ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

有名競技プレイヤー4人に聞いた、ナーフ解除カードの大予想!

2020/03/16

先日、お伝えしたナーフされたカードから元に戻るカードの予想を競技プレイヤーの蒼汁選手、posesi選手、glory選手、Machamp選手の4名にインタビューしました。

またイカ山さんが実施中の予想キャンペーンの投票の途中集計結果も合わせて、みなさんがどのカードの復活を望んでいるのか自分の予想と照らし合わせてみてはいかがでしょうか。
過去のナーフされたカード一覧はこちらをご覧ください。

合計10枚ものナーフされたカードが復活 ハースストーン開発者が言及

※掲載する画像はすべてナーフ前のものになります。

競技プレイヤー達の予想カード

ワタリガラス年

《狂気の天才ドクター・ブーム》

こちらはみなさんが予想していました。
コストを2も増やされてしまったドクター・ブーム。ワイルドでまた日の目を浴びる日が来るのでしょうか…

《含み笑う発明家》

Machamp選手の予想。
こちらも偶数奇数のことを考慮されてコストを2も増やされてしまいました。

《ぶんどり部隊》

こちらもみなさんが予想してました。
《段取り》のナーフと同時にコストをあげられてしまったカード。海賊ローグの弱体化を狙ってのナーフでしたが現在のスペックでは弱すぎる印象を受けます。

《倍増する腕》

こちらもみなさんが予想してました。
メカメカ大躍進で一度強化されて、多用された結果もとに戻ってしまいました。

《無謀な実験者》

蒼汁選手、glory選手が予想。
《チョッキンガー》とのコンボを危惧され、ナーフされてしまいました。

ドラゴン年

《下水すすりのゲス》

蒼汁選手、Machamp選手が予想していました。
ドラゴン大決戦リリース直後【ガラクロンドシャーマン】の席巻によりナーフされてしまったカードで、攻撃力を1減らした事による影響に疑問視する声もあります。

《霜の加護》

glory選手が選出。
こちらも【ガラクロンドシャーマン】の影響でナーフされてしまったカード。《凍結ポーション》を考えると妥当なスペックであるでしょう。

ワイルド

《タスカーのトーテム師》

蒼汁選手からの選出。
《コボルトの隠者》と比較すると弱すぎるスペックに慈悲の声も多いのでしょう。

《荒野の呼び声》

こちらは蒼汁選手が予想していました。
ナーフ後もスタンダード環境の【スペルハンター】などで多用されましたが、いまのワイルドでは息を潜めています。

《海賊パッチーズ》

蒼汁選手の予想。
突撃が削除された後もワイルド環境で度々使われ続けています。

《ボーンメア》

glory選手の予想。
《回廊漁り蟲》とセットが強力でナーフ前のスタンダード環境ではほとんどのデッキに入っていたボーンメア。しかし、スタン落ち後は見る影もなくなってしまいました。戻った後は《サメの精霊》《ブラン・ブロンズビアード》なども追い風になり活躍が期待できそうです。

《ちんけなバッカニーア》

glory選手が選出。
アグロ海賊デッキの戦力を支えていたが《精霊の爪》と同時にナーフされました。いまは《爆熱バトルメイジ》という優秀な1マナミニオンがおり、妥当なスペックだと考えられます。

《エメラルドの小呪文石》

蒼汁選手からの選出。
【秘策ハンター】を支え続けたカード。現在の【秘策ハンター】には《ハイエナ・リーダー》のように早い段階でトークンを展開できるカードがあるため、ナーフ解除もありえそうです。

《サロナイト鉱山の奴隷》

蒼汁選手からの選出。
《シャダウォック》により悪用されてしまったカード。ワイルドでは《ドッペルギャングスター》でコンボが再現可能なため、ナーフ解除されそうです。

《動員》

glory選手からの選出。
ナーフにより偶数デッキに搭載できなくなってしまいました。

《性悪な召喚師》

glory選手の選出。スタンダードではナーフ後も使われましたが、専用のデッキを構築する必要があるためスタン落ち後はほとんど活躍をしておりません。

《拡がりゆく虫害》

glory選手からの選出。
凍てつく玉座の騎士団」リリースからわずか一ヶ月でナーフをされてしまったカード。現在のワイルドでも《毒の種》と一緒に使われ、強力なカードです。

《地底の大洞窟》

こちらはMachanmp選手の予想。
クエスト達成条件と報酬を合計2回ナーフされた経験持つ唯一カードです。全盛期の【クエストローグ】がまた見られることになるのでしょうか。

【2020/03/11】追記
Dean Ayala氏が「Dean,いつものように輝いていてハンサムですね!また地底の大洞窟はナーフ解除できますか?」というリプライに対して「No」と答えているため難しいと思われます。


ハンサムですねに対してのNoの可能性もありそうですが…

《希望の終焉ヨグ=サロン》

こちらはposesi選手が予想していました。
現在は呪文詠唱中に退場すると詠唱を止めてしまう仕様ですがナーフ前は回数分しっかりと唱えてくれるヨグ様でした。パズルボックスのほうが強いなんて言わせないでくれ!とナーフ解除を望む声が多いでしょう。

ナーフ解除されるカード予想大会 途中経過発表!

前回も紹介した、イカ山さんの予想企画の3月9日までのデータを頂き集計しました。この時点で110人の方から投票されていました!自分の予想と照らし合わせてご覧ください。

投票がまだの人はぜひ参加しましょう!

ワタリガラス年

1位

《狂気の天才ドクター・ブーム》

97票

2位

《ぶんどり部隊》

93票

3位以下

《倍増する腕》 76票
《含み笑う発明家》 70票
《無謀な実験者》 58票
《ルナのポケット銀河系》 24票

 ワタリガラス年のカードは選択肢が少ないため票が集中していますが9割近くの方がドクター・ブームを選んでいました。ヒーローカードでナーフされた唯一のカードであるため解除を望む声が大きいのだと思われます。
 逆にルナのポケット銀河系は多くの人がナーフ解除を望んでいないというのもわかり面白い結果になりました。5マナのルナポケに泣かされたユーザーも多いのでしょう。

ドラゴン年

1位

《下水すすりのゲス》

49票

2位

《魔古の肉細工師》

34票

3位以下

《霜の加護》 8票
《召術師の招来》 3票
《堕落した精霊使い》 3票
《悪鬼の秘跡》 3票
《悪党同盟の悪漢》 3票
《イカリ》 2票
《竜牙の精霊》 2票
 ナーフ前から【進化シャーマン】や【クエストシャーマン】で人気の高かった《下水すすりのゲス》《魔古の肉細工師》に票が集まりました。現在のスタンダード環境でシャーマンがほとんど使われていないためナーフを惜しむ声も多いのでしょう。


 すでに下水すすりのゲスがナーフ解除されることが公式から発表されており、ドラゴン年は皆さんの予想通りという結果になりました。

ワイルド

1位

《荒野の呼び声》

61票

2位

《性悪な召喚師》

51票

3位以下

《希望の終焉ヨグ=サロン》 42票
《動員》 33票
《海賊パッチーズ》 33票
《サロナイト鉱山の奴隷》 32票
《ボーンメア》 29票
《縛鎖のラザ》 27票
《ちんけなバッカニーア》 24票
《吸血毒》 21票
以下省略

ワイルドのカードの得票は一番バラけてましたが《荒野の呼び声》が半数以上の方が投票していました。2019年10月のアップデートで一時的にスタンダードに復帰し、最近プレイしたユーザーの記憶にも残っているカードでもある為人気が集中したと考えられます。
ワイルドのカードがスタンダードに期間限定復活!

今後のナーフ解除カードの発表が楽しみな昨今。また情報が追加され次第お知らせいたします。

よく一緒に読まれている記事

合計10枚ものナーフされたカードが復活 ハースストーン開発者が言及

BlizzardのゲームデザイナーDean Ayala氏が、 ...

【結果発表】第4回ハースストーングランプリ投票結果

最強は誰か 決めるのは君だ 最高峰の選手が集う1年に1度の祭 ...

シャダウォックが早くも修正(ナーフ)か 開発者が来週にも対応すると言及

BlizzardのハースストーンバランスデザイナーであるDe ...

【招待制大会】第5回ハースストーングランプリ エントリー受付開始のお知らせ

最強は誰か 決めるのは君だ 日本最高峰の選手が集う1年に1度 ...

【結果発表】第5回ハースストーングランプリ投票結果

最強は誰か 決めるのは君だ 最高峰の選手が集う1年に1度の祭 ...

このページをシェアする

-人気記事, 記事

ハスゲおすすめ記事

1
【特集】『ハースストーン:バトルグラウンド』ヒーローTierリスト

現在先行プレイ期間中の新モード『ハースストーン:バトルグラウンド』ですが、明日1 ...

2
【特集】今夜勝ちたい!『ハースストーン:バトルグラウンド』講座!

11月6日より新モード『ハースストーン:バトルグラウンド』が実装されました。 こ ...

3
新拡張『激闘!ドラゴン大決戦/Descent of Dragons』の新カード評価まとめ

新カードパック『激闘!ドラゴン大決戦/Descent of Dragons』の情 ...

4
【使い方ガイド】お得すぎるAmazonコインの使い方【スマホ・PC】

ハースストーンなどの様々なゲームに課金する際、一番安く課金できるのがAmazon ...