ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

ハースストーンのナーフが決定。野生の繁茂、滋養、レベルアップ!、サロナイト鉱山の奴隷、吸血毒が下方修正

2018/12/20

Blizzardより2018年12月20日より実施されるカードのバランス変更の内容が発表されました。カードのナーフの内容と考察を記載しています。

実施時期

2018年12月20日(日本時間)

《野生の繁茂》のコストが2→3、《滋養》のマナコストが5→6へ


「野生の繁茂」と「滋養」は、基本およびクラシックセットで登場して以来、あらゆるミッドレンジ、コンボ、コントロールのドルイドデッキに採用され続けています。基本およびクラシックセットのカードが強力すぎると、ゲームに長期的な悪影響を及ぼしかねません。常にこれらのカードを相手にしているとプレイがマンネリに感じられるようになりますし、またデッキに必須のカードとされることにより、創造的なデッキ構築の可能性を狭めてしまいます。これら両カードのマナコストを1ずつ増やすことで、終盤戦特化のドルイドデッキの選択肢としては残りつつも、マナ加速自体を強みとはしない戦略のデッキには安易に採用されなくなることを期待しています。

《レベルアップ!》のコストが5→6へ

「奇数パラディン」は、「妖の森ウィッチウッド」で登場して以来ずっと、最も強力で、最もプレイされているデッキの1つです。今後「奇数パラディン」は「レベルアップ!」を使えなくなり、ダメージ出力が一定に抑えられることで相手にとっては対戦しやすくなりつつも、盤面コントロールに長けたデッキとして使われ続けることを期待しています。

《サロナイト鉱山の奴隷》が雄叫びで出すミニオンが《サロナイト鉱山の奴隷》に変更

「シャダウォック」は面白いコンボをもたらしますが、1回の対戦で何度も何度も「シャダウォック」を使われることは、苛立ちの原因となり得ます。「サロナイト鉱山の奴隷」に変更を行うことにより、1回の対戦で「シャダウォック」を繰り返し使うことはかなり難しくなります。「シャダウォック」は「サロナイト鉱山の奴隷」の雄叫びで自身をコピーし続けるのではなく、強力な1ターンの効果をもたらすカードとなるはずです。

《吸血毒》の効果が「このターンの間」に変更、コストが2から1へ

対戦中に「大逆の刃キングスベイン」を強力な武器へと育てていく、というファンタジーは気に入っているものの、「吸血毒」により永続的な生命奪取効果を与えることで、終盤にはほとんど弱点がなくなっていました。また「ローグが持続的な自己回復能力を持つべきではない」という我々の哲学にも矛盾しています。生命奪取の付与を1ターンのみに限定することで、「キングスベインローグ」の終盤のパワーレベルの問題はある程度解決されるはずです。

コミュニティの意見

前回のナーフと比べて大きな修正で、ナーフ予告の予告もなかったため、コミュニティの反響は大きなものとなっています。具体的なユーザーの掲載は控えますが、「歴史的」なナーフであるというコメントが複数見られます。

特に《野生の繁茂》はドルイドの象徴とも言えるカードで、このタイミングで修正が入ることを予想していたユーザーはいなかったでしょう。コミュニティの反応は歓喜の声と惜しむ声で2分されています。

《滋養》に関しては《究極の侵蝕》のとばっちりを受けてしまったという見方が多いようです。実際、《滋養》《究極の侵蝕》が出るまでは採用率が低く、使われたとしても3ドローとして用いられることがほとんどで、インパクトのあるカードではありませんでした。

《レベルアップ!》は偶数パラディンに採用されないか危惧する声も上がっています。《カワキタニの看守》が相性の良いカードとして挙げられます。

《サロナイト鉱山の奴隷》はシャダウォックだけでなくズーにも影響がありそうです。

《吸血毒》のナーフは喜んでいるユーザーが多いようです。また、《大逆の刃キングスベイン》登場前に最弱扱いされていたこのカードが、さらに弱くなってしまった、というコメントも見られます。

よく一緒に読まれている記事

このページをシェアする

-記事

ハスゲおすすめ記事

1
【新拡張】『爆誕!悪党同盟/Rise of Shadows』の新カード評価まとめ

ハースストーン新カードセット『爆誕!悪党同盟/Rise of Shadows』の ...

2
【使い方ガイド】お得すぎるAmazonコインの使い方【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...