ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

【デッキガイド】性悪ドルイドのデッキ解説 マリガンとマッチアップについて

スタンダードに対応した【性悪ドルイド】のデッキリストを掲載しています。性悪ドルイドがどういったデッキなのか特徴を簡潔に記載し、相性として得意なデッキと苦手のデッキを公開。細かいプランに対応したマリガンガイドを掲載しています。その他、大会とランク戦で上位の結果を出したデッキレシピも全て確認することができます。
このデッキは《性悪な召喚師》がデッキのコアカードとなっているため「召喚師ドルイド」とも呼ばれます。

目次

デッキリスト

※スタンダード使用不可のカードはグレー表示になります。

性悪ドルイド




ドラゴン型




デッキの特徴

《性悪な召喚師》による大型ミニオンの召喚

性悪な召喚師

デッキの呪文を《究極の侵蝕》のみにするという極端な構築をすることで《性悪な召喚師》の力を最大限活用することができる。10マナには《ティランタス》などの強力なミニオンが多く、ミッドレンジに対しては6ターン目に大型ミニオンを召喚することで制圧することができる。

《究極の侵蝕》のリソース回復力

究極の侵蝕

《性悪な召喚師》のために、なるべく引きたくないカードと言えるが、引いても強力なのがこのカード。1枚で手札をほぼ上限までドローして回復と5/5召喚をこなしながら相手ミニオンを除去することができる。《パイロブラスト》が霞むようなカード。

また、《記録保管大臣》を召喚することで《究極の侵蝕》を確定で発動することができる。デッキの《究極の侵蝕》を直接発動し、5ダメージの対象がランダムな点がネックだが、それを上回る効果を発揮する。

《ケレセス公爵》《欲張りスプライト》などの優秀なミニオン

2マナに必要なカードが少ないドルイドは《ケレセス公爵》を問題なく採用することができる。これにより《サロナイト鉱山の奴隷》を採用しやすくなる。他のクラスには無い強みとして《欲張りスプライト》によるマナ加速が挙げられる。これにより1ターン早く《性悪な召喚師》《究極の侵蝕》をプレイすることができると言えば、どれだけ強力かが分かる。

構築によって採用されるカード

クリプトロード
《クリプトロード》
アグロを意識した時に《タール・クリーパー》に加えて採用する
スケイルワーム
《スケイルワーム》
ドラゴン型で採用される。《ワームガード》《始祖ドレイク》なども併用される
菌術師
《菌術師》
挑発ミニオンを強化することで盤面が有利になる。ミラーマッチでも優秀
大鎌のドルイド
《大鎌のドルイド》
呪文が無いこのデッキでは急襲ですぐにミニオンを除去できるは重宝できる。アグロには挑発になれる点もポイント

勝利プラン・コンボ

デッキの特性上、基本的にミニオンのみで解決することになる。 そのため、選択肢は少なく勝利プランはビートダウンの一本に寄るが、相手のデッキによって若干の分岐がある。

対アグロの場合

《クリプトロード》《タール・クリーパー》《ファイアフライ》などの序盤のミニオンで除去を優先して戦う。盤面さえ押さえつけることができれば《性悪な召喚師》の召喚で一気に逆転できるため、ひたすら凌ぎきることが重要。

対コントロールの場合

《欲張りスプライト》《性悪な召喚師》をキープしてバリューの高いミニオンで勝負をすることになる。大型ミニオンを並べて一気に押し切るか、《スペルブレイカー》で挑発を抜いて止めを刺す場合がある。

基本的なマリガン

参考リストに採用されているカード以外にも、採用される可能性があるカードを含めてマリガンを記載しています

必ずキープ

《ケレセス公爵》

対アグロデッキの場合

《タール・クリーパー》《クリプトロード》《ファイアフライ》

【奇数ハンター】の場合

《グレイシャル・シャード》

パラディンの場合

《精神支配技士》

ローグとウォリアーの場合

《大鎌のドルイド》《ヘンチ・クランのゴロツキ》を除去できなかった時に盤面を制圧されやすいため。

上記のカードがある場合

《欲張りスプライト》《性悪な召喚師》

遅いデッキの場合

ドルイド、プリースト、ウォリアーなどが該当する
《性悪な召喚師》《欲張りスプライト》

【キューブロック】の場合

《スペルブレイカー》
※各デッキ毎、その時の手札の組み合わせにより複雑に変化します。

デッキ毎のマッチアップ

性悪ドルイドが得意なデッキ

ウォリアー、プリースト、ドルイド全般

基本的に遅いデッキ相手には《性悪な召喚師》《究極の侵蝕》の発動が容易のため盤面およびアドバンテージの面で勝ちやすい。召喚するミニオンも中級以上のミニオンを1体ずつ出すため全体除去による逆転が発生し辛い。

ハンター、メイジのミッドレンジ以下全般

呪文でライフを削るタイプのデッキに対しても実は耐性が強い。挑発が多いことからある程度の攻撃は防ぐことができ、呪文の圏内までライフが下がることが無い。《魔蝕の病霜マルフュリオン》による装甲獲得も非常に強力。

性悪ドルイドが苦手なデッキ

全体除去が無いため、ミニオンで自分以上に強力な盤面を形成してくるデッキに対して不利となる。また、遅いデッキにはとことん強いデッキにも同じく不利となりやすい。

パラディン全般

自分のデッキより早い速度で強力な盤面を形成してくるため、処理が追いつかない。【奇数パラディン】であればまだ勝つことができるが、《王の祝福》《動員》が採用されるその他のデッキには不利となる。【偶数パラディン】は《平等》を採用するパターンもあるため大型ミニオンが機能しない。

【クエストローグ】

《性悪な召喚師》までは速度がそこまで出ないため、その間に準備されてクエストが達成されると苦しい戦いとなる。

ランク戦上位のデッキ

デッキ名 時期
S50 レジェンド8位 Natume 性悪ドルイド 2018-05-11
S50 レジェンド7位 DocDamDam 性悪ドルイド 2018-05-09
S49 レジェンド16位 FroStee 性悪ドルイド 2018-04-29
S49 レジェンド1位 PrinceFancy 性悪ドルイド 2018-04-17
S49 レジェンド52位 Steelo 性悪ドルイド 2018-04-16
S49 レジェンド10位 Steelo 性悪ドルイド 2018-04-16
S49 レジェンド17位 Mryagut 性悪ドルイド 2018-04-14

もっと見る

大会入賞デッキ

デッキ名 時期
HCT Americas Rase GroupA 優勝 性悪ドルイド 2018-05-14
HCT Americas Killinallday GroupA 準優勝 性悪ドルイド 2018-05-14
HCT Americas Nalguidan GroupB 優勝 性悪ドルイド 2018-05-14
HCT Americas Dog GroupB 準優勝 性悪ドルイド 2018-05-14
HCT Europe Bunnyhoppor GroupB 優勝 性悪ドルイド 2018-05-07
HCT Europe A83650 GroupB 準優勝 性悪ドルイド 2018-05-07
HCT Taipei katsucurry ベスト4 性悪ドルイド 2018-04-30
HCT Taipei seogui ベスト4 性悪ドルイド 2018-04-30

もっと見る

よく一緒に読まれている記事

このページをシェアする

-人気記事, 参考デッキ

ハスゲおすすめ記事

1
『妖の森ウィッチウッド/The WitchWood』の評価と新カード一覧

ハースストーン新カードパック『妖の森ウィッチウッド/The WitchWood』 ...

2
【iOS】全ての課金を5%お得にする方法【GMコイン】

ハースストーンに課金する際、一番安く購入することができるのはAmazonコインで ...

3
【使い方ガイド】一番安く課金をするなら『Amazonコイン』【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...