレセス公爵》の雄叫びを発動できればそれだけでデッキのミニオンが+2/+2される恐ろしいコンボも搭載しています。

マリガン

キープ

先行
《ファイアフライ》 《怪盗紳士》 《ケレセス公爵》 《南海の船長》 《蒐集家シャク》 《獰猛なヒナ》

後攻
《ファイアフライ》 《怪盗紳士》 《ケレセス公爵》 《エドウィン・ヴァンクリーフ》 《南海の船長》《獰猛なヒナ》
テンポの取り合いになることが予測されるマッチは《SI:7諜報員》

後攻では1.3.3というマナで動くことも視野に入れるので《ファイアフライ》が引けてる場合のみ《怪盗紳士》をマリガンで返すこともある。

対アグロや武器と合わせて3点までのミニオンを処理したいマッチアップでは《死角からの一刺し》

セットキープ
《ケレセス公爵》+《影隠れ》
《エドウィン・ヴァンクリーフ》+《死角からの一刺し》
《エドウィン・ヴァンクリーフ》+《影隠れ》
《SI:7諜報員》+《死角からの一刺し》

勝利プラン

・序盤から盤面を握り盤面から打点をだしてリーサルを狙う
《リロイ・ジェンキンス》+《冷血》or《影隠れ》一気にリーサルを狙う

《死角からの一刺し》《SI:7諜報員》などでダメージを与えたり《南海の船長》からの《南海の甲板員》《海賊パッチーズ》、更にローグの優秀なヒーローパワーで序盤から1~4点程度のダメージを器用に出す事で序盤から中盤の盤面を取ることができる。

そのキープした盤面からの《ボーンメア》でのダメ押しがこのデッキの真骨頂である。ボーンメアは付与された挑発と+4/+4に加えて自身も5/5という優秀なスタッツにより相手の処理のハードルを大幅に上げる。その上攻撃可能なミニオンであれば相手のライフに大ダメージを与えることもできる。

基本的に《ボーンメア》にどのように繋ぐかを常に考えて中盤の展開を考えることが大切。

注意点

冷血は1マナという軽いマナで大きなプレッシャーをかけられるこのデッキのキーカードである。隙があればミニオンに4点を付与し相手の処理を強要もしくは通していく。そうやってこちらのペースに持ち込み盤面を拡張していきたい。強い盤面を維持するために海賊パッチーズや南海の甲板員などに付けて処理札として使用することもある。

しかしただつければいいわけではない。
例えばプリーストが相手だとして体力1のミニオンに冷血を付ける場合は《霊魂鞭打》 《聖なる一撃》 《密言・死》 《影刈アンドゥイン》場合によって《狂気ポーション》など様々な処理のされ方がある。
密言・死と影刈アンドゥインで処理されるのは仕方ない。しかしできる限り処理されなさそうなミニオンや処理される前提でうつとしても標的を散らす使い方をすると良い。

環境で流行っている《ゴラッカ・クローラー》がよく刺さるデッキでもある。採用されていそうなデッキに対しては《ボーンメア》《冷血》の効果を付与する対象はできれば海賊以外を選択したい。

各マッチアップでの戦術

対ローグ

追加マリガン 後攻のみ《ヴァイルスパイン・スレイヤー》

対【アグロローグ】
3~6ターンの間のテンポの取り合いが非常に重要なマッチアップ。《ボーンメア》をより良い形で着地したほうが盤面ライフ共に圧倒的に有利になる。

コインを絡めた強力な展開が出来たり《エドウィン・ヴァンクリーフ》を気軽にキープすることが出来る後攻が大幅に有利になるマッチアップでもある。

先手の立ち回り

1マナの《ファイアフライ》は迷わず出していい。しかし《怪盗紳士》は出してもローグのヒーローパワーの武器で簡単にとられてしまいバリューが出ない。相手の体力3のミニオンを《南海の船長》で+1した《海賊パッチーズ》+武器で処理する行動がテンポ上強力なので《南海の船長》を絡めた動きが可能であれば1ターン目出さないでおいたほうが後々海賊パッチーズのバリューを生かせるだろう。

逆に3ターン目に《南海の船長》を出して相手も南海の船長を出してきた場合同じようにとられてしまうことに注意。1マナ+《SI:7諜報員》《死角からの一刺し》を使用してテンポを取り返せそうであれば出しても構わないがそうでなくテンポを取り返せる後続がいなかったら出さないことも視野に入れておこう。

後攻はこちらと違いコインを使った柔軟な動きが可能。特に《ヴァイルスパイン・スレイヤー》《ボーンメア》が着地可能な4マナや6マナでのこれらのカードには注意しよう。

後手の立ち回り

ローグ得意のコインを絡めたコンボ始動や1マナ早い動きが可能。《SI:7諜報員》《ヴァイルスパイン・スレイヤー》を強く使うことが出来る。その他にも2マナを《ケレセス公爵》しか採用されていない都合引けてない場合2マナは先手はヒーローパワー以外の動きが基本ないが後手は1.3.3と動くことが出来る。ローグの3マナは優秀なカードが多くそれだけで優位に立てる展開もあることを頭に入れておこう。
コインは非常に大切なので無理して使わず出来ることなら最速のボーンメアに繋ぐために使うことも考えるようにしよう。

対プリースト

《ファイアフライ》+《冷血》はセットでキープ(1ターン目《ファイアフライ》 2ターン目フレイムエレメンタル+《冷血》でプレッシャーをかける)

【対ハイランダープリースト】

全てのカードが1枚ずつなため全てを警戒するのは無理。警戒のし過ぎはこちらの展開を弱めることにも繋がる。序盤は最低限《狂気ポーション》《霊魂鞭打》、中盤は《ドラゴンファイア・ポーション》《ホーリーノヴァ》や4ターン目《カザカス》が出てきた時のポーションは要警戒。
《密言・痛》での処理か《沈黙》での無力化以外対抗策がない序盤に出す《獰猛なヒナ》は強力なので意識しておこう。

このマッチでも基本的にかなり効果的な《ボーンメア》だが《影刈アンドゥイン》で大きく盤面を失ってしまう。変に警戒しすぎて《ボーンメア》を温存すると持ってなかったのにその間に《影刈アンドゥイン》を引かれたり、《縛鎖のラザ》とのコンボを成立させられたりする可能性がある。元よりリソースゲームが出来ないこのデッキはレイトゲームでは基本不利になる一方であるため盤面を強化できそうであれば《ボーンメア》は恐れず使っていこう。

突撃+《冷血》《ボーンメア》以外で大ダメージを与える手段がなく基本的に盤面からしか打点が出ないデッキなので一度盤面を失ったら相手に大きな余裕を与えてしまう。様々な裏目を考えつつ一番盤面を強く維持できそうなプレイを心がけよう。

【対ビッグプリースト】

このデッキはハイランダープリーストと違い序盤はあまり動いてこない。2~3ターン目あたりずっとヒーローパワーを使用してきたりした場合はこっちも警戒しておこう。

このタイプには《縮小ポーション》+《密言・恐》のコンボが2枚ずつ採用されている。《冷血》をつける場合は攻撃力3以上のミニオンが好ましい。序盤の盤面からどんどん打点を出し大きいミニオンが出る前に試合を決めたい。《黒曜石の像》は攻撃すると回復されてしまうためリーサルが遠のかないように《ヴァイルスパイン・スレイヤー》での処理を心がけたい。

対ドルイド

【対翡翠ドルイド】

ナーフ後も健在な《拡がりゆく虫害》が厄介なマッチ。《練気》を絡めることが出来なくなったことで中盤の《練気》を[絡めた拡がりゆく虫害]や《始祖ドレイク》を警戒しなくてよくなったのは非常に大きい。

最序盤に出す《獰猛なヒナ》は基本自然の怒り以外で処理されない上にマナ加速のターンと被るので通ることが多い。

中盤は《コバルト・スケイルベイン》が縦に強い展開を作ることでプレッシャーを与えていく。《拡がりゆく虫害》を1枚も使われてない状態では余裕があれば細かいミニオンをぶつけて早々にトレードするように心がけよう。

【対アグロドルイド】
《動き回るマナ》の対処が基本的に無理なので序盤の盤面を取ることが勝利のカギ。相手に盤面を取られた状態や5分以下の盤面で《動き回るマナ》を撃たれると試合が終わる。

動き回るマナを撃たれても勝つにはこちらが盤面を取り切ってる状態で撃たせてから強気に顔を攻めてライフプレッシャーを与えることだ。相手にこちらのミニオンの処理を強要できるため横並びが処理できないこのデッキにも勝機がある。

処理をするのは一見盤面から打点が減っているように見えるが使用できるマナが増え再展開や《野生の力》《獰猛な咆哮》などをプレイできるマナにしてしまうことがあるので逆効果になる場合が多い。

対シャーマン

追加キープ 《南海の甲板員》

【対進化シャーマン】
全体除去を持たないこのデッキにとって大きく横並びを許すと一手では返すことが出来ず《炎の舌のトーテム》で大幅な有利トレードをされてしまうことが負け筋になる。そのほかにも《血の渇き》で大きなバーストダメージを出すことが可能なので、それを含めて何点出るかは常に計算しよう。

こちらは突撃を持つ海賊や《死角からの一刺し》《SI:7諜報員》やヒーローパワーの武器などで盤面を除去しテンポを取ろう。

相手のミニオンはスタッツの低いミニオンばかりで盤面のミニオンでの処理は容易。《マナの潮のトーテム》《原始フィンのトーテム》《炎の舌のトーテム》は一刻も早く処理しなければいけないため《死角からの一刺し》《南海の甲板員》《SI:7諜報員》などがあれば安心だろう。

相手の手札から出る除去は《翡翠の爪》《翡翠の稲妻》《メイルシュトロームのポータル》あたりを警戒しておけばよい。

対メイジ

【対秘策メイジ】

追加マリガン 後攻のみ《ヴァイルスパイン・スレイヤー》

基本テンポ合戦になり相手がどれだけミニオンを引いているかどうかで展開が大きく変わる。序盤にミニオンで顔を詰められると《ファイアーボール》《炎の大地のポータル》などの優秀なバースト手段によってリーサルに運ばれてしまう。

相手の秘策をどう掻い潜っていくかが非常に重要で差しさわりのないやり方で如何に秘策をチェック出来るかで勝負が決まることも多い。《鏡の住民》は1マナのミニオンで出来るだけ踏むようにし《呪文相殺》はコインやその場で通したいカード以外を使用してチェックしたい。

《スペルベンダー》を採用しているデッキもあるのでコインで確認してもミニオンを出しても反応しないことがあった場合は最優先で警戒。《冷血》を取られると5/3のミニオンが召喚され、一気に形成が崩れることもあるので影隠れや死角からの一刺しで踏むようにしたい。

カバールのクリスタルの運び屋は体力が5あり処理が難しいため出来る限りヴァイルスパイン・スレイヤーはこのミニオンにあてるようにする。《ビタータイド・ヒドラ》も採用されている構築が存在するので《カバールのクリスタルの運び屋》を倒しても安心しないように。

相手もフィニッシャーに《ボーンメア》を持っているのでミニオンは余裕があれば7ターン目前には1体残らず除去したい。

【対クエストメイジ】
《フロストボルト》すら搭載していないこのデッキでは最序盤《魔法学者》以外にこちらのテンポを邪魔するカードがない。攻撃を止めることが出来るのも《フロストノヴァ》と後半に《ブリザード》+発見などから手に入れたカード程度である。

《フロストノヴァ》+《終末予言者》で盤面をクリアを狙ってくるので《南海の甲板員》+《冷血》+武器かヴァイルスパイン・スレイヤーで除去するなりして盤面を維持していればきっとどこかで息切れして攻撃のチャンスが来る。

対ウォーロック

【対ZOO】

盤面の奪い合いをするゲーム。《炎のインプ》《ヴォイドウォーカー》など優秀な序盤ミニオンが多く縦に強く展開しても《魂の炎》で返されてしまったりすることがある。それに対しこちらは《死角からの一刺し》《SI:7諜報員》などや《南海の船長》を絡めた《海賊パッチーズ》でなどで迎え撃とう。

《ドゥームガード》があまりにも強力でこちらのミニオンがほぼ全て有利にトレードされてしまい体力も多い。《ヴァイルスパイン・スレイヤー》は出来るだけこのカードに当てたい。

対ハンター

基本的に盤面を取れるのはこちらだが必ず採用されている《ゴラッカ・クローラー》には注意。押し込まれる展開になったらズルズル負けるので出来るだけ《ゴラッカ・クローラー》を警戒しつつ盤面を強くつくろう。

代替カード案

《タール・クリーパー》
同系やアグロに強くこちらのテンポを拡大するのに活躍する。《ケレセス公爵》の効果が乗れば更に処理が難しいスタッツに成長する。

《ナーガの海賊》
海賊なので南海の船長ともシナジーがあり効果もローグと非常に相性がいい。《ゴラッカ・クローラー》が流行していなければ採用したい。

《蠱毒なザリル》
1マナのカードを2枚入手出来るのでコンボ始動がしやすくなる。

《ビタータイド・ヒドラ》
《コバルト・スケイルベイン》と同じく大きくプレッシャーをかける5マナ。デメリットは気になるがこちらもかなり強力なアグロミニオン。

《キュレーター》
《獰猛なヒナ》《コバルト・スケイルベイン》などをサーチできる。

ランク戦上位のデッキ

デッキ名 時期
S45 レジェンド9位 BoarControl テンポローグ 2017-12-10
S39 レジェンド7位 ウォーグルビー エレメンタルテンポローグ 2017-06-21
S38 レジェンド上位 ウォーグルビー テンポローグ 2017-05-22
S30 Fenomeno 売人テンポローグ 2016-09-02
S29 レジェンド50位 JDavey テンポローグ 2016-08-28
S29 レジェンド上位 dwarfsanwich テンポローグ 2016-08-27

もっと見る

大会入賞デッキ

デッキ名 時期

もっと見る

よく一緒に読まれている記事

この記事について話し合う

このページをシェアする

-人気記事, 参考デッキ

ハスゲおすすめ記事

1
『コボルトと秘宝の迷宮/Kobolds & Catacombs』の全カード評価まとめ

新カードパック『コボルトと秘宝の迷宮/Kobolds & Catacombs』の ...

2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

3
【使い方ガイド】一番安く課金をするなら『Amazonコイン』【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...