ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

【パッチノート11.2】闘技場への新カード28枚、期間限定イベント「時をかける酒場」、期間限定セール「即戦力バンドル」など実装

Blizzardは2018年6月6日、パッチノート11.2をリリースしました。予定されていた闘技場のアップデート以外に、期間限定のセール、イベントなど多くの新機能を実装しました。こちらではパッチノート11.2の詳細を掲載します。

また、最下部にある修正については現在のカードの仕様が変更されている場合もあるので読んでおくことをおすすめします。

期間限定「時をかける酒場」イベント

イベント期間:6月11日~7月3日
・イベント期間中は特別デイリークエストが発生。ゴールドと魔素が両方もらえる
・イベント期間中の闘技場でしか使えない28種のカードが登場

特別デイリークエストの内容
クエスト内容 報酬
15ターンプレイする 60ゴールド+60魔素
25ターンプレイする 80ゴールド+80魔素
1コストのミニオンを5体使用する 60ゴールド+60魔素
カードを15枚引く 60ゴールド+60魔素
カードを25枚引く 80ゴールド+80魔素
呪文を20回唱える 60ゴールド+60魔素
呪文を35回唱える 80ゴールド+80魔素
ドラゴンを3体手札から使用する 100ゴールド+100魔素

期間限定「即戦力バンドル」発売

発売期間期間:6月6日~6月20日(水) 02:00
・「クラシック」、「妖の森ウィッチウッド」、「コボルトと秘宝の迷宮」、「凍てつく玉座の騎士団」、「大魔境ウンゴロ」の各パックが2個ずつ、合計10パックが¥960で発売(本来は¥1800前後のため約半額に等しい

どれくらいお得なのか

即戦力バンドルは¥960でスタンダードで使用できるパックが全種類2パックずつ購入できます。そして、ハースストーンは初めて開封する種類のパックであれば10パック以内でレジェンドが1枚確定の仕様です。さらに、レジェンドも被らない仕様となっています。

そのため、¥4800で即戦力バンドルを購入すればレジェンドが5枚確定というわけです。この他、歓迎バンドル(¥600)も購入すれば必要なデッキはすぐに組めるため、¥5400分の課金でハースストーンをすぐに始められると言えます。初心者の方以外にも他サーバーの開設を検討している方にもぴったりの内容です。

課金についてはAmazonコインを使用すればさらに20~25%は安くなるためこちらも同じくおすすめと言えます(リンク先にわかりやすい使い方ガイドを書いています)

期間限定「ゴールデンクラシックパック」配布

・配布日:6月13日(日本時間)にログインすることで無料で獲得
TwitchPrime加入特典だった「ゴールデンクラシックパック」が全ユーザーに配布

ゲーム仕様の変更

・召喚および手札からの使用に対するトリガーは、盤面の修正や雄叫びの効果を受ける前の、手札の状態の能力値を参照するように変更
例:《無貌の操り手》を、攻撃力5のミニオンを対象として手札から使用した場合、これからは《ジャングルの巨獣たち》のクエストカウントが進まなくなった。《無貌の操り手》は本来の能力値、3/3と見なされるため。

・手札から使用されずに戦場に登場したミニオンに対し召喚トリガー(「~する度」または「~した後」)が発動する場合、盤面の修正が適用される前の状態を参照するように変更。
例:《アジュア・ドレイク》が(手札から使用する以外で)召喚されて《ダイアウルフ・リーダー》の隣に置かれた場合、これからは《ジャングルの巨獣たち》のクエストカウントが進まなくなった。

・「選択」により変身するミニオンは、戦場に出る前に変身したものと見なされるように変更。
例:《シェルシフター》を手札から使用して「5/3」に変身することを選択した場合、これは攻撃力5のミニオンとして、《ジャングルの巨獣たち》のクエストカウントを進めるようになった。

闘技場の変更

Blizzardが闘技場のピックシステムの公開 修正内容も発表で発表したとおり、闘技場のピックで「より強いカードとより弱いカードの出現率を減らし、中間層のカードの出現率の上昇」を目的とした修正が適応されました。

新エモートの追加

デスナイト以外の全ヒーローは、同じヒーロー同士でマッチした時のエモートが変更された。

新カードバックの追加

蒼き竜勢

6月にランク戦プレイで5回勝利で獲得。

ライトフォージ製

7月にランク戦プレイで5回勝利で獲得。

不具合修正、一部カードの修正

基本的には不具合の挙動の修正ですが、注目するべき点として《テス・グレイメイン》の雄叫び上限回数が30回に指定され、かつ死亡or沈黙された時などには効果が不発となる仕様に変更されたことです。《希望の終焉ヨグ=サロン》と同じ挙動になったと言えば問題は無いようにも思えますが、当時運営は公式の発言として「死んでも効果は維持される」と発表していたため「弱体化では?」との声がコミュニティからも上がっています。この不具合修正の場合、《シャダウォック》同様に弱体化扱いでは無いため魔素補填は実施されません。

新しいシーズンの開始後にログインした場合、直前のシーズンの結果だけが正常に表示されるようになったぞ。
《大逆の刃キングスベイン》《リアム王子》の効果で別のレジェンドカードに変身した場合、それまでの強化状態は破棄されるようになったぞ。
《大逆の刃キングスベイン》が断末魔の発動時に破壊されていない場合、《クズ拾いのコボルト》の能力で《大逆の刃キングスベイン》を手札に取り戻すことはできなくなったぞ。
《スペルベンダー》が、《ネズミ罠》または《秘められし叡智》の発動時に能力を発動させることはなくなったぞ。
《ネズミ罠》は、自分の陣地が満員の時には発動しなくなったぞ。
《ヴードゥー人形》およびその他の[断末魔]効果は、《冒涜》の効果の最中にも正しく発動するようになったぞ。
[影分身]が呪文に変身した際も、正常に表示されるようになったぞ。
《獰猛なスケイルハイド》《爆裂ブロートバット》を組み合わせたバ獣を手札から使用する際、断末魔のアニメーションが実行されることはなくなったぞ。
《テス・グレイメイン》の雄叫び効果は、ヒーローカードも再度使用するようになったぞ。
《テス・グレイメイン》の雄叫び効果の上限はカード30枚分になり、またこのカード自身が《沈黙》を受けたり、または死亡、変身、戦場からの退出をしたり、あるいはいずれかのヒーローが死亡した場合、効果が停止する。
《リネッサ・サンソロウ》の雄叫び効果の上限はカード30枚分になり、強化効果をランダムな順番で使用する。
《リネッサ・サンソロウ》の雄叫び効果は[選択]カードの効果も含むようになったぞ(*[2回選択]は対象外だ)。
《レイラインの操り手》は、[黄金のコボルト]によって作成されたカードのコストも正常に減らすようになったぞ。
《溶岩の巨人》の死亡時に《身代わり人形》が発動した場合、新しい《溶岩の巨人》を正常に召喚するようになったぞ。
《ナイトプロウラー》は、戦場にミニオンがいない場合、手札で黄色いオーラを放つようになったぞ。
《キング・トグワグル》は、両方のデッキがカード30枚以上の時も、カードを焼くことなくデッキを入れ替えるようになったぞ。
《告死隠者スロール》の能力などによる変身効果で、《飢えたハゲタカ》《肥え太った有力者》などの召喚トリガーを発動させることはなくなったぞ。

怪物狩り
[ショーの猟剣]は、強化前の体力と等しいダメージを受けているミニオンも正常にカウントするようになったぞ。
プレイヤーが[異なる時間線]を使用した場合に[無限のトキ]の体力がリセットされることはなくなったぞ。
[フロストモーン]の断末魔の発動時、トキのヒーローパワー[時空間ループ]を使用する前に[フロストモーン]で破壊したミニオンも正常に召喚するようになったぞ。
お宝[戦場稼ぎ]は、《ソード・オブ・ジャスティス》が最後の耐久度を消費した時にも発動するようになったぞ。

参考リンク

公式ページ「 アップデート11.2 – 6月6日」

よく一緒に読まれている記事

このページをシェアする

-パッチノート

ハスゲおすすめ記事

1
『妖の森ウィッチウッド/The WitchWood』の評価と新カード一覧

ハースストーン新カードパック『妖の森ウィッチウッド/The WitchWood』 ...

2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

3
【使い方ガイド】一番安く課金をするなら『Amazonコイン』【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...