ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

【デッキガイド】奇数ローグの特徴 マリガンとマッチアップ

2018/07/20

スタンダードに対応した【奇数ローグ】のデッキリストを掲載しています。奇数ローグがどういったデッキなのか特徴を簡潔に記載し、相性として得意なデッキと苦手のデッキを公開。細かいプランに対応したマリガンガイドを掲載しています。その他、大会とランク戦で上位の結果を出したデッキレシピも全て確認することができます。
このデッキはアグロ構成のため「アグロローグ」と呼称されることもあります。

目次

デッキリスト

※スタンダード使用不可のカードはグレー表示になります。

奇数ローグ

デッキの特徴

『妖の森ウィッチウッド』で登場した《月を食らうものバク》により強化された2マナ2/2の武器ヒーローパワーで盤面をとることやライフを詰めることを得意とするアグロデッキ。

盤面の制圧力

アグロデッキの中でも盤面の制圧力が非常に高いデッキ。相手の盤面に干渉できるカードが多く、除去もこなせるアグロデッキという立ち位置。ヒーローパワーも相まって普通の展開力のデッキであれば完封することができる。
《SI:7諜報員》:アグロ相手に強力。
《ヴァイルスパイン・スレイヤー》:相手のフィニッシャーをたった1枚で沈めることができる
《致死毒》:ヒーローパワーと合わせてたった3マナで中級ミニオンを2体処理できるサイズになる

ミニオンの高火力

《ヘンチ・クランのゴロツキ》《獰猛なヒナ》がこのデッキのエースと言える。盤面をとった状態でこの2体を駆使し、ターンが経過するごとに巨大化していくため相手は処理できなくなってくる。

展開したミニオンの強化

盤面をとることができるため、ミニオンが生き残りやすい。そのためミニオンのバフカードが効果的に働きやすい。
《冷血》:《リロイ・ジェンキンス》と合わせて10点のバーストダメージ。フィニッシュ以外にも聖なる盾を持った《アージェントの従騎士》《獰猛なヒナ》に使用して有利トレードや詰めに使っても非常に強力な1枚
《コバルト・スケイルベイン》:このミニオン自身も5/5と無視できないサイズに加え、横のミニオンも放置できないサイズになるため強力
《菌術師》:体力ごと強化できるため非常に強力

勝利プラン・コンボ

基本的に勝利プランは1つで「盤面をとりきって、相手のライフを詰める」ことが最重要である。

《SI:7諜報員》《ヴァイルスパイン・スレイヤー》で相手の盤面を処理して、有利な盤面で《ヘンチ・クランのゴロツキ》《獰猛なヒナ》の着地を狙うプラン。どのデッキが相手でも序盤はほぼこのプランを選択するが、特にアグロデッキなど全体除去を持たないデッキ相手に強力なプラン。

相手ミニオンを除去したうえで自分の盤面を展開することが最も強力であるため、聖なる盾を持つミニオンに《冷血》をつけて大型ミニオンと有利トレードできると強力。《冷血》はこれ以外にも相手ライフを詰める目的でリーサル以外の盤面でも使用していくことが多い。《地獄の炎》《冒涜》などで除去されないミニオンを強化しておこう。

ゲーム終盤では相手ライフを詰めるために《致死毒》で強化したヒーローパワーや《SI:7諜報員》を相手の顔面に向けて使用していく。《ヴァイルスパイン・スレイヤー》は盤面をとることに使用して良いが《鉄嘴のフクロウ》はステータスが貧弱なためできればリーサルの時に使いたい。

基本的なマリガン

参考リストに採用されているカード以外にも、採用される可能性があるカードを含めてマリガンを記載しています

必ずキープ

《ファイアフライ》《ダイアモール》《アージェントの従騎士》《ヘンチ・クランのゴロツキ》

上記の1マナミニオンがある

《獰猛なヒナ》

対アグロ

《タール・クリーパー》《グレイシャル・シャード》

後攻

《SI:7諜報員》

対コントロール

《冷血》:序盤から積極的に使用していきたい
《獰猛なヒナ》:必ずキープするカードに格上げ

対パラディン

《ナイフの雨》:パラディン以外にあまり機能しないため採用率は低い

対ウォーロック

《鉄嘴のフクロウ》:《取り憑かれた従者》《ヴォイドロード》に当てたい
※各デッキ毎、その時の手札の組み合わせにより複雑に変化します。

デッキ毎のマッチアップ

奇数ローグが得意なデッキ

テンポメイジ、マーロックパラディン、奇数ハンター

これらのデッキは同じアグロデッキながら、ローグのほうが盤面をとる力に長けているため最序盤の攻防で勝利することができればそこまで苦戦することがない。
パラディンは《王の祝福》があるためできるだけミニオンは処理しておきたい。
奇数ハンターとテンポメイジに関してはダメージ呪文で一気にライフが削られる可能性があるため、武器で相手ミニオンを処理しすぎないようにすること
どの場合にせよメイジであれば《ファイアーボール》2枚の8マナ12点、ハンターであれば《殺しの命令》2枚の6マナ10点が最大火力のため、このライン以下になることが無いようにしよう。

クエストローグ、ミラクルローグ

相手は全体除去が無く回復も乏しいため、こちらの一方的な展開を止めることができない。

奇数ローグが苦手なデッキ

コントロールウォリアー

ミニオンの体力が低いため横展開しても《大暴れ》、縦展開しても《シールドスラム》ですぐに処理されてしまう。そこに武器破壊ミニオンや急襲ミニオンが加わるため盤面を優位に保つことが厳しい。

このマッチでは聖なる盾を持つミニオンが乱闘以外では簡単に除去されないため、そのミニオンに《冷血》をつけて相手ライフを大きく削っていく動きが重要となる。そこでギリギリまでライフを削り《リロイ・ジェンキンス》を刺すことができれば押し切ることができる。

奇数パラディン、偶数パラディン

ウォリアーほどではないが不利と言える。
奇数パラディン相手はヒーローパワーの1/1トークンに一々武器を振ってられないため処理しきれない。そこに《レベルアップ!》が決まると全体除去を持たないローグは厳しい戦いとなる。最序盤の《ファイアフライ》《ダイアモール》でいかにトークンを処理しながらミニオンを展開していくことができるかが重要。有利な盤面で《菌術師》を展開できると理想の動きと言える。

偶数パラディンは、マーロックパラディンとは違い《トゥルーシルバー・チャンピオン》《平等》《聖別》といったローグの盤面を処理しきれるカードを有しているため、一度盤面を処理されたところに《動員》から展開されると苦しい展開となる。

コントロールウォーロック

キューブ型には五分に近い相性だが、コントロール型は除去カードが非常に多いため超えることができない。《ヴォイドロード》も一度展開されては《鉄嘴のフクロウ》以外では相手ライフを詰めることが難しく、次のターンの全体除去を許してしまう。

奇数ローグの強み

アグロデッキながら、大きく不利なマッチが少ないことが挙げられる。キューブに対してもある程度戦える力を持ちながら、テンポメイジやフェイスハンターといったアグロデッキに対して有利な点が強みと言える。

ランク戦上位のデッキ

デッキ名 時期
S52 レジェンド1位 Grantz 奇数ローグ 2018-07-22
S52 レジェンド10位 RaFaEl 奇数ローグ 2018-07-18
S52 レジェンド46位 Cptnkitty 奇数ローグ 2018-07-15
S52 レジェンド1位 Disdai 奇数ローグ 2018-07-06
S51 レジェンド1位 RaFaEl 奇数ローグ 2018-06-22
S51 レジェンド2位 RaFaEl 奇数ローグ 2018-06-18
S51 レジェンド3位 matff 奇数ローグ 2018-06-14
S51 レジェンド1位 Mikolop 奇数ローグ 2018-06-13
S51 レジェンド1位 RaFaEl 奇数ローグ 2018-06-07
S50 レジェンド61位 k1ngkong 奇数ローグ 2018-05-28

もっと見る

大会入賞デッキ

デッキ名 時期
HCT Italy hunterace 奇数ローグ 2018-07-09
HCT Seoul 優勝 Hunterace 奇数ローグ 2018-06-11
HCT Taipei seogui ベスト4 奇数ローグ 2018-04-30

もっと見る

よく一緒に読まれている記事

このページをシェアする

-デッキ, 人気記事, 参考デッキ
-

ハスゲおすすめ記事

1
『博士のメカメカ大作戦/The Boomsday Project』の新カード評価まとめ

ドクター・ブームと爆発的な科学がテーマのカードパック『博士のメカメカ大作戦/Th ...

2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

3
【使い方ガイド】一番安く課金をするなら『Amazonコイン』【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...