ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

【デッキガイド】奇数パラディンのデッキ解説 マリガンとマッチアップについて

2018/06/05

スタンダードに対応した【奇数パラディン】のデッキリストを掲載しています。奇数パラディンがどういったデッキなのか特徴を簡潔に記載し、相性として得意なデッキと苦手のデッキを公開。細かいプランに対応したマリガンガイドを掲載しています。その他、大会とランク戦で上位の結果を出したデッキレシピも全て確認することができます。
このデッキはシルバーハンド新兵を多用することから「奇数新兵パラディン」とも呼ばれます。


目次

デッキリスト

※スタンダード使用不可のカードはグレー表示になります。

奇数パラディン

デッキの特徴

強化ヒーローパワーとの新兵シナジー

月を食らうものバク

《月を食らうものバク》による強化ヒーローパワーを軸に、強化して戦うことを基本戦術とする。

《レベルアップ!》:3体以上に発動したい。挑発もつくためアグロに対しても有効
《菌術師》:どのミニオンでも+2/+2できるため横並びのこのデッキとは相性が良い
《ストームウィンドの勇者》:体力も強化される点が強力。自身も6/6のため攻撃要員となる
《回廊漁り蟲》:大量のミニオンが並ぶため0マナですぐに召喚できる

構築によって採用されるカード

レイドリーダー
《レイドリーダー》
展開したミニオンを全体強化できる。《有徳の守護者》で守りたい
ストーンヒルの守護者
《ストーンヒルの守護者》
偶数の《太陽の番人タリム》を獲得できた時に最も強力。ミラーマッチも4回分新兵の攻撃を防げる点も優秀
賑やかな吟遊詩人
《賑やかな吟遊詩人》
体力をバフできるためミラーマッチで先に召喚した時に相手の新兵を一方的に処理できる
ダイアモール
《ダイアモール》
1マナは《ファイアフライ》《グレイシャル・シャード》なども候補になる。《アケラスの古残兵》《アージェントの従騎士》は必須に近い
魔女の大釜
《魔女の大釜》
《神聖なる恩寵》と違い相手に左右されず自分のミニオンが多ければ効果を発動しやすい。シャーマンは《溶岩爆発》《ライトニングボルト》などの直接火力を引けた場合に強力
ライツ・ジャスティス
《ライツ・ジャスティス》
特にミラーマッチにおいて強力。相手の新兵を1マナで処理し続けることができる

勝利プラン・コンボ

ヒーローパワーとミニオンを大量に展開して相手の除去を上回る形で押し切ることが勝利プランとなる。

対アグロの場合

お互いに全体除去を持たない場合が多い。そのため先に盤面を優位にした方が勝利する。具体的には相手のヒーローより相手の盤面を処理することに注力することになる。
特に、パラディンのアグロデッキは《王の祝福》《レベルアップ!》《菌術師》とミニオンの強化カードが非常に多いため、不利トレードでも処理をする場合が多い。最終的に自分の場に1体でも多くミニオンが残るようにしつつ、ミラーマッチでは新兵を優先して処理しよう。

ヒーローパワーは強力だが、手札を消費してでも質の高いミニオンを展開していこう。

対コントロールの場合

このマッチはヒーローパワーを多用することになる。相手は1/1の新兵とはいえ4体以上並ぶと処理してくる場合が多いが、こちらはヒーローパワーのため手札消費は最小限で済む。全体除去がデッキ毎に何枚あるか把握し、攻めを何回かに分けて行うことが重要と言える。

具体的には、コントロールは全体除去を多く持っているため、盤面が4〜5体程度埋まっていれば1マナミニオンをあえて召喚しない。相手の全体除去を見てから再度展開することで相手の全体除去を枯らすことができる。

基本的なマリガン

参考リストに採用されているカード以外にも、採用される可能性があるカードを含めてマリガンを記載しています

必ずキープ

《ジャングルの遭難者》《有徳の守護者》《回廊漁り蟲》

1マナのミニオンがいない場合

《アージェントの従騎士》《ファイアフライ》

上記のカードがある場合

《未鑑定の大槌》《アケラスの古残兵》
パラディンの場合は《アケラスの古残兵》をキープしない

遅いデッキの場合

ドルイド、プリースト、ウォリアーなどが該当する
《レベルアップ!》

キューブロックの場合

《菌術師》《地獄の炎》があるため《レベルアップ!》より優先。《ファイアフライ》などの体力が合計4点以上になるミニオンか、聖なる盾を持つミニオンに付与すること。
《鉄嘴のフクロウ》:対象は《取り憑かれた従者》《ヴォイドロード》
《神聖なる恩寵》:序盤のカードが引けている場合

アグロデッキの場合

パラディンとローグ相手には《ライツ・ジャスティス》
ハンターはライフの消費が激しい分盤面は優位になっている場合が多いため、《レベルアップ!》をキープして挑発を作る動きが重要
※各デッキ毎、その時の手札の組み合わせにより複雑に変化します。

デッキ毎のマッチアップ

奇数新兵パラディンが得意なデッキ

ハンター、ローグ全般

全体除去が少なく、あっても《爆発の罠》と防ぎやすいカードのため、ハンター側はパラディン側のミニオンを処理しきることができない。
ローグも同様で全体除去が乏しいため、ミニオンを最大限展開していくことで有利に進めることができる。(【奇数ローグ】は構築次第では五分に近い)

【クエストドルイド】

基本的に遅いドルイドはこうしたミニオンを強化してライフを削るタイプのアグロデッキに弱い。大型の挑発も1体だけでは《鉄嘴のフクロウ》で防がれてしまう。
しかし、【トークンドルイド】だけは《海の巨人》があり、自身の新兵トークンも含めて0コストに近いコストで召喚されることや、ドルイド側にも《狐火の森》《拡がりゆく虫害》でミニオンを並べられるため不利となる。

【奇数クエストウォリアー】

《破界王ガロッシュ》の非採用や全体除去の枚数が限られていることから、ゲーム後半の展開を止めることができない。
ミニオン1体の質は低く、クエストをフィニッシャーとしている分、大量に並ぶトークンの前ではあまり強くない8点ヒーローパワーになる点も不利の要因。

奇数新兵パラディンが苦手なデッキ

全体除去の枚数や、相手のデッキの展開力にもよるがパラディン側のミニオンを全て処理されると厳しい。そのため、主に全体除去を豊富に持つデッキに対して不利になる。

【コントロールメイジ】【コントロールプリースト】

メイジは全体除去が豊富であり火力も高いため、強化したミニオンごと処理されてしまう。《凍血の魔王妃ジェイナ》《ドラゴンコーラー・アランナ》の2大フィニッシャーに対する明確な回答を持っていない点も不利となる。このフィニッシャーに間に合わせないように速攻で勝負を片付けたい。挑発が無いため大きく不利ではないと言える。

プリーストはドラゴンシナジー採用型の場合全体除去の枚数がダントツに多いデッキと言える。そのため、展開した新兵も強化した新兵も処理されやすい。新兵を大量に並べた時に《心霊絶叫》を食らうと以降のドローも新兵となりやすく畳み掛けることができない。

【キューブロック】

全体除去の枚数は限られているものの《ヴォイドロード》の突破が非常に難しい。《鉄嘴のフクロウ》を当てても《肉食キューブ》で捕食して再度復活させられるため、このコンボがそろった場合勝利することは難しいと言える。手札が揃いきらない最序盤で仕掛けたい。

ランク戦上位のデッキ

デッキ名 時期
S51 レジェンド28位 CptnKitty 奇数パラディン 2018-06-22
S51 レジェンド33位 Nafben 奇数パラディン 2018-06-15
S51 レジェンド13位 strikeright 奇数パラディン 2018-06-13
S51 レジェンド1位 Hoej 奇数パラディン 2018-06-11
S51 レジェンド3位 Hoej 奇数パラディン 2018-06-08
S51 レジェンド16位 Akatsu 奇数パラディン 2018-06-07
S51 レジェンド62位 N0lan 奇数パラディン 2018-06-06
S51 レジェンド34位 SGAhiIce 奇数パラディン 2018-06-04
S50 レジェンド9位 Chakki 奇数パラディン 2018-05-31
S50 レジェンド31位 Oloninho 奇数パラディン 2018-05-25

もっと見る

大会入賞デッキ

デッキ名 時期
HCT Seoul 優勝 Hunterace 奇数パラディン 2018-06-11

もっと見る

よく一緒に読まれている記事

このページをシェアする

-人気記事, 参考デッキ
-

ハスゲおすすめ記事

1
『妖の森ウィッチウッド/The WitchWood』の評価と新カード一覧

ハースストーン新カードパック『妖の森ウィッチウッド/The WitchWood』 ...

2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

3
【使い方ガイド】一番安く課金をするなら『Amazonコイン』【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...