ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

【デッキガイド】シャダウォックシャーマンの特徴 マリガンとマッチアップ

スタンダードに対応した【シャダウォックシャーマン】のデッキリストを掲載しています。シャダウォックシャーマンがどういったデッキなのか特徴を簡潔に記載し、相性として得意なデッキと苦手のデッキを公開。細かいプランに対応したマリガンガイドを掲載しています。その他、大会とランク戦で上位の結果を出したデッキレシピも全て確認することができます。


目次


デッキリスト

※スタンダード使用不可のカードはグレー表示になります。

シャダウォックシャーマン

デッキの特徴

このゲーム中に使用した雄叫び効果全てをランダムな順番で全て発動する効果を持つ《シャダウォック》を軸にしたデッキ。

その多くは《ライフドリンカー》の雄叫び効果を《シャダウォック》で複数回使用し、相手のヒーローにダメージを与える効果を繰り返すことによる回避不可なワンターンキルによるリーサルを狙う。

《サロナイト鉱山の奴隷》の効果によって《シャダウォック》のコピーを召喚し、それを《ゴルゴン・ゾーラ》の効果でコピーするか、もしくは《世界揺さぶるグランブル》の効果により手札に戻すことで、《シャダウォック》の強力な雄叫び効果を繰り返し使用出来るのである。

デッキ自体は《シャダウォック》を軸としているため雄叫びを持つミニオンを軸に戦っていくことになる。

注意点

《シャダウォック》によるワンターンキルには注意点がある。それは発動の順番である。
《シャダウォック》の効果の発動順はランダムとされており、《世界揺さぶるグランブル》もしくは《ゴルゴン・ゾーラ》の発動より先に、《サロナイト鉱山の奴隷》の効果によるコピーが発動しなくてはならない。

そのため出来るだけ高い確率で《シャダウォック》を再度使用するためには、《サロナイト鉱山の奴隷》を2枚もしくは《ゴルゴン・ゾーラ》込みで3枚、または《世界揺さぶるグランブル》を増やして使用することで確率を高めることが出来る。

雄叫びを持つカードの紹介

《シャダウォック》により使用されることも考えて採用する。
主に《シャダウォック》でのワンターンキルのコンボパーツや単純に汎用性の高い雄叫びミニオンが採用されている。

《グレイシャル・シャード》
1マナにして非常に強力な雄叫び効果を持つ。
《シャダウォック》によるリーサルを狙う際、2ターン以上に分けてになるため、《シャダウォック》の効果で発動する分にも非常に有効。

《サロナイト鉱山の奴隷》
このデッキのコンボパーツでありつつ単体でも様々なクラスで採用されるほどの汎用性のある優秀な中立カード。

《ライフドリンカー》
コンボパーツ。
ダメージも回復もどちらも強力でスタッツも3/3とそこまで悪くない。比較的暇な時にプレイすることが多い。

《世界揺さぶるグランブル》
コンボパーツ。
スタッツは6/7/7と非常に強力。
単体で使用する場合は《グレイシャル・シャード》をはじめとした雄叫びミニオンを再利用したり、体力の消耗したミニオンの擬似的な回復など様々な用途で使用できる。

《シャダウォック》の効果でコピーした《シャダウォック》を手札に戻せれば1マナになるため、1ターンに最大10回《シャダウォック》を召喚できる。

《ゴルゴン・ゾーラ》
コンボパーツ。
任意のミニオンをコピーできる。
コピーする対象は状況によってより強力なものを選ぼう。
《ケレセス公爵》を採用した型では《ケレセス公爵》のコピーも有力な候補になる。

《ケレセス公爵》
2マナのカードを採用できなくなるといったデメリットはあれど、効果は非常に強力な雄叫びミニオン。
このカードの雄叫びが発動することでミッドレンジデッキとしての性能が非常に高まる。
《世界揺さぶるグランブル》《ゴルゴン・ゾーラ》との組み合わせでの使用も強力。

《魔女ハガサ》
雄叫びで全体3点の強力な全体除去。
ヒーローパワーも非常に強力で、このカード1枚で状況を覆す力がある。

《暴蝕ウーズ》《精神支配技士》などの汎用カード
雄叫びという縛りは非常に緩く、様々なカードを採用することが出来るため環境に合わせて強力なものを採用しよう。

勝利プラン・コンボ

前述した通り《シャダウォック》によるワンターンキルを狙うのが基本プランであるが、それだけではない。

コンボパーツが全部使用された状態でなくても《シャダウォック》はは非常に強力なため、《サロナイト鉱山の奴隷》によるコピーや、《グレイシャル・シャード》による凍結や《魔女ハガサ》の全体除去など、盤面を一時リセットしたりして、そのまま制圧したりなどといった勝ち筋も十分にある。

VSアグロ

《ライトニングストーム》《火山噴火》といった全体除去を駆使し捌き切ることによって後半に繋げよう。
《シャダウォック》のバリューにはそこまで気にせず、制圧できそうな状況であれば積極的に出して押し切ってしまおう。

VSコントロール

《シャダウォック》によるワンターンキルによる勝利を狙おう。コントロールは基本的にパーツが揃うまでの時間を与えてくれることが多いため、《シャダウォック》を雑に切ったりして勝ち筋を見失わないように注意してプレイしよう。

基本的なマリガン

参考リストに採用されているカード以外にも、採用される可能性があるカードを含めてマリガンを記載しています

このデッキではどのマッチでもキープするといったカードがほとんどなく、各マッチアップによって必要だと思うカードをキープし、前述した勝利プランに繋げるかといったことが大切になる。

マストキープ

《ケレセス公爵》

VS横並びのデッキ

《精神支配技士》《ライトニングストーム》

VSアグロデッキ

《ライトニングボルト》《ライトニングストーム》

VSミッドレンジデッキ

《火山噴火》

VSコントロールデッキ全般

《苦痛の侍祭》《マナの潮のトーテム》

武器を使うヒーロー

《暴蝕ウーズ》

VSドルイド・ウォーロック

《呪術》

※各デッキ毎、その時の手札の組み合わせにより複雑に変化します。

デッキ毎のマッチアップ

シャダウォックシャーマンが得意なデッキ

攻め手が少なくOTKの準備を進めやすいコントロールデッキ全般に有利。

挑発ドルイド

《呪術》が強力。《リッチキング》《肉食キューブ》《ハドロノックス》などの厄介なミニオンを無効化出来る。

コントロールメイジ

相手からの強力な攻め手がほとんどなくOTKの準備を着々と進めることが出来るため有利。

コントロールウォーロック

《第一使徒リン》でカウントを稼がれなければ有利に戦えるマッチ。
OTKによる勝利を狙う。

呪文ハンター

攻め手が薄く、《エメラルドの小呪文石》《火山噴火》で完全回答できる。
相手がゆっくりしてるうちにOTKの準備を進めよう。

シャダウォックシャーマンが苦手なデッキ

コントロールデッキに強いデッキや、早いデッキなどに不利がつきやすい。

トークンドルイド

《狐火の森》+《森の魂》からの《獰猛な咆哮》《枝分かれの道》などに回答がしづらい。
《ライトニングストーム》《火山噴火》を合わせて2枚使用しなければならないため難しく、なかった場合はそのまま試合が終わってしまうこともある。

キューブハンター

直接打点が非常に強力で、《電撃デビルサウルス》《キングクラッシュ》の処理も難しい。

クエストローグ・ミラクルローグ

コントロールデッキを狩るデッキで、短いターン内に非常に高いバリューを出せる点が厳しい。

奇数パラディン

横並びの展開への対処が難しく、処理しても何度も強力な横展開を繰り返してくるため自分のペースに持ち込むのが難しい。


ランク戦上位のデッキ

デッキ名 時期
S51 レジェンド52位 fire シャダウォックシャーマン 2018-06-18
S51 レジェンド6位 Londgrem シャダウォックシャーマン 2018-06-14
S51 レジェンド23位 Zuka シャダウォックシャーマン 2018-06-13
S51 レジェンド8位 Zuka シャダウォックシャーマン 2018-06-05
S50 レジェンド20位 Meati シャダウォックシャーマン 2018-05-31
S50 レジェンド27位 Raena シャダウォックシャーマン 2018-05-25
S50 レジェンド21位 Meati シャダウォックシャーマン 2018-05-23
S50 レジェンド57位 zlsjs シャダウォックシャーマン 2018-05-23
S50 レジェンド上位 Meati シャダウォックシャーマン 2018-05-16
S50 レジェンド13位 sipiwi94 シャダウォックシャーマン 2018-05-12

もっと見る

大会入賞デッキ

デッキ名 時期

もっと見る

よく一緒に読まれている記事

このページをシェアする

GMコイン

-人気記事, 参考デッキ
-

ハスゲおすすめ記事

1
『妖の森ウィッチウッド/The WitchWood』の評価と新カード一覧

ハースストーン新カードパック『妖の森ウィッチウッド/The WitchWood』 ...

2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

3
【使い方ガイド】一番安く課金をするなら『Amazonコイン』【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...